恋するえぼの日記

そう毎日ドキドキしてらんない。でも何かにワクワクしていたい。そんな日々です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お休み

2006年03月31日 | お休みしてます
えぼは飲んでましたので、
更新しておりません。
申し訳ございません。

会社帰りに食べ飲み放題2時間を、4時間半居座るの巻。
コメント

『エミリー・ローズ』

2006年03月30日 | 映画
2日続けて映画を見にいってきました。
ポイント貯まりまくっているので、タダで見れるし。
そして、どうしても見たかったので。
会社の子が見に行って泣いたし、「愛だよ!愛!」というてたし、
ごろちゃんも1位にしてたし、これは見に行こうと。

そんなえぼの『エミリー・ローズ』の感想
友は泣いたと言うてたけど、えぼは涙が流れるまでではありませんでした。
でも、ほんま「愛だよ、愛!」
見てよかったです。

とりあえず!ホラー映画っぽい宣伝はやめてください。
確かにそうしないと人をよべないんだと思うんだけどね。
そんなホラー映画を目的に来たカップルの被害にあった話をきいとくれ。
先に見に行った友も同じ目に遭ったと言うてたが、
同じカップルなんぢゃないの~?ってぐらい、バカップル。
座った瞬間からこの二人ちょっとウザイかもって思った。
えーっとここから毒吐きますので、そんなえぼがウザイ方は読み飛ばしてね。

映画を一人で見たことない彼女らしく、
「一人で来てみたい」と言い出した。
これは明らかに私を見て、思った意見。
(はいはい、一人で来たらええがな)
女:「でもチケットとか買ったことないもん」
いつも彼氏が買ってきてくれるらしい。
ま、さすがにここらへんは「かわええな」と思ってたけど、
終わってからがほんまウザイ。
ぐす、ぐす聞こえるから、もしかして、この愛の映画に泣いた?彼女!
って少し期待した私が悪かったです。
「もう二度と怖いの見にこ~ん、ぐす」
「ほとんど見れへんかった。裁判のところしか見てへん。
 今日ぜったいお風呂入られへん、ぐす」
(入らへんかったらええんちゃうの)
(だから!!これは怖いだけの話っちゃう!って言うとるがな!
お前は何見とったんや!裁判のところは見てたんやろが!)
いや、ええねんで。
怖い話を見たり聞いたりしたら、えぼだって泣くし、風呂は怖い。
いっぱしの怖がりでもありますよ。
たださー、この話の何を見てたんやっちゅうねん。
それで何が腹立つかって、さっさとぐじぐじ言うてんと帰れ!って言いたかってん。
「明るなるまでいたん初めてや」っていう彼氏。
そんなんやったら今日こそ、とっとと彼女連れて帰ってくださいよー。
私のエンドロールで映画に浸る時間を返せっちゅうのーーー!
あー腹立つ。
私はプリテンドでもこんな女にはなれへん。
なりたくもない。こんな○カな女。
コメント

『ナルニア国物語』

2006年03月29日 | 映画
見てきました。
こないだのスマステ5の月イチゴローで
5作品中5位だった「ナルニア国物語」
ごろちゃんの「誰にも感情移入できなかった」
「小説や絵本で読んだほうがいい」って言葉もわからいでもない。
でもねー、楽しめましたよ。 → そんなえぼの感想
恋epiの感想には書いてないけど、動物がしゃべるってのはいいではないか。
そして、『ナルニア国物語』のグッズは夢があるね。
ビーバー夫婦のアクセサリートレーがいいではないですか。
子供のころだったら間違いなくどれか欲しがったに違いない。

感想とは関係ないところで、映画の最中ちょっとトリップえぼ。
今読んでるマンガ「王家の紋章」と「天は赤い河のほとり」の影響で、
戦いのシーンではもうマンガの世界を置き換えて見ておりました。
女王が乗ってる馬車はまさに古代っぽいし、あーこんなだったんだろなとか、
鎧もこんなで、弓もこんなで。
あー映像化してほしいもんです。

