goo

広島小1女児殺害事件・容疑者は日系ペルー人

日系ペルー人の男を逮捕 犯行否認、動機を追及

 広島市安芸区の小学1年木下あいりちゃん(7つ)が下校途中に殺害された事件で、海田署捜査本部は30日未明、殺人と死体遺棄容疑で指名手配した日系3世ペルー人の安芸区矢野西、職業不詳ピサロ・ヤギ・フアン・カルロス容疑者(30)を三重県鈴鹿市の知人宅で発見、逮捕した。

カルロス容疑者は女児の通学路沿いのアパートに住み、事件直前、アパート前で被害者とみられる女児と話をしているのが目撃された。遺体が押し込められていたのと同じ箱のガスこんろも事件前に購入していた。

カルロス容疑者は容疑を否認しているが、捜査本部は「容疑を裏付ける物証がある」としている。捜査本部は30日午前、カルロス容疑者の身柄を海田署に移送し、アパートを現場検証した。殺害の動機や、遺体を段ボール箱に入れて人目に付きやすい空き地に放置した経緯を追及、犯行の全容解明を進める。


関連記事
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/local/hiroshima_aki_murder/



とりあえず、犯人が捕まってよかった。

でも、なんでコイツにまだ小学1年生の子が殺されなきゃならなかったのかと思うとね・・・。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

