人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の励まし😊【聖書】列王記第二9章 いつまでですか?神様

2022å¹´08月14日 06時00分33秒 | åˆ—王記
9章 オムリ王朝の最期
1.エフーの預言の成就
 オムリ、アハブ、アハズヤ、ヨラムと四代続いたオムリ王朝が、エフーの謀反によって滅びていきます。この章は、アハブとアハブの妻イゼベルに対する預言が成就していく記録です。
 エリシャがエフーに油注ぐために遣わした若い預言者というのは、ユダヤ教の伝承によればヨナであったとされますが、確かなことはわかりません(2列王記14:25)。ただ背景的には、ニネベにアッシリヤ帝国が栄え、イスラエルがその脅威に脅かされていた時代なので、ありうる話です。
さて神は、オムリ王朝を裁くために、エフーを選ばれました。エフーは、ラモテ・ギルアデでヨラム王とともに戦っていましたが、ヨラムは負傷してイズレエルに戻ります。5節、会議中であると言いますが、そこでは誰がヨラム王の代わりに指揮を執るかが話されていたのでしょう。ですから11、12節で語られていることは、将校たちが、あの預言者は何者で何をしに来たのか、と聞いたことに対して、エフーがその質問をはぐらかそうとしたこと、しかしはぐらかしきれず、真実を告げる時と判断し、神が自分を王とした、と打ち明けたことです。そこで、15節につながるわけです。もし将校たちのことば「エフーは王である」(13節)が、本心からなら、加療中のヨラムがいるイズレエルのもとにこの謀反を知らせてはならない、というわけです。
エフーは大軍を率いてイズレエルへ向かったようです。その尋常ならぬ姿に、見張りは警戒を示しますが、ヨラムは最後まで謀反の危機を知ることなく、エフーの手で殺されてしまうことになります。まさに謀反の秘密は守られ、神の語られたとおりにさばきが執行されました。私たちはよくよく心得なくてはなりません。神のご計画は、思わぬ形で実現するものです。イエスは、この石ころからでもアブラハムの子孫を起こすことができる(マタイ3:9)、と語りました。神は無きものを有るものとし、有るものを無きごとく扱われるお方なのです。
2.エリヤの預言の成就
悪名高きイゼベルもまた、預言者エリヤを通して語られたとおりに、さばきを受けました。イゼベルは、アハズヤ、ヨラムに至るまで、大きな影響力を及ぼしていました。そのイゼベルは、自分を殺そうと現れたエフ―を「主君殺しのジムリ」と呼びました。ジムリは、かつてエラという王様に反乱を起こして王位を奪いましたがわずか七日の在位で終わってしまった将軍です。エフー、あなたもそうなるだろう、というイゼベルの最期の捨て台詞です。ともあれこうしてイゼベルは神に裁かれました。彼女の最期は、頭がい骨と両手首、両足を除いて犬に食われるという悲惨なものでした。しかしそれもエリヤの預言のとおりであったと言います。
一体誰がエリヤの時代にそのようなことが起こると考えたでしょう。悪女イゼベルに向かって、エリヤは預言をしましたが、語るだけ無駄と思うような気にもさせられていたのではないでしょうか。現実の壁は厚い!神のことばは真実であり、必ず成就するのだ、と語ったどころで、何になるだろう、と思わされるようなことがあるものではないでしょうか。そして、エリヤが竜巻にあげられて天に戻った後、誰がエリヤの言葉が成就すると信じ続けたでしょう。誰もが、時代は少しも変わらず、このまま時が過ぎ行く、イゼベルの天下は続くのだ、神などいやあしない、とまで考えたことでしょう。しかし神のことばは時が満ちれば必ず形を現すのです。不思議をなさる神がいることに注目しましょう。黙示録には、殉教者たちが「いつまで裁きを行わず、地に住む者たちに私たちの血の復讐をなさらないのですか」と神に向かって叫ぶシーンがあります。神は殉教者たちに、「もうしばらくの間、休んでいるように」と語るのです(黙示録6:10)。神は存在しないのではありません、正しいことをなさる神を信頼いたしましょう。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。イスラエル北王国のヨラムは、誰の子でしょうか?①アハブ、②エフ―、③ヨシャパテ、答えは①アハブでした。では、今日の聖書クイズです。ヨハネの黙示録の中で、イゼベルの名が使われて、信仰の在り方を正すように教えられた教会の名前は何でしょうか。①ラオディキィア、②スミルナ、③ティアティラ、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 9 The End of the Omri Dynasty
1. Fulfillment of Jehu's prophecy
The four generations of the Omri dynasty, Omri, Ahab, Ahaziah, and Yoram, fell due to Jehu's rebellion. This chapter is a record of the fulfillment of the prophecies about Ahab and Ahab's wife Jezebel.
According to Jewish tradition, the young prophet Elisha sent to anoint Jehu was Jonah, but we do not know for sure (2 Kings 14:25). However, in the background, the Assyrian Empire prospered in Nineveh, and Israel was threatened by that threat, so it is a possible story.
Now God chose Jehu to judge the Omri dynasty. Jehu was fighting alongside King Joram at Ramoth Gilead, but Joram was wounded and returned to Jezreel. In verse 5, it says that they are in a council, and it was discussed who would take command in King Joram's place. So what is said in verses 11 and 12 is that when the officers asked who the prophet was and what he was doing, Jehu tried to dodge the question. However, he could not evade it, decided that it was time to tell the truth, and confided that God had made him king. That brings us to verse 15. If the officers' words, "Jehu is king" (verse 13), were true, they should not have reported this rebellion to Jezreel, who had Joram in his care.
