人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の励まし😊【聖書】列王記第二7章 良心の目覚め

2022å¹´08月11日 16時13分21秒 | åˆ—王記
7章 サマリヤの飢饉と奇跡
1.サマリヤの飢饉
アラムに包囲されたサマリヤは、大変な食糧難に陥いりました。「ろばの頭」は、イスラエル人には禁じられた食物です(6:25、レビ11:3)。しかしそれですら、食料とされ、法外な値段で売り出されました。「鳩の糞」は、ユリ科の花の茎、飢饉の際には食料にされたもので、その1/3リットルが、銀55グラム、つまり、労働者一人の月収以上の値段で売り出されるほどでした。さらには、自分の子どもを食べて飢えをしのぐ悲劇まで生じていました(2列王6:26-31)。
2.エリシャの預言、神の御言葉の真実
エリシャが神のことばを伝えます。「明日の今頃、サマリアの門で、上等の小麦粉1セア(約7.6リットル)が1シェケルで(銀約11グラム)、大麦2セア(約15リットル)が1シェケルで売られるようになる」つまり一人の労働者の月収の1/5という格安の値段で売られるようになる、と。すると、種々の政策において王の絶大な信頼を受けていた侍従が、反発して言いました。「たとえ主が天に窓を造られたとしても、そんなことがあるだろうか」そんなことは全く不可能だというわけでしょう。
しかし、神が語られたことに間違いはありません。エリシャは言うのです。「確かに、あなたは自分の目でそれを見るが、それを食べることはできない」(2節)。エリシャが宣言したように、侍従は、サマリアを包囲したアラムの大量の残し物に与ることはできませんでした。神が意志されたことは、人の目に全く不可能と思われることがあれ、実現すると言うことでしょう。もう一度エリシャを通して神が語られたことばを思い起こしましょう。「風も見ず、大雨も見ないのに、この谷には水があふれる。これは主の目に小さなことだ」(2列王3:17,18)。「どうぞ、彼らの目を開いて、見えるようにしてください」(2列王6:17)。「神は天の窓を開き、あふれるばかりの祝福を注がれるお方」なのです(マラキ3:10)。
神を信じても、聖書を読んでも、人生は何も変わらない、と言う人は少なくありません。しかし、神の御言葉を疑ってかかるなら、それまでです。信仰は、信じて踏み出さなければ、結果は出ないのです。よし信じて踏み出してみよう、というのであれば、いずれちょうどよい時に、神の御言葉の真実を味わうことになるでしょう。信仰のないところに、神の祝福もありません。
3.神の有り余る祝福
ところで、事態の異変に最初に気づいたのは、四人のツァラアトに侵された人々でした。彼らは飢饉が起こるような時には、ほとんど食料を手に入れることはできませんでした。どうせ死ぬなら思い切って、アラムに降伏しようと、彼らは出ていくのです。そんな彼らが真っ先に、神の恵みの業に与るのです。
だれもいないアラムの陣営に入った彼らは、はじめ、次々と、銀や金、衣服などを天幕から運び出しては、それを隠しに行きました。しかしそのうちに、自分たちのしていることは正しくないと我に返るのです。確かに、子どもを煮て食うという異常な飢餓状態の中で、自分たちだけが満たされることを求めるなど、世間の非難を浴びないはずがありません。彼らの良心が目覚めさせられた、それが、民の救いにもなったことに注目すべきでしょう。
「われわれのしていることは正しくない。今日は良い知らせの日なのに、われわれはためらっている。」(9節)。パウロは、なすべき正しいことを知りながら、それを行わないのは罪である、と語りました。なすべき正しいことを示されたなら、それを実行することです。たとえ損をするように思えることがあっても、神の恵みはその損失に勝るものです。神の豊かな祝福を分かち合う、その気づきを大事にしたいものです。では今日もよき一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。鳩の糞は、当時、何に使われたでしょうか?①燃料、②食料、③建築材料、答えは②食料です。「鳩の糞」はユリ科の花で、白い花があちこちに咲く様子から名付けられ、「鳥のミルク」「ダビデの星」「ベツレヘムの星」とも呼ばれています。 通常は食料にはなりませんが、飢饉の時、その茎は食料として高く売買されました(2列王6:25)。では、今日の聖書クイズです。次の中で、液体量を計るものに使われる単位はどれでしょうか?①セア、②エパ、③バテ、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。
 