テスト終わった~

いやぁ~、疲れたぁ~

今回は思ったよりも大変だった・・・

どうか、30点以上取っていますように



やっぱり、日頃からちゃんとやっていないとだめだね

とは言うものの、コツコツやるってのが凄く苦手なんだな~

コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

社会人野球日本選手権大会

第32回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催、大阪市共催)最終日の27日は、優勝戦が行われた。松下電器(近畿)がNTT西日本(近畿)をサヨナラで降し、5年ぶり2回目の優勝を果たした。互いに投手陣が踏ん張り、1―1のまま優勝戦としては3年連続5回目の延長へ。松下電器は十一回、2死二塁から、新田のサヨナラ打で決着をつけた。サヨナラ勝ちでの優勝は、第30回大会の日産自動車以来、2年ぶり。NTT西日本は初めての優勝戦進出だったが、涙を飲んだ。
 最高殊勲選手賞は松下電器の山本隆之投手、敢闘賞はNTT西日本の岸田護投手が選ばれた。
 ▽松下電器・北口正光監督 今年の都市対抗出場を逃したが、その分しんどい練習をしてチームがレベルアップした。選手がよくやってくれた。
 ▽NTT西日本・村本忠秀監督 点を取れなかったのは、すべて私の責任。また宿題ができました。選手たちには文句のつけようもない。
 ▽松下電器 1952年創部。日本選手権には第1回大会から出場し、今回で27回目。第27回大会で初優勝を飾ったほか、4強が5回、8強が8回ある。都市対抗は41回の出場で準優勝1度。プロには、今年パ・リーグで新人王を獲得した久保康友投手(ロッテ)らを輩出している。
 ◇NTT西日本 再三好機での凡退響く
 松下電器が下位打線の活躍で、延長十一回に及ぶ熱戦に競り勝った。
 両チーム無得点の七回、先頭の吉田憲の中前打と送りバントで1死二塁とし、7番・平山が中前へ先制の適時打。延長十一回には、同じく吉田憲の中前打とバントで2死二塁のサヨナラ機を作り、8番・新田が前進守備の中堅手の頭上を越える決勝打を放った。
 NTT西日本は八回に相手投手の暴投で同点としたが、打線中軸が松下電器投手陣を打ちあぐみ、再三の好機で凡退したのが響いた。
 ○…松下電器の投手陣を支えたのがエース山本之だ。今大会3度目の先発となった優勝戦では、八回途中まで投げて4安打に抑える力投。「低めに、低めに、とそれだけを意識した」という山本之。切れのある速球とフォークを低めに集めて8個の三振を奪い、相手打線に付け入るスキを与えなかった。ひょうひょうとした性格で、優勝が決まっても「何かピンとこない」。MVPにも選ばれたが、「えっ、俺なのって感じ」と真顔。プレッシャーを苦にしない性格も功を奏した。
 ○…NTT西日本・斉藤にとって、社会人野球最後の登板は最も悔しい試合となった。八回1死満塁のピンチで救援し、次打者を投ゴロ併殺に打ちとると、九、十回も無失点で切り抜けたが、十一回に力尽きた。表彰式まではこらえたものの、ベンチに戻った途端、涙が止まらなくなった。「腕は振れていたのに……野手の人に辛い思いをさせてしまった」。今後はドラフトで指名を受けた中日入りが確実視される。「できれば、いつか岸田と投げ合いたい」と、オリクッスに指名された同僚をプロでのライバルに挙げた。
 ◇松下電器 選手と監督、最高の形で一体感表現
 延長十一回2死二塁、8番・新田の打球が中堅手の頭上を越えると、38歳の北口監督がたまらずベンチを飛び出した。サヨナラのホームを踏んだ吉田憲を飲み込むように、真っ赤な目で抱き合う監督と選手たち。今季の松下電器に、ふさわしい幕切れだった。
 勝利へのお膳立ては、5番の吉田憲。七回に岸田のストレートを中前にはじき返したのが先制のきっかけ。十一回の先頭の打席も、「来た球を思い切り打つ」の言葉そのままだった。カウント0―2からのファーストストライクを引っ張ってファウルとした直後、速球をジャストミートで中前に運び、サヨナラの走者となった。
 開幕前のプロ野球ドラフト会議で指名を受けた岸田、斉藤からの4安打を含む5打席5安打。止めようもない勢いを示した吉田だが、チームメートとともに、「どん底」に突き落とされたのはほんの数カ月前のことだ。
 松下電器は今夏、7年ぶりに都市対抗出場を逃した。2次予選で負けた相手は、活動2年目のNOMOクラブ。半世紀を超える歴史を持つチームには、あってはならない失態だった。
 「負けて原点に戻った」と吉田が振り返る。暑い日差しの下で基本練習を繰り返しながら、日本選手権を制した5年前を思い起こした。「チームに一体感があふれていた。それが、知らず知らず薄れていた」
 思いは北口監督にしても同じ。「能力のある選手をそろえながら機能させられなかったのは、信頼関係が欠けていたから」と痛感した。
 選手と監督が、夏の精進を信じて臨んだ大会。シーズン最後の日に、最高の形で一体感を表現した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051127-00000021-mai-spo


松下電器サヨナラV/日本選手権↓
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051128-00000021-nks-spo


見ようと思っていたら、いつの間にか昼寝をしてて・・・起きたのが9回だったorz
コメント ( 4 ) | Trackback ( 1 )

意味不明!!!

最近、コメント欄に意味不明なカキコが・・・。

クリックすると、ここに繋がります↓
http://www.artnature.co.jp/hfl/

いや、、、私 禿げてないし・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

テスト・・・

今日で2日目だったけど、英語がありえねぇ~

難しすぎるってばよ

問題用紙を見た途端、固まったもん

一番自信のある科目がこれじゃあ、もう終わりだな・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

集中力・・・

集中力が無さすぎ!!

テスト勉強すら・・・。

もうダメダ~・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

結果

★オープニングファイト:K-1ルール/3分3R
△アレキサンダー・ピチュクノフ(ロシア) vs パトリック・バリー(USA)△
 3R判定1-1 ※30-27、29-29、28-29

★第1試合 GP準々決勝戦:K-1ルール/3分3R延長1R
○レミー・ボンヤスキー(オランダ) vs チェ・ホンマン(韓国)×
 3R判定3-0 ※30-29、30-29、30-28

★第2試合 GP準々決勝戦:K-1ルール/3分3R延長1R
×レイ・セフォー(ニュージーランド) vs セーム・シュルト(オランダ)○
 3R判定3-0 

★第3試合 GP準々決勝戦:K-1ルール/3分3R延長1R
×ジェロム・レ・バンナ(フランス) vs ピーター・アーツ(オランダ)○
 延長R判定3-0 ※本戦29-29、29-29、29-29 延長9-10、9-10、9-10
※アーツ右肋骨骨折により準決勝を棄権