Jehu seems to have headed for Jezreel with a large army. His extraordinary appearance raises the alarm of the guards, but Joram is killed by Jehu, unaware of the danger of his rebellion until the end. Indeed, the secret of the rebellion was kept, and the judgment was carried out just as God had spoken. We must be very careful. God's plans come to fruition in unexpected ways. Jesus said that Abraham's descendants could be raised from this stone (Matthew 3:9). God is the one who makes what is not, and treats what is.
2. Elijah's prophecy fulfilled
The infamous Jezebel also received judgment as spoken through the prophet Elijah. Jezebel wielded great influence from Ahaziah to Joram. Jezebel called Jehu, who appeared to kill her, "Zimri, you murderer of your master." Zimri is a general who once rebelled against a king named Ella and usurped the throne, but ended up reigning for only seven days. Jezebel's last parting short and it means Jehu, you will too. Anyway, this is how Jezebel was judged by God. Her final moments were tragic, with all but her skull, wrists and feet being eaten by dogs. However, it is said that it was just as Elijah prophesied.
Who would have thought such a thing would happen in the days of Elijah? Elijah prophesied to the wicked Jezebel, but he must have been made to think that it was useless to speak. The walls of reality are thick! Don't you sometimes wonder what it means to say that the word of God is true and that it will be fulfilled? And who would have continued to believe that Elijah's words would be fulfilled after Elijah was lifted up by the tornado and returned to heaven? Everyone would have thought that the times would not change, that time would go on like this, that Jezebel's empire would continue, that there would be no God. But God's Word will always take shape when the time is right. Notice that there is a God who does wonders. In Revelation, there is a scene in which the martyrs cry out to God, "How long, Sovereign Lord, holy and true, until you judge the inhabitants of the earth and avenge our blood." God says to the martyrs, "wait a little longer" (Revelation 6:10). It's not that God doesn't exist, trust Him to do what's right. I hope you have a good day today.

<Quiz corner>
First, yesterday's quiz. Whose son is Joram of the Northern Kingdom of Israel? (1) Ahab, (2) Eehu, (3) Jehoshaphat, the answer was (1) Ahab. Here's today's Bible quiz. What is the name of the church where Jezebel's name is used in the book of Revelation to correct her faith? (1) Laodicea, (2) Smyrna, (3) Thyatira, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.


最新の画像[もっと見る]