Chapter 7 Famine and Miracles in Samaria
1.Famine in Samaria
Samaria was besieged by Aram and faced a severe food shortage. "Donkey's head" is a forbidden food for the Israelites (6:25; Leviticus 11:3). But even then it was used as food and sold at exorbitant prices. "Dove’s dung", the stalks of the Liliaceae flower, used as food during times of famine, sells for a third of a liter for 55 grams of silver, or more than a worker's monthly income. It was about Furthermore, there were even tragedies in which people survived hunger by eating their own children (2 Kings 6:26-31).
2.Elisha's Prophecy, The Truth of God's Word
Elisha preaches the word of God. " About this time tomorrow, a seah of the finest flour will sell for a shekel (about 11 grams of silver),and tow seahs of barley for a shekel at the gate of Samaria." (ver. 1) In other words, it will be sold at a bargain price of 1/5 of a worker's monthly income. Then the chamberlain, who had received the king's great confidence in various policies, objected and said, "Look, even if the Lord should open the floodgates of the heaven, could this happen?"(ver. 2)
But there is no doubt that God has spoken. Elisha says. " You will see it with your own eyes, but you will not eat any of it" (ver. 2). As Elisha proclaimed, the Chamberlain could not take part in the mass leftovers of Aram besieging Samaria. What God wills will come true, even though it may seem utterly impossible to the human eye. Let us recall again the words God spoke through Elisha. " You will see neither wind nor rain, yet this valley will be filled with water, This is an easy thing in the eyes of the Lord" (2 Kings 3:17,18). "Open his eyes, Lord, so that he may see" (2 Kings 6:17). God is “the one who opens the floodgates of heaven and pour out so much blessing” (Malachi 3:10).
Many people say that believing in God and reading the Bible will not change anything in our life. But if you doubt the word of God, that's it. Faith will not produce results unless you believe and take steps. If you're willing to take a step and believe it, you'll eventually taste the truth of God's Word when the time is right. Where there is no faith, there is no blessing of God.(Matthew 13:58)
3.God's Abundant Blessings
By the way, the first to notice the change in the situation were the four afflicted people. They had little food in times of famine. If they were to die anyway, they would venture out and surrender to Aram. They are the first to participate in the work of God's grace.
When they entered the empty Aramaean camp, one after another, they took silver, gold, and clothes out of their tents and hid them. But in time they come to their senses that what they are doing is not right. Certainly, there is no way that they would be criticized by the public for wanting to be satisfied only for themselves in an abnormal state of starvation, such as boiling and eating children. It should be noted that their consciences were awakened, and this also contributed to the salvation of the people.
"What we are doing is not right. This is a day of good news and we are keeping it to ourselves." (ver 9). Paul said it is a sin to know the right thing to do and not do it. If you are told the right thing to do, do it. Even if it seems like a loss, God's grace outweighs the loss. I want to cherish the awareness of sharing God's rich blessings. I hope you have a good day today.
<Quiz Corner>
First, yesterday's quiz. What was Dove’s dungs used for in those days? (1) fuel, (2) food, (3) building materials, the answer is (2) food. "Dove’s dungs" is a flower of the Liliaceae family. It is named for the appearance of white flowers blooming here and there, and is also called "bird's milk", "Star of David", and "Star of Bethlehem". It is not normally edible, but in times of famine its stalks were sold as food at a high price (2 Kings 6:25). Here's today's Bible quiz. Which of the following units is used to measure liquid volume? ① Seahs, ② Epa, ③ Bate, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.

最新の画像[もっと見る]