★第4試合 GP準々決勝戦:K-1ルール/3分3R延長1R
○武蔵(日本) vs ルスラン・カラエフ(ロシア)×
 延長R判定3-0 ※本戦30-29、30-30、29-30 延長10-9、10-9、10-9

★リザーブファイト:K-1ルール/3分3R延長1R
○グラウベ・フェイトーザ(ブラジル) vs ゲーリー・グッドリッジ(トリニダード・トバゴ)×
 3R判定3-0 ※30-27、30-28、30-28

★リザーブファイト:K-1ルール/3分3R延長1R
×ステファン“ブリッツ”レコ(クロアチア) vs バド・ハリ(オランダ)○
 2R1分30秒、KO ※右後ろ回し蹴り

★第5試合 GP準決勝戦:K-1ルール/3分3R延長1R
×レミー・ボンヤスキー(オランダ) vs セーム・シュルト(オランダ)○
 1R2分08秒、KO ※2ノックダウン。左ヒザ蹴り

★第6試合 GP準決勝戦:K-1ルール/3分3R延長1R
○グラウベ・フェイトーザ(ブラジル) vs 武蔵(日本)×
 2R1分05秒、KO ※左跳びヒザ蹴り。1R、武蔵は右ストレートでダウン

★第7試合 GP決勝戦:K-1ルール/3分3R延長2R
○セーム・シュルト(オランダ) vs グラウベ・フェイトーザ(ブラジル)×
 1R0分48秒、KO ※左ヒザ蹴り


http://www.so-net.ne.jp/feg/database/20051119rslt.html
コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )

もうすぐテストなのに・・・

もうすぐテストなのに、全く勉強してない・・・。

あと4日なのに、、、どうしよう

今回こそは頑張ろうと思ったのに
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

プロ野球ドラフト会議(大学生・社会人)

中日
希望入団枠 吉見 一起
1984.9.19 生
金光大阪高等学校-トヨタ自動車 
投手 21歳
身長 : 182
体重 : 83
投打 : 右右

3 藤井 淳志
1981.5.20 生
筑波大学-NTT西日本 
外野手 24歳
身長 : 181
体重 : 77
投打 : 右・両打

4 新井 良太
1983.8.16 生  
広陵高等学校-駒澤大学 
内野手 22歳
身長 : 187
体重 : 89
投打 : 右右

5 柳田 殖生
1982.3.31 生  
福知山商業高等学校-NOMOベースボールクラブ
内野手 23歳
身長 : 178
体重 : 77
投打 : 右右

6 斉藤 信介
1982.2.12 生  
龍谷大学-NTT西日本 
投手 23歳
身長 : 183
体重 : 85
投打 : 右右

7 佐藤 亮太
1983.9.2 生  
長野日大高等学校-国学院大学 
投手 22歳
身長 : 186
体重 : 80
投打 : 左左

阪神
希望入団枠 岩田 稔 投 関大
3 金村 大裕 投 大商大
4 渡辺 亮 投 日本生命

横浜
希望入団枠 高宮 和也 投 ホンダ鈴鹿
3 内藤 雄太 外 八戸大
4 三橋 直樹 投 日産自動車

ヤクルト
希望入団枠 武内 晋一 内 早大
3 松井 光介 投 JR東日本
4 高木 啓充 投 大体大
5 飯原 誉士 外 白鴎大

巨人
希望入団枠 福田 聡志 投 東北福祉大
3 栂野 雅史 投 新日本石油
4 越智 大祐 投 早大
5 脇谷 亮太 内 NTT西日本
6 深田 拓也 投 中京大
7 会田 有志 投 中大
8 梅田 浩 外 創価大

