人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読の積み重ねは、モノの見方を変え、人生を前に進む勇気を与えてくれます。ご一緒にしませんか?

【シーズン6】人生💯倍の祝福😊【聖書】ルカの福音書17章 弟子であること

2024年05月16日 20時47分20秒 | 福音書
ルカの福音書17章 弟子であること
1.悔い改めと赦し(17:1-10)
1節、イエスは弟子たちに向けて話をされましたが、宗教家たちも、その話に聞き耳を立てていました。彼らは、何か神学的で高尚なレクチャーでも聞けるのか、と思ったのでしょう。しかしそうではなかったようで、思わず、ばかばかしいと失笑してしまいます。
けれども、イエスは全くおかまいなし、いや、どうも立ち聞きを意識して、わざと語ったようです。というのもここで言う、「つまずきをもたらす者」は、まさに立ち聞きしている宗教家たちのことです。イエスは公然と、彼らの教えを批判したのです。確かに、宗教というのは、山道の標識と同じです。方向性が間違っていたら、信仰を持った人も、またその周囲の人々をも巻き込んでめちゃめちゃにします。そしてそのように宗教を利用して人の人生を誤らせるような宗教家は、呪われよ!と言うべきでしょう。
そこで3節、イエスは、弟子たちにも宗教家としての心得を語るのです。どうでしょう。宗教家には宗教家としての倫理がある。イエスの教えを吟味する意味でもその心得に耳を傾けてみましょう。
その第一は、自分自身に気を付けること、そして「悔い改めと赦し」を大事にすることです。神が人間に期待していることは、完璧な善人になることではありません。キリスト教信仰をもって、クリスチャンらしく生きなくちゃ、なんて考える必要はありません。罪の根は深く、人が変わるとしたら、神の力あればこそです。自分の力で自分を変えようと努力することは愚かなことです。むしろ、3節、日々神の戒めを受け、悔い改めること、そして神の赦しに立つ心を持つこと、そのように神により頼む心を大事にすることです。人生の難題を解決する鍵は神にあるのです。信仰が弱いからあなたは変われないのではありません。変わる時も神に委ね、ただよくしてくださる神に縋りついていくだけです。ですから何事かが成就したら、それは自分ではない神がなさったことと謙虚な心を持つ、これがイエスの弟子の道です。
11節、さらにルカは、イエスの弟子らしいあり方をテオフィロに語るため、もう一つのエピソードを取り上げます。つまり、自分を弁え謙虚であると同時に、感謝を大事にしましょう、と。十人のツァラアトという皮膚病に冒された人がイエスによって癒されました。しかし、癒されたことがわかって、イエスに感謝するために戻った人はたった一人でした。なんてことでしょう!親が小さな子に教える第一のことは、ありがとう、どうぞ、ごめんなさいですが、信仰者の初心者が学ぶことも同じです。まず、いい人になることを目指すよりも、ありがとう!どうぞ、ごめんなさい、と神様に言えるようになるこれがイエスの弟子の道です。
2.神の国と世の終わりについて(17:20-37)
そして信仰はあの世のことではなくて、今ここでのことです。イエスは言います。21節「神の国は、あなたがたのただ中にある」と。神の国は、神の支配と読み替えたらよいのでしょう。神を認めるところに、神の国は存在しているのです。しかしそれが物理的に完成するのは、世の終わりの時です。
ルカは、いささか荒唐無稽なイエスのお話を、テオフィロにありのままに語ります。それは、ルカ自身もまだ掴めきれていなかったからでしょう。確かに聖書が語る世の終わりについては不確かで、わからないことが多いのです。わかったふりをして話すよりも、わからないままに伝えるところもあります。ただわからないものもいずれわかる。37節「死体のある所には禿鷹が集まる」、つまり条件が整えば、その結果も生じるのです。つまりイエスの弟子は世の終わりについて結論を持った人間ではなく、神の業の観察者として生きてもいるのです。では、今日も良き一日となるように祈ります。
Luke 17: Being a Disciple
1. repentance and forgiveness (17:1-10)
In verse 1, Jesus spoke to His disciples, and the religious people were also listening to what He was saying. They probably thought they were going to hear some kind of theological, lofty lecture. But they didn't. They laughed at the ridiculousness of it all.
But Jesus didn't seem to mind at all, or rather, he seemed to have spoken intentionally, with an eye on the audience. The "stumbling blocks" here are the very religious people who are eavesdropping. Jesus openly criticized their teachings. Indeed, religion is like a sign on a mountain path. If it is misdirected, it can mess up both the believer and those around him or her. And curse the religious people who use religion in such a way to mislead people's lives! should say.
So, in verse 3, Jesus also tells his disciples how to be religious. What do you think? Religious people have ethics as religious people. Let us listen to that ethos in the sense of examining Jesus' teaching.
The first of these is to take care of ourselves and to value "repentance and forgiveness. God's expectation of man is not to be a perfectly good person. There is no need to think that we have to live like Christians with the Christian faith. The roots of sin run deep, and it is only through God's power that a person can change. It is foolish to strive to change oneself by one's own strength. Rather, verse 3, we are to take God's commandments daily, repent, and have a heart that stands on God's forgiveness, and in this way, we are to cherish a heart that asks for God's forgiveness. The key to solving life's challenges lies in God. It is not because your faith is weak that you cannot change. You just have to surrender to God and put your trust in Him to make things better. Therefore, when something is accomplished, have a humble heart that it is God who did it, not you, and this is the way of a disciple of Jesus.
In verse 11, Luke goes on to tell Theophilus about another episode that illustrates the way of a disciple of Jesus. In other words, be self-effacing and humble, but at the same time cherish thanksgiving. Ten people with a skin disease called tzara'at were healed by Jesus. But only one returned to thank Jesus when he found out that he was healed. What a surprise! The first thing parents teach their little ones is thank you, please, and I'm sorry, but the same is true for the novice believer to learn. First, instead of trying to be a good person, say thank you, please, and I'm sorry, to God.
2. about the Kingdom of God and the end of the world (17:20-37)
And faith is not about the other world, but about the here and now. Jesus says, v. 21: "The kingdom of God is yours in your midst." The Kingdom of God could be read as the reign of God. Where we acknowledge God, the Kingdom of God exists. But it will not be physically completed until the end of the world.
Luke tells Theophilo the somewhat ridiculous Jesus story as it is. This is probably because Luke himself had not yet grasped it. Certainly there are many things about the end of the world that the Bible tells us are uncertain and unknowable. There are some things that we tell without understanding rather than pretending to understand. But what we don't know, we will know eventually, v. 37: "Where there are corpses, vultures will gather," that is, if the conditions are right, there will be consequences. In other words, Jesus' disciples are not people with conclusions about the end of the world, but they also live as observers of God's work. So, I wish you a good day today.
この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【シーズン6】人生💯倍の祝... | トップ | 【シーズン6】人生💯倍の祝... »
最新の画像もっと見る

福音書」カテゴリの最新記事