ナルニアから脱線しましたが、
京都の方。
明日から4月3日までジェイアール京都伊勢丹にて
「ナルニア国物語の世界展」も開催されるようなので、
映画とあわせてどうぞ。
コメント

『世にも奇妙な物語』

2006年03月28日 | てれび
15周年なんですね、早いもんです。
レギュラーでやってた頃から好きで、見てます。
「NIGHT HEAD」もここから始まったわけですから、
長いなー。
そう思うと、えぼの悦ぴょん(トヨエツ)好きも、今井さん好きも
『世にも』から始まったも同様ですな。うんだうんだ。

今回大きな5つの話の間にある短い話が楽しかった。
懐かしい世にもな雰囲気でした。
パターンは読めるんだけど、毎回同じ手でひっかかる。
あれ、「サイコキネシス」
ぜったいここが割れるでってわかってても、そこに目が行く。
目立つ色?少し大きさが大きい?
そこを選ばない人は、無理矢理違うところを選んでるの?
不思議ですな。

5つの話の中で、毎回キューンとなったり、泣いたりする作品があるのが、
『世にも』の好きなところ。
今回は、3つ目の「雨の訪問者」
どういうオチつけてくるのかな?って思ったら、
そうきたか!でした。
死ってことによって全てなくなるのではなく、
人の想いが残ることって恐怖だけではないって思いますね。
姉の妹への想い、泣けてしまいました。

そして、今回めっちゃ楽しみにしてたのが、最後の話。
「イマキヨさん」
あーー!もうめっさかわええ、マツヅン(笑)
ちょっとはねてる今の髪がかわええのか。
服もいろいろ見れて、これまたごちです。
イマキヨさんに困るマツヅンがかわえくて、かわえくて。
こんなアホな感想しか書けへんぐらい。
えぼのマツヅン熱、ほんものみたい。ごめんねー(誰に?)
イマキヨさんの話、ありそうでその増え方とか、キャラとかが
おかしかったけど、実際こわい。
ようできてました。
コメント (2)   トラックバック (1)

虫から

2006年03月27日 | ひとりごと
本日もどーでもええ話書きますよ。
最近、マンガに没頭中のえぼでありますが、
一つ疑問に思ったことをこないだ悪友Mにぶつけてみた。
(またネタにしてごめんやで)
マンガはとってもドラマチックであるがゆえ、
主人公の女の子に、彼が「君を守る」って言う言葉を使うことがあります。
まー通常ここで「きゃー」なんてなるわけですが、
ふと、えぼは立ち止まった。
現実的に日常男の方に「君を守る」なんて言われても、
さっぱりピンとこないなって思ったりした。
(だからあんたはダメなんや!とかつっこまんといてくださいね)
素で(守るって)「何から?」って答えそう。
その後、会社の子とも「君を養う」って言われたら
わかりやすいなーなんて冗談言うたりしてましたが、
結論が出た。
えぼの場合、「君を虫から守る」って言われたら、すごい感動!(爆)
虫嫌いだから田舎で住みたくはない人なので、
「どんな虫からも君を守る!」なんて言われたらついていくかも。
コメント (8)

ドラマ三昧

2006年03月26日 | てれび
いきなりですが、
【本日の『恋する王子epice』更新状況】
1~3月までの総合ドラマランキング 発表
慎吾のスマスマおいしいリアクション 更新

1~3月までのドラマ、とりあえず、本日の「輪舞曲」で最終回全部終わりましたね。
みんなに「ドラマ見すぎや」とどやされてますが、
意地でも見続けてやる。
何度も書くけど、これは老後の楽しみなのだ。
自分の手書き日記にはめったにドラマの話なんか書かないし、
過去を思い出すと、あのドラマのあの台詞良かったな、って思うことあるし、
それを書き留めておくところを作りたい。
ってのが、このドラマランキングの意図であります。
書き留めておいても実用性はないけれど(笑)