広島
希望入団枠 行使せず
3 梵 英心 内 日産自動車
4 梅原 伸亮 投 京都学園大
5 飯田 宏行 投 元ツインズ1A

ロッテ
希望入団枠 行使せず
3 根元 俊一 内 東北福祉大
4 川崎 雄介 投 ホンダ熊本
5 古谷 拓哉 投 日本通運
6 相原 勝幸 投 富士大

ソフトバンク
希望入団枠 松田 宣浩 内 亜大
3 藤岡 好明 投 JR九州
4 甲藤 啓介 投 近大
5 本多 雄一 内 三菱重工名古屋
6 柳瀬 明宏 投 龍谷大

西武
希望入団枠 松永 浩典 投 三菱重工長崎
3 吉見 太一 捕 サンワード貿易
4 西川 純司 投 三重中京大
5 山本 歩 投 関学大準硬式

オリックス
希望入団枠 平野 佳寿 投 京産大
3 岸田 護 投 NTT西日本
4 森山 周 内 ヤマハ
5 中山 慎也 投 JR東海
6 妹尾 軒作 投 一光

日本ハム
希望入団枠 八木 智哉 投 創価大
3 川島 慶三 内 九州国際大
4 武田 勝 投 シダックス
5 小山 桂司 捕 シダックス
6 高口 隆行 内 創価大
7 星野 八千穂 投 JR北海道

楽天
希望入団枠 合意せず
1 松崎 伸吾 投 東北福祉大
3 青山 浩二 投 八戸大
4 河田 寿司 捕 三菱重工長崎
5 西村 弥 内 東京情報大
6 木谷 寿巳 投 王子製紙
7 井野 卓 捕 東北福祉大
8 草野 大輔 内 ホンダ熊本
9 山崎 隆広 外 NTT西日本
コメント ( 1 ) | Trackback ( 3 )

ガム

最近、ずっと噛んでるせいで顎が痛い

でも噛んでいないと落ち着かない



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

寒い!!

だんだん寒くなってきました

もう、毛布だけでは限界

冷え性なので、最近では靴下を履いて、カイロを貼っています

炬燵はコンセント?をなくしたので使えない・・・

買ってくるべきか、探すべきか・・・
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ロッテ、初代アジア王者!!

サムスン 0 0 1 0 0 0 0 0 2 || 3
ロッテ   1 0 2 2 0 0 0 0 x || 5

勝:渡辺俊 

負:ペ・ヨンス 

サムスン ペ・ヨンス、アン・ジマン、カン・ヨンシク、クォン・オジュン、オ・スンファン

ロッテ 渡辺俊、藤田、薮田、小林雅

本塁打
渡辺正(4回裏=2ラン、ペ・ヨンス)


ロッテ、初代アジア王者!! 「KONAMI CUP アジアシリーズ2005」決勝戦、千葉ロッテマリーンズ(NPB)vs.サムスンライオンズ(KBO)が13日、東京ドームで行われ、ロッテがサムスンを5-3で下した。ロッテは今シリーズ負けなしの4連勝で栄冠を手にした。

 試合はロッテが、今季を象徴する戦いぶりで勝利を収めた。1-1の同点で迎えた3回にベニーの2点タイムリーで勝ち越しに成功。4回には途中出場の渡辺正の2点本塁打で、追加点を奪った。投げては先発の渡辺俊介が、要所を締め、6回を1失点に抑えた。7回以降は惜しみなく“YFK”を投入。7回を藤田、8回を薮田、9回を小林雅が締め、逃げ切った。

 一方、サムスンは先発のぺ・ヨンス投手が大誤算。ロッテ打線に攻略され、4回を投げて、5失点で早々と降板した。打線は、4点ビハインドの最終回に、小林雅から2点を奪い、意地を見せたが、あと一歩及ばず。予選を通じて、ロッテに連敗し、今シリーズを終えた。

【ヒーローインタビュー】

■バレンタイン監督 「全員で勝ち得た勝利」

 ファンの前で胴上げができて最高の気分。アジアの王者になって、心から誇りに思う。選手たちがいいプレーをした。コーチたちもいいプレーをした。全員で勝ち得た勝利。ロッテのファンのみなさんが一番です。(日本語で)

