人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の喜び😊【聖書】ネヘミヤ記11章 日常の中の幸せ

2022å¹´11月25日 07時25分35秒 | ãƒãƒ˜ãƒŸãƒ¤è¨˜
11章 神の約束とその誠実さ
1.エルサレム移住
11章は、文脈から言って7章4節からつながるものです。つまり7章までは、城壁や城門を修復したことの記録が書かれていました。そこで一旦中断して、今度はその中に住む人々の事柄に話題が移っていくわけです。つまりバビロン捕囚から帰って来た人々の出所が明らかにされ(7:6-72)、新年を機に、律法を学び、祈りと盟約によって心が刷新されていきます(8-10章)。そして11章、エルサレムに住む人々がくじ引きによって定められ、いよいよ町が動き出していくのです。いわゆる人が住む町を完成させ、その町が動き出す話の間に、住む人々の心が刷新されるお話が挿入されている形です。
当時の首都エルサレムは、神殿があり宗教上の中心地でした。しかし、敵対者の攻撃の的となり、生計を立てる農地も少なく、住みにくい所でした。ですから上層階級の人々は城壁建設時、あるいはそれ以前からエルサレムに住んでいましたが、一般の民は経済的な理由からエルサレムから離れた農地の村々に住んでいたのです。しかし城壁再建後は、町を防御するため、住人の増加を図らねばなりませんでした。そこでくじ引きによる移住が奨励されたのです。そういうわけで、人々は、住みにくく、犠牲の多いこの町に、自発的に移住しようとする者たちを祝福するのです(2節)。
そういうわけで3節以降は、エルサレムに進んで移り住んだ人々のリストです。多少の違いはありますが、それは、1歴代誌9:2-21に出てくる名簿とほとんど同じです。ユダ族の指導者たち(4-6節)、ベニヤミン族の指導者たち(7-9節)、祭司たち(10-14節)、レビ人(15-18節)、神殿に仕える者(19-24節)という順にその名が記されています。神殿に仕える者は、オフェルに住みました。そこがどこであったのかはよくわかりません。しかし、エルサレム内の神殿と旧ダビデ市街との間に位置していたと考えられています。それが正しければ、彼らは神殿での務めのために、予めそれにふさわしい場所を選んで居住したことになります。合計約三千名の者が移住しました。25節以降は、エルサレム以外の町々、つまりの農地のある居住地のリストになります。ヨシュア記15:21-62の地名や、エズラ2章、ネヘミヤ3章のリストと比較すれば、帰還民の居住状況の変化を知ることができます。
2.約束に誠実な神
 しかしそれにしても一体誰が、このようにして町が再興されるなど予測できていたでしょうか。彼らが、捕囚を終えて、祖国に帰国し町を再建することは、既に遠い昔から預言されていたことですが、実際にそのようになると思っていた人は少なかったでしょう。事実、戦争に敗れて滅びた国が、回復するなど、そうそう歴史上にはないことです。しかしユダヤ人の国は、戦争に敗れて、他国への強制移住、雑婚、捕囚の苦難を通りぬけながらも、再び再建されたのです。
 このような歴史を示しながら、著者が語ろうとしていることは、神の約束に対する誠実さであり、熱心さです。すべて神が約束されて語られたことは必ず成就する。イエスの十字架による贖いもそうです。イエスの復活のいのちによる私たちの新生もそうです。となれば、まだ成就していないイエスの再臨の約束にも注意する必要があるでしょう。
 ともあれ、歴史は動かぬ証拠を私たちに突き付けて来ます。その証拠をよく考え、私たちは、神の誠実さを覚え、神の招きに応える心、つまり、移住すべき町エルサレムがあるなら出て行く心を持ちたいものです。全人類の歩みを予知し、祝福へと招いておられる神の誠実さを認めて、歩ませていただくことにしましょう。では今日もよき一日となるように祈ります。

