原村立原小学校ブログページ

長野県原村立原小学校の今をお伝えします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

卒業式・離任式

2010-03-19 09:15:05 | Weblog
18日(木)卒業式が行われました。
卒業生79名が無事、原小学校を巣立っていきました。
卒業生の立派な姿に、6年間の成長を強く感じました。
卒業生のみなさん、保護者のみなさん。本当におめでとうございます。

卒業式の後行われた離任式では、7名の先生方の異動が発表されました。
さらに、本校の脇坂校長先生も異動となりました。
校長先生は学校の大黒柱として、原っ子の支えとなって下さっていただけに、
その悲しみはとても大きなものがあります。
最後は校長先生のご希望で「星降る里」を全校で歌いました。
平成22年度全員で歌う最後の歌が体育館に響き渡っていました。
全校のみんなが歌っているときには、校長先生が全校の児童の間を歩き、子どもたち一人一人との別れを惜しんでいらっしゃいました。
コメント

3学期終業式

2010-03-18 16:23:49 | Weblog
17日(水)3学期の終業式が行われました。全校を代表して1年生の子どもたちが、この一年間の学習の様子を全員で発表してくれました。続いて、校長先生から3学期の目標としてみんなで力を入れて取り組んだ「さわやかなあいさつをしよう」「感謝の3学期にしよう」について、子どもたちのがんばった姿や成長した姿についてのお話がありました。
コメント

キミ先生とのお別れの会

2010-03-09 19:41:17 | Weblog
 9日(火)英語のキミ先生とのお別れの式がありました。キミ先生には5年間、原小学校・中学校の子どもたちが、生きた英語を教わりました。ちょっぴり恥ずかしがり屋のキャラクターに親近感がわいた子どもたちもたくさんいました。キミ先生の授業には、いつも「あいさつ」や「歌」や「ゲーム」があって、子どもたちは自然に楽しく英語に触れ、聞いたり話したりできました。キミ先生は、お別れの挨拶の後、ギターを弾きながら「マオリのお別れの歌」をプレゼントして下さいました。
ニュージーランドへ帰ってからは、故郷のプケコヘで高校の先生としてご活躍されます。
コメント

6年生を送る会

2010-03-05 04:35:43 | Weblog
 4日(木)6年生を送る会がありました。6年生が入場した後に、各学年から6年生に向けた発表がありました。5年生からは、6年生一人一人に送られたメッセージが体育館のギャラリーから下ろされたり、6年生の1年生からの様子をスライドでまとめた物の発表があったりしました。最後は6年生からの呼びかけと歌声を聞かせてくれました。いつも6年生は私たちに素敵な歌声を聞かせてくれました。今回もとても染み渡るような歌声でした。
 それぞれの思いの集まった、とてもあたたかい会となりました。
コメント

今年度最後のカントリーマアムのみなさんの時間

2010-03-04 06:20:43 | Weblog
4日(水) 今年度最後のカントリーマアムのみなさんの時間がありました。今年も月に1度ほどのペースで朝の読書の時間に読み聞かせに来て下さいました。
 絵本や民話の素語り、大型絵本などお一人お一人の得意なことや子どもたちに合った物をお選びいただくなど、工夫をこらして下さり、子どもたちにとっても、とても楽しみなひとときでした。
 来年もどんなお話を聞かせていただけるのか、楽しみにしています。
コメント

リオン先生

2010-03-03 18:28:56 | Weblog
2日(火)4月からキミ先生に代わって英語を教わることになったリオン先生の紹介式がありました。リオン先生はニュージーランドのご出身で、キミ先生の遠い親せきに当たる方だそうです。一昨年昨年と2年間、韓国で英語の先生として勤務された経験をお持ちです。集会の時に、半そで姿でステージにのぼられ子どもたちに元気にあいさつをしてくださいました。児童を代表して児童会長の小松君から歓迎のあいさつをした後、全校で「星降る里」を合唱して歓迎の気持ちを表しました。
コメント