■ベニー 「ファンのために一生懸命がんばった」

 ファンのために一生懸命がんばった。日本代表としてこのゲームは何として勝とうと思った。ファンのみなさん、ありがとうございました。千葉ロッテマーリンズ!!(日本語で)

~~~~~~~~~~~~~~~~
千葉ロッテマリーンズ

初代王者、おめでと~ございます・:*:・°★,。・:*:・°( ・∀・)ノ。・:*:・°★,。・:*:・°

そして、お疲れさまでした



コメント ( 3 ) | Trackback ( 39 )

サムスン、興農下して決勝に進出

興農   0 0 0 0 3 0 0 0 0 || 3
サムスン 3 1 0 0 0 0 0 0 X || 4

勝:ハリカラ 

負:マルティネス 

S:オ・スンファ 

興農 マルティネス、クゥ・ティツ

サムスン ハリカラ、クォン・オジュン、ペ・ヨンス、アン・ジマン、オ・スンファン


 ソン・ドンヨルが再びロッテに挑む。「KONAMI CUP アジアシリーズ2005」3日目の第2試合、サムスンライオンズ(KBO)vs.興農ブルズ(CPBL)が12日、東京ドームで行われ、サムスンが4-3と勝利。今シリーズの成績を2勝1敗として、決勝進出を決めた。

 サムスンは初回に3四死球で無死満塁のチャンスをつくると、4番キム・ハンスがライトへ犠牲フライを放つ。また相手守備の乱れも重なり、2点を先制。さらに5番キム・デイクの犠飛で1点を追加した。また2回にも2死二塁からパク・ハンイのショート内野安打とショートの悪送球の間に、二走が生還して4点目を挙げた。5回には先発ハリカラが興農打線につかまり、3長短打などで1点差に詰め寄られるも、小刻みな継投で逃げ切った。

 一方、興農は投手陣がサムスン打線を5安打に抑えたものの、序盤に失策絡みで失点を重ねたのが痛かった。また打線も沈黙して、5回に3安打した以外は、ほとんどチャンスらしいチャンスをつくれなかった。

【ヒーローインタビュー】

■ソン・ドンヨル監督(サムスンライオンズ)

 もっと楽な試合になると思った。1点差でも2点差でも勝利は勝利。投手が良かったので勝てると信じていた。日本には一度負けているので、絶対勝ちたい。

■キム・ハンス内野手(サムスンライオンズ)

 日本に来て、決勝に行くのが目標だったのでうれしい。日本は強い相手だが、全力を出したら勝てると思う。勝って韓国に帰りたい。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

ロッテ、3連勝で決勝へ

チャイナ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 || 1
ロッテ  0 0 0 0 3 0 0 0 x || 3

勝:小宮山 

負:ジャン・リ 

S:小林雅 

チャイナ ジャン・リ、ジャオ・ツァンシェン

ロッテ 黒木、小宮山、小林雅


 ロッテ、3連勝で決勝へ! 「KONAMI CUP アジアシリーズ2005」3日目の第1試合、千葉ロッテマリーンズ(NPB)vs.チャイナスターズ(CBA)が12日、東京ドームで行われ、ロッテが3-1で辛勝した。ロッテは3連勝で、13日の決勝に臨む。

 ロッテは、チャイナの先発ジャン・リの緩急をつけたピッチングに翻弄される苦しい展開。しかし、1点ビハインドの5回、前日2本塁打を放ったベニーが走者一掃の3点タイムリーで逆転に成功した。投げては、先発の黒木の打球直撃のアクシデントで4回からマウンドに上がったベテランの小宮山が8回までチャイナ打線を無失点に抑える好投。9回は守護神小林雅が締め、逃げ切った。これで今シリーズの通算成績は3勝0敗。

 一方、チャイナは大健闘。先発のジャン・リが5回途中、3失点で降板したものの、落差のあるフォークを有効に使い、ロッテ打線を苦しめた。2番手のジャオ・ツァンシェンは、8回まで無失点に抑える好リリーフ。打線は1得点しか奪えなかったが、随所にしぶといバッティングを披露した。チャイナは今シリーズの通算成績0勝3敗に終わったが、素晴らしい戦いを見せ、成長ぶりをアピールした。

【ヒーローインタビュー】

■バレンタイン監督 「若い選手に経験を積ませたかった」

 非常にいい試合だった。(メンバーを大幅に入れ替えたのは)若い選手にたくさんのお客さんの前で経験を積ませたかった。あと1試合、全力で戦いたい。(元ロッテでプレーした)ラフィーバー監督が日本に戻って、いいチームを率いてくれてることをとても誇りに思う。(日本語で)ファンのみなさん、明日いっしょにしましょう。

■ベニー 「得点が欲しいところで打ててうれしい」

 チャイナの先発投手がいいピッチングをしていたので、得点が欲しいところで打ててうれしく思う。明日の決勝はチームメート全員で全力を尽くして、がんばりたい。応援よろしくお願いします。