<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。ローマ貨幣のデナリと同等の価値があったとされるギリシア貨幣はどれでしょうか?①シェケル、②ドラクマ、③ステタル、答は②ドラクマです。1シェケルは、ギリシア貨の4ドラクマ、ローマ貨の4デナリに相当します。またイスラエル貨の1シェケルは、ギリシア貨の1ステタルと同じです。では、今日の聖書クイズです、ネヘミヤ記のテーマとして正しいものはどれでしょうか?①神殿の再建と礼拝の回復、②城壁の再建と町の再興、③イスラエル民族滅亡の脅威からの守り、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。
Chapter 11 God's Promise and Its Integrity
1. emigration to Jerusalem
Chapter 11 follows from the context of Chapter 7 verse 4. In other words, up to Chapter 7, records of the restoration of castle walls and castle gates were written. So we paused for a moment, and now the topic shifts to the affairs of the people who live in it. In other words, the origins of those who returned from the Babylonian captivity will be clarified (7:6-72), and in the new year, they will study the law, and their hearts will be renewed through prayer and covenants (chapter 8-10). ). And in chapter 11, the people living in Jerusalem are determined by lottery, and the city finally begins to move. A story that completes a so-called inhabited town and that town begins to move, inserts a story that renews the minds of the people who live there.
Jerusalem, the capital at that time, was a religious center with a temple, but it was a target for hostile attacks, and it was a difficult place to live, with little farmland to live on. So while the upper classes lived in Jerusalem at or before the time the wall was built, the common people lived in rural villages far from Jerusalem for economic reasons. However, after the ramparts were rebuilt, it was necessary to increase the number of inhabitants in order to defend the town. Therefore, emigration by lottery was encouraged. That is why people bless those who voluntarily settle in this inhospitable and costly city (v. 2).
So verse 3 onwards is a list of those who willingly moved to Jerusalem. With some variations, it's almost identical to the list in 1 Chronicles 9:2-21. The leaders of the tribe of Judah (verses 4-6), the leaders of the tribe of Benjamin (verses 7-9), the priests (verses 10-14), the Levites (verses 15-18), and the temple workers (verse 19). -24) are listed in order. The servants of the temple lived in Ophel. I'm not sure where it was. However, it is believed to have been located between the Temple in Jerusalem and the Old City of David. If it is correct, they have pre-selected a suitable place to reside in the temple for their ministry. A total of about 3,000 people emigrated. Verse 25 onwards is a list of towns other than Jerusalem, that is, settlements with farmland. A comparison with the place names in Joshua 15:21-62 and the lists in Ezra 2 and Nehemiah 3 reveals changes in the living conditions of the returnees.
2. God faithful in his promises
"But even so, who could have predicted that the town would be rebuilt like this?" It had long been prophesied that they would return to their homeland and rebuild their cities after being exiled, but few would have thought that would actually happen. In fact, it is rare in history for a country that was defeated in war to recover. However, the Jewish nation was defeated in the war and was rebuilt after going through the hardships of forced emigration to other countries, miscellaneous marriages, and exile.
While presenting such a history, what the author is trying to talk about is his sincerity and enthusiasm for God's promises. Everything that God has promised and said will surely be fulfilled. So is the atonement of Jesus on the cross. So is our new birth through the resurrection life of Jesus. In that case, we also need to be careful about the promise of Jesus' second coming, which has not yet been fulfilled.
"In any case, history presents us with irrefutable evidence." Considering the evidence, we should have a heart to remember God's sincerity and to respond to God's call, that is, to leave Jerusalem if there is a city to migrate to. Let us walk, acknowledging the sincerity of God, who foresees the steps of all mankind and invites us to his blessings. I hope you have a good day today.

<Quiz Corner>
First, yesterday's quiz. Which Greek coin was said to be worth as much as the Roman denarius? (1) Shekel, (2) drachma, (3) stater, the answer is (2) drachma. One shekel is equivalent to four Greek drachmas and four Roman denarii. One Israeli shekel is equal to one Greek stetar. So for today's Bible quiz, what is the correct theme for Nehemiah? (1) Reconstruction of the temple and restoration of worship, (2) Reconstruction of the walls and restoration of the city, (3) Protection from the threat of the destruction of the Israeli people, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.

最新の画像[もっと見る]