やっと、つよぽんの「愛と死をみつめて」見終わりました。
今日たまたま見た「えみぃSHOW」(関西ローカル)で、
酷評されてましたが、私は良かったと思うよ。
酷評されてたのは広末さんですが、その広末さんが私は良かったです。
とても子供を産んだ女性には見えない。
きれいやし、ミコの役にピッタリでした。
関西弁もそんなヘンやったかな?えせ京都人の私にはわからん。
赤穂の設定やったし、赤穂の人に聞いて。
つよぽんも本領発揮とまでは行かなくても、やっぱり泣きそうな静かな演技好きですね。
ちゃんとこのドラマはマコのその後のこともやってくれてましたね。
以前のドラマを知る人に聞いたら、当時はマコの結婚はすごい非難だったとか。
純愛って難しいね。

余談ですが、最近大人買いしたマンガ「天は赤い河のほとり」の
勝手にドラマキャスティング。
3年前初めて読んだ時は、主人公ユーリは上戸彩ちゃんかな?って思ったけど、
もう少し若ければ、広末さんでも合ってると思ったしだいです。
コメント (2)

京都強行チャリンコツアー第3弾!

2006年03月25日 | 京都
やってまいりました、チャリンコにうってつけの季節。
以前、第1弾は修学院へ、第2弾は西賀茂に連れて行ったMたんが三度このツアーの餌食に(笑)
本日は、南へと。
まず【三十三間堂】へ、そして【イル・パッパラルド】でランチ。
東大路通りを初めて南下。
【泉桶寺】へ。
前に写経をしに訪れたことがあるのですが、本堂は初めて。
チャリンコなので横側の入り口から入ってしまいましたが、
ちゃんと総門から入ると、入り口から下に向かった坂道の下に本堂がある
めずらしいお寺であります。
めっちゃ人少なくて、静かなお寺でありました。(京都っぽくなくてよいです)
「月輪陵」の門は圧巻でした。
で、せっかく来たならと写経もしてきた。

ここから【東福寺】に行こうと思い立ったのですが、
せっかくチャリンコ。できたら近道をと。
狭い住宅街の急な坂道を3人ぐらいの人に道を聞きつつ向かいました。
あり得へんぐらい狭い道で、そんなことが知らない土地だけに
楽しくて笑えてきたうちらです。
紅葉で有名な【東福寺】初めて訪れましたが、感動。
通天橋からの眺めは格別です。
ここから見える木々が紅葉したら確かにすごいだろうなと
今年の秋に再び訪れることに決めました。

今日はほんとにいい天気であったかくて、チャリンコ日和。
お寺の屋根の向こうに見える青空と緑がとてもきれいで
とっても癒された日でありました。
Mたん、いつも強行チャリに付き合ってくれてありがとう。
また秋お待ちしております。
コメント

金曜の夜

2006年03月24日 | ふつうの日々
同郷の友と焼き鳥屋で飲んできました。
統計学(=血液型)の話やら、昔話など出てきましたが、
気がつけば終電1本前!
あぶなかったぁ。

考えすぎを指摘された今日。
酔っぱらってあんまり何も考えない方がちょうどええのかも。
うぃーっく。
コメント (2)

かみ合わない

2006年03月23日 | ひとりごと
最近、朝が起きれません。
昨日は30分間もケイタイの目覚ましを鳴らし続けたのに、
目が覚めないし。
一応、すごく余裕で起きているので、会社には間に合いましたが。

何だろう?覇気がないぞ、今の私。
明日の飲みと、あさってのお出かけで鋭気養ってこよう。
コメント

『少しは、恩返しできたかな』

2006年03月22日 | てれび
このドラマ見るために本日は映画お預け。
ニノチですよ。
かずなりんではなく、かずのりんでしたね(ひらがなでよか?)
最後に亡くなるのわかってる、この手のドラマは少し苦手です。
でもね、ドラマ見て思うこと。
あー何て私はダラダラ生きていることか!
って。
限りある命、限りある時間を大切に真剣に生きている?
って問い直してしまいますな。
しっかりせねば。

ニノチは、涙流させると絶品やね。
やはりずっと見続けたい役者さんであります。
メガネではないほうがお好みです。
お兄さんとの病室でのやり取り、留学してと言うところ。
良かったですね。
あんな風に優しくなれる人になりたい。
コメント