人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読の積み重ねは、モノの見方を変え、人生を前に進む勇気を与えてくれます。ご一緒にしませんか?

【シーズン6】人生💯倍の祝福😊【聖書】ルカの福音書22章 最後の晩餐とイエスの愛

2024年05月20日 13時07分19秒 | 福音書
ルカの福音書22章 最後の晩餐とイエスの愛
1.過ぎ越しの祭り(22:1-38)
今日でも毎年3~4月頃、イスラエルでは過ぎ越しの祭りが行われます。それは、ユダヤ人にとってはエジプトの奴隷状態から神に救い出されたことを記念する大切な祭りでした(出エジプト12章)。ただもともとは、種なしパンの祭りという農耕祭に、歴史的な意味がつけられた祭りでした。そして、この祭りのために、当時は、約270万の人々が、八百メートル四方ほどの小さなエルサレム市街に集まったとされます。その日の賑わいぶりは、大変なものであったことでしょう。
ですからこの日は、いつもは駐屯していないローマ兵も治安維持のために送り込まれてもいました。このような状況下で、ユダヤの宗教家たちは、イエスを殺す機会を狙っていたのです。そしてその機会は突然思いがけない形でやってきました。イエスの弟子ユダが現れ、銀30枚でイエスを売り渡すことを申し出るのです。なぜユダはイエスを裏切る思いになったのか、色々と想像するのみですが、ルカは、3節、簡単に「サタン」が入ったと語ります。イエスの身に起こった出来事は、単純に師弟の仲違いがあったと考えるような問題ではなかった、ということでしょう。
7節以降、イエスと弟子たちの最後の晩餐の様子が描かれます。ここで今日の聖餐式の起源とされるパンとぶどう酒を使った新しい契約が交わされていることに注目しましょう。聖餐は、イエスの裂かれた体と流された血を思い起こさせるものです。それは、神の愛が永遠に変わらないことを覚える、素晴らしい祝福の時です。また、イエスがここでご自分を給仕する者であると語っていることにも注目させられます。信仰者は神のしもべ、神に仕える者であると教えられますが、実際には、まず神が私たちに仕えてくださった事実があるのです。私たちの救いのために、そのような神の愛と遜りがあった、ということです。
2.イエスの逮捕(22:39-71)
さてイスラエルの巡礼ツアーで代替必ずと言ってよいほどに訪れるのが、ゲッセマネの園と鶏鳴教会です。ゲッセマネの園は、イエスが死に直面し、神のみこころに委ねる祈りをされた場所、そして鶏鳴教会は、イエスが逮捕され連れ込まれたカヤパ邸の跡地に建てられた教会です。その教会の脇に、イエスが連行された際に実際に歩かれたとされる当時のままの坂道があります。現代のイスラエルの地形は、当時のままではないので、巡礼ツアーには、賛否両論があります。それでも実際に、観光バスを使わず、ゲッセマネの園から鶏鳴教会まで歩いてみたり、イエスが留置されたと言われる、岩穴の地下牢に入ってみたりすれば、聖書の行間にあるものを肌身で感じる思いにさせられるものです。
またこの箇所、じっくり読んでみると、なぜ人間は、ここまで頑なに一人の人間をこれほど暴力的に扱うことができるのかとも思わされます。今日海外の民主化運動で政府に力づくで逮捕され、連れ去られていく様をテレビの画面で見ていると心痛む思いがします。おそらく、当時のイエスの姿を見て、心痛め、悲しい思いでいた人々もたくさんいたはずです。ともあれ、この時逮捕されたイエスは、70節「神の子」であるか否かを問われて有罪とされ、処刑されていくのです。そしてこの時弟子のペテロは、あれほどイエスに可愛がられ、大切に育てられたのに、身の危険を感じて逃げ出すのみならず、見つけられて、イエスとの関係を完全に否定してしまうのです。しかしこの時の様子をあれこれ考えると、そんなペテロを笑えない、自分もまた同じように裏切るであろうと緊張感を覚えるのは、私ばかりでしょうか。そうではないでしょう。しかしそんな弱さを抱えた私たちに、神は永遠の契約を交わし、さらに仕えてくださった、と言うべきなのでしょう。ただ感謝あるのみ、また主に倣いたいと思うのみです。では今日も良き一日となるように祈ります。
Luke 22: The Last Supper and Jesus' Love
1. the Passover (22:1-38)
Even today, around March or April each year, the Passover is celebrated in Israel. For the Jews, it was an important festival to commemorate their deliverance from slavery in Egypt (Exodus 12). Originally, however, it was an agricultural festival called the Feast of Unleavened Bread, to which historical meaning was added. It is said that about 2.7 million people gathered in the small city of Jerusalem, about 800 meters square, for this festival. The bustle on that day must have been enormous.
Therefore, on that day, Roman soldiers, who were not usually stationed in the city, were also sent to maintain security. Under these circumstances, the Jewish religious leaders were looking for an opportunity to kill Jesus. The opportunity came suddenly and unexpectedly. Jesus' disciple Judas appeared and offered to sell Jesus for 30 pieces of silver. We can only imagine what made Judas feel like betraying Jesus, but Luke simply tells us in verse 3 that "Satan" had entered the picture. It may be that what happened to Jesus was not simply a matter of what one would consider a simple disagreement between master and disciple.
From verse 7 onward, we see Jesus and his disciples at the Last Supper. Notice here that a new covenant is made with bread and wine, the origin of today's sacrament. The sacrament is a reminder of Jesus' ripped body and shed blood. It is a time of great celebration, a time to remember that God's love is eternal and unchanging. It is also noteworthy that Jesus here speaks of Himself as the Servant. We are taught that believers are God's servants, those who serve Him, but the fact is that God first served us. It means that such was God's love and reverence for us for the sake of our salvation.
2. the arrest of Jesus (22:39-71)
Now, the two alternative must-visits on a pilgrimage tour of Israel are the Garden of Gethsemane and the Church of the Cockcrow. The Garden of Gethsemane is the place where Jesus prayed and surrendered to God's will in the face of death, and the Church of the Snake was built on the site of the Caiaphas house where Jesus was arrested and taken in. Beside the church, there is a slope that is said to be the same as the one Jesus actually walked on when he was taken away. The topography of modern Israel is not as it was then, and there are pros and cons to pilgrimage tours. Nevertheless, if you actually walk from the Garden of Gethsemane to the Church of the Cockcrow without taking a tourist bus, or enter the rocky dungeon where Jesus is said to have been detained, you will feel firsthand what is between the lines of the Bible.
Reading this passage carefully, one wonders how human beings can be so stubborn and treat a single human being so violently. It is heartbreaking to see on TV today how people are arrested and taken away by force by the government during the democracy movement overseas. Perhaps there must have been many people who were heartbroken and saddened by the sight of Jesus at that time. Anyway, Jesus was arrested at this time and was found guilty and executed after being questioned whether or not he was the "Son of God" in verse 70. The disciple Peter, who had been so loved and cherished by Jesus, not only ran away from Jesus, but was found and completely denied any relationship with Jesus. But when I think about this situation, am I the only one who can't laugh at Peter and feel the tension that I would betray him in the same way? I am sure it is not so. But I should say that God has made an eternal covenant with us, and has served us even more, in spite of our weakness. We can only be thankful and want to follow the Lord's example. I pray that today will be another good day.
この記事についてブログを書く
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 【シーズン6】人生💯倍の祝... | トップ | 【シーズン6】人生💯倍の祝... »
最新の画像もっと見る

福音書」カテゴリの最新記事