原村立原小学校ブログページ

長野県原村立原小学校の今をお伝えします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2学期終業式

2011-12-26 11:06:59 | Weblog

 26日(月)、2学期の終業式を行いました。今回はインフルエンザの流行のため、校内放送を使っての式となりました。

 85日間という長い2学期には、教室での勉強の他に、運動会や音楽会等の行事もたくさんありました。校長先生からは、2学期に自分で決めた「まと」に向かって必死になってがんばった姿は、一人ひとりの血や肉になったはずです。この冬休みには、次の新しい自分のまとを決めましょう。そして決まったら、すぐに動き出しましょう。というお話を伺いました。

 これで1月5日(木)まで10日間の冬休みとなります。長いお休みになりますが、校長先生との約束「体を動かして元気に。家族と話そう。自分と話そう。」を守って、有意義な冬休みにしてほしいと思います。

 みなさん、よいお歳をお迎えください。

コメント

キラキラコンサート

2011-12-20 17:27:33 | Weblog

 20日(火)、ピアニストの佐田詠夢(えむ)さんとバイオリニストの濱田彰子さんをお招きして、キラキラコンサートを行いました。(佐田さんのお父さんは、歌手のさだまさしさんです。)

佐田さんも濱田さんも、とっても親しみやすいお人柄で、子どもたちに笑顔で話しかけながら楽しい演奏を聴かせて下さいました。曲目は、子どもたちがどこかで聴いたことがあるクラシック曲の他、子どもたちが大好きなジブリの曲もたくさん演奏して下さいました。

佐田さんの「曲の題名が分かったら言ってみてね。」の問いかけに、演奏のじゃまにならないように静かに「もののけ姫!」「崖の上のポニョ!」・・・と叫ぶ子どもたちの反応が印象的でした。「となりのトトロ」や「さんぽ」では、低学年の子どもたちが思わず歌いだす場面も印象的でした。

演奏会の後、佐田さんと濱田さんは1年生の教室で、子どもたち一緒に給食を召し上がりました。大喜びする子どもたちに、笑顔で接して下さるお二人の優しいお人柄にも感謝でした。

原小の子どもたち、楽しいひと時をありがとうございました。

コメント

なかよし月間 まとめの会

2011-12-14 15:30:35 | Weblog

朝の集会の時間に、「なかよし月間 まとめの会」を行いました。

この月間をふりかえり、各クラス1名に作文の発表をしてもらいました。

また、この月間中に3年生~6年生が標語を作りましたが、その中から校長先生が選んだ標語に賞状が送られました。

「ふと気づく 人の心にありがとう」

「ハイタッチ それするだけで 気持ちいい」

「友達と いると楽しいよ ありがとう」

「ケンカして 今日は言えるか ごめんなさい」

あたたかい気持ちで月間を終えることができました。

コメント

「やまんば」さんの素ばなし

2011-12-13 16:50:57 | Weblog

 7日(金)、3・4・5年生の子どもたちが、「やまんば」さんの素ばなしやパネルシアターなどを楽しみました。

各学年に合わせた盛りだくさんのお話に、子どもたちは食い入るように聞き入っていました。

写真は、「赤いセーター」のお話の様子です。

コメント

「おもちゃばこ」のみなさんによるパネルシアター

2011-12-07 16:39:35 | Weblog

 年に1回ですが、読み聞かせグループ「おもちゃばこ」の方が、パネルシアターを使って、お話の読み聞かせをしに来て下さいました。
 最初のお話は、「かさこじぞう」でした。お話のあらすじにそって、かさやおじぞうさんやたわらなど、次々と出てくる様子を瞳を輝かせて見ていました。
 お話はこの他に、魔法使いのお話や、ブラックライト「ブレーメンの音楽隊」、歌に合わせた「北風小僧の寒太郎」のパネルシアターを行いました。特に、真っ暗な中で浮き上がる世界に、すっかり浸って見ていました。

コメント

4年生校外学習

2011-12-06 19:33:57 | Weblog

 2日(金)4年生の子どもたちが、理科・社会の校外学習に出かけました。
理科では、自然文化園のプラネタリウムで、秋の星座物語や星の動き等について、分かりやすく教えて頂きました。
社会では、文化園から歩いて約20分のところにある原村郷土館で、昔の道具の見学と機織り体験をさせて頂き、昔の人々のくらしについて学ぶことができました。
 4年生(希望者)は、5日(月)に学校の天文台を使って「秋の星空観察会」も行いました。星座の見つけ方の他にも、天体望遠鏡を使って「月のクレーター」や「木星」の観察も行いました。寒さの言葉を忘れるほど、本物を観て発する子どもたちの感動の言葉が印象的でした。

コメント