~~~~~~~~~~~~~~

やってしまいました・・・

今日、起きたのは17:00

休日は午後まで寝ていることはありますが、こんなに寝ていることは無かった


さて、ロッテは3連勝。

決勝でも頑張れ~!!!!

コメント ( 4 ) | Trackback ( 12 )

ロッテ2連勝で決勝進出一番乗り!!

ロッテ 1 2 0 0 3 1 5 || 12
興農  0 0 0 0 0 1 0 || 1
(7回コールド)

勝:清水 
負:ヤン・ジェンフ 

ロッテ 清水

興農  ヤン・ジェンフ、クォ・ヨンツ

本塁打
ベニー(6回表=クォ・ヨンツ、ソロ)
ベニー(7回表=クォ・ヨンツ、3ラン)


 ロッテが決勝一番乗り! 「KONAMI CUP アジアシリーズ2005」2日目の第2試合、興農ブルズ(CPBL)vs.千葉ロッテマリーンズ(NPB)が11日、東京ドームで行われ、ロッテが7回コールドで12-1と大勝した。2連勝したロッテの決勝進出が決まった。

 ロッテ打線が2本塁打を含む10安打、12得点と爆発した。初回、今江の犠飛で先制すると、2回には李のタイムリーなどで2点を加点。5回にはフランコ、サブローの連続タイムリー、6回にはベニーのソロ本塁打、7回にはベニーの2打席連続本塁打などで一気に5点を追加した。特に前日のサムスン戦でヒットの出なかったベニーが2本塁打、3番に入ったフランコが3打数3安打と助っ人コンビの活躍が光った。

 投げては、先発の清水が切れのあるストレートとスライダーのコンビネーションで興農打線から11三振を奪う力投。3回までパーフェクト投球を続けるなど、4安打、1失点と危なげない投球で完投勝利を挙げた。

 投打にいいところなく敗れた興農は、12日に決勝進出をかけてサムスンライオンズ(KBO)と戦う。



<ヒーローインタビュー>
■バレンタイン監督 「今日はベンチの仕事がなかった」

(日本語で)スゴイデスネ。
すばらしい選手と投手がいたので、ベンチで仕事がなかった。皆さん、明日と明後日も試合に来てください。まだ2試合残っているので、ベストを尽くします。

■清水 「全力投球できた」

 早い回に点を取られないように、先頭打者に気を付けて投げた。チームの雰囲気がいいし、お客さんもたくさん入ってくれて、完全ホームの気分で気持ちが良かった。今日が本当に今季の最後の登板となるので、しっかりと調整して全力投球できた。日本の野球は面白いので、また試合を見に来てください。


~~~~~~~~~~~~~~~~

清水・好投に打線爆発

清水の11奪三振は痺れたわぁ~

そして、アジアシリーズでまだノーヒットだったベニーの2打席連続HR

投打共に圧倒して、決勝進出一番乗り!!


ところで、明日の先発は

コメント ( 3 ) | Trackback ( 26 )
« 前ページ