原村立原小学校ブログページ

長野県原村立原小学校の今をお伝えします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

交流給食・なかよし集会

2013-11-27 16:32:31 | Weblog

 27日(水)、たてわり班のお友だちと一緒に昼食を食べたり、レクリエーションをしたりする児童会行事を行いました。

 今回、お昼は給食ではなく、一人ひとりが「手作弁当」を家から持参しました。お母さんと一緒に料理をしたり、買い物に出かけたり、弁当詰めをしたりしたお弁当を、1~6年生までのたてわり班のお友だちと一緒に美味しく頂きました。

 その後、5校時は「なかよし集会」を行いました。たてわり班のお友だちと一緒に、スタンプラリーで校内をめぐってクイズに答えたり、宝探しをしたりしました。一緒に手をつないで歩いたり、中には6年生が1年生のお友だちをずっとおんぶして歩く姿などもあり、この行事を通じて今まで以上に仲良しになることができました。

コメント

2学年・秋の火災予防運動

2013-11-14 16:54:53 | Weblog

11月12日(火)、秋の全国火災予防運動に合わせ、学校周辺の6つの施設を原小学校2学年が訪ねて、防火の呼びかけをしてきました。そろいの法被を着た子ども達は、「火の用心」と元気に声を合わせ、「家族みんなで火の元に注意しましょう。」と居合わせた人たちに大きな声で呼びかけ、拍子木を打ち鳴らしてきました。

コメント

赤羽昭二さんの講演・演奏

2013-11-13 10:13:18 | Weblog

 12日(火)、諏訪聾太鼓代表の赤羽昭二さんの講演&演奏をおききしました。

原小学校では、今日から一ヶ月間、「なかよし月間」が始まります。今回はそのオリエンテーションとして、赤羽さん達にお越し頂き、和太鼓の演奏やお話を伺いました。赤羽さんは、生まれつき耳が聞こえない境遇にありながらも、その障害を乗り越えて「音の世界と関わろう」と、1990年から耳の不自由な人たちとボランティアが集まり、諏訪聾太鼓連の活動を始められました。リズムや音は腹で感じ、目を合わせ、心を結び「やれば出来る」を実感しながら活動を続けられ、現在では、県内外へ年間20回以上も演奏や講演に出かけられているそうです。

 耳が聞こえない障害に負けることなく、それを努力で乗り越えてきたお話や、素晴らしい演奏をつくり上げた姿から学んだことを、もう一度子どもたちに伝えながら、人権について考える1ヶ月にしていきたいと思います。

コメント

マラソン記録会

2013-11-06 12:17:56 | Weblog

 6日(水)マラソン記録会を行いました。
1・2年は1.2キロ、3・4年は1.8キロ、5・6年は2.8キロのコースを走りました。
朝早く登校して、一人でマラソンコースを走る練習をしていたお友達もいました。もちろん、20分休みやお昼休みには大勢の子どもたちが自主的に練習していました。
本番には、一人ひとりが目標を持って望みました。走った後の感想では、結果に満足して笑顔の人もいましたが、やっぱり苦しかったという人もたくさんいました。それでもがんばって走ったことで、身体だけでなく心も成長できたと思います。

コメント