人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の喜び😊【聖書】ネヘミヤ記10章 宗教と社会

2022å¹´11月23日 06時04分40秒 | ãƒãƒ˜ãƒŸãƒ¤è¨˜
10章 正しい神との関係
1.宗教的純粋性を保つ
 国家再建にあたり、まずイスラエル人が始めたことは、主との正しい関係を持つ盟約を堅く結ぶことでした。彼らは具体的に署名をしました。また、実際に律法に従って歩む生活を始めるにあたり三つのことを決断していきます。
  1. 宗教的な純粋性を保つ(異宗教の人とは結婚をしない)(30節)。
  2. 安息日を守る(安息日の売り買いをせず、安息年の規定を守る)(31節)
  3. ささげ物を携えて礼拝を守る(シェケルの三分の一、初物、十分の一)(32-29節)
 宗教的な純粋性を保つことは、彼らが、イスラエルの神を中心とするにあたり、まず最優先されるべきことでした。実際、結婚は生涯にわたる連帯ですから、宗教はもちろん、ことに真逆の価値観を持ちながらその関係を維持していくのは難しいこと、それはわかりきったことです。最初から聖書は正解を出してくるので、素直にその正解を受け入れがたい人もいるかもしれません。しかし、それは知恵ある神のことばですから、耳を傾けることが大切です。
事実、若い時には先を見通せず、勢いで結婚してしまい、後でこの結婚は失敗だったと思わされることもあるものでしょう。ただそこで、人生を諦めて、自らに落伍者のレッテルを貼る必要はないのです。周囲の人がそのような目で見たとしても、聖書は悔い改めに基づく新しい人生を約束しています。神は哀れみ深く、決して人を見捨てることはありません。異宗教の伴侶を持ち、信仰の純粋性を保つことが難しい、と感じることがあっても、その現実を受け止めながら、神がそこから新しい人生を展開してくださると期待すべきなのです。
2.安息日を守る
また安息日を守ること、信仰生活においては「しない」消極面だけではなく「する」積極面も大事です。日本人がクリスチャンになって、最も大きく変化させられるのは、毎週日曜日に礼拝へ行くようになることです。信仰を持つ前は、日曜日と言えば、自分にとって有意義な時間を自分で決めて、自分の思うように過ごす、それが普通だったでしょう。しかし、信仰者にとって、日曜日は、神が礼拝に招かれる日、神がその日を安息として守るように語られる日です。いわば神を中心とした生活リズムが作り出されていくわけです。それは、意識的な努力で作り出される、義務的なものではなく、神との正しい関係が出来ていればこそ、自然にできてくるものなのです。
3.献げ物
後半は、献げるべきことが語られます。なぜ彼らが献げたのかが重要です。それは、ペルシア帝国から帰還し、国を再建した彼らは、自給自足を願ったということです。彼らはペルシア帝国の支配を受けていたのですから、いつまでもその経済的な支援に甘えることもできたでしょう。しかし彼らは、そうせず、経済的にも独立した国であることを願ったのです。
当面彼らにとって、必要とされたのは再建された国の神殿を運営していくことでした。そこで、彼らは、神殿の用、ことに祭司の生活、そして、門衛、歌うたいを支えるために献金を集めたわけです。大切なのは、彼らの神殿は、ボランティアではなく、有償のスタッフによって運営されたことでしょう。そして有償のスタッフもまた、自ら与えられたものの中から十分の一を献げたことです。つまり誰もただ乗りする人はいませんでした。教会のミッションは、牧師と教会員共同の業です。そして、教会がそのミッションを成し遂げることで、教会のある地域社会が豊かになっていく、教会の祝福イコール国の祝福と考えたいものです。では今日もよき一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。イスラエル人が、悲しみ、嘆きのしるしとして身に着けるものはどれでしょうか?①荒布、②亜麻布、③らくだの毛の着物、答えは①荒布でした。荒布は、山羊の毛で織った黒色の目の粗い布で、ヤコブがヨセフの死を知らされた時(創世記37:34)、国家的な災害の時など(ダニエル9:3)、悲しみ、嘆きの時に身に着け、そのしるしとなりました。では、今日の聖書クイズです、ローマ貨幣のデナリと同等の価値があったとされるギリシア貨幣はどれでしょうか?①シェケル、②ドラクマ、③ステタル、答えはまた明日。では、今日もよき一日となるように祈ります。

Chapter 10 Correct relationship with God
1. maintain religious purity
In rebuilding the nation, the first thing the Israelites began was to firmly conclude a covenant with the Lord in a right relationship. They signed specifically. In addition, we will decide three things to actually start a life that walks according to the law.
1) Religious purity (not marrying a person of a different religion) (v. 30).
2) Observe the Sabbath (do not buy or sell on the Sabbath, keep the rules of the Sabbath year) (verse 31)
3) Observing worship with offerings (one-third of a shekel, firstfruits, tenth) (vv. 32-29)
Preserving religious purity was their first and foremost priority as they centered on the God of Israel. In fact, marriage is a lifelong solidarity. It is obvious that it is difficult to maintain a relationship with people who have diametrically opposed values, let alone religions. Since the Bible gives the correct answer from the beginning, it may be difficult for some people to accept the correct answer obediently. But the Word of God is worth listening to.
In fact, when you are young, you may not be able to see the future and get married on the spur of the moment. However, there is no need to give up on life and label yourself as a failure. Even if others see it that way, the Bible promises a new life based on repentance. God is merciful and never forsakes people. Even if you find it difficult to maintain the purity of your faith while having a spouse of a different religion, you should accept the reality and expect God to develop a new life out of it.
2. keep the sabbath
It is also important to keep the Sabbath, and in a life of faith, it is important not only to have a negative side, but also to have a positive side, which is to do. The biggest change for Japanese people after becoming a Christian is going to church every Sunday. Before I became a believer, it was normal for me to decide what time was meaningful to me on Sunday and spend it however I wanted. But for the believer, Sunday is the day God calls us to worship, the day God speaks to keep that day as rest. In other words, a life rhythm centered on God is created. It is not an obligation that is created through conscious effort, but is a joyful start to the week in the right relationship with God.
3. offering
The second half talks about what should be offered. Why they gave is important. After returning from the Persian Empire and rebuilding the country, they hoped for self-sufficiency. Since they were under the rule of the Persian Empire, they could have depended on its economic support forever. Instead, they hoped to remain economically independent.
For the time being, what was needed was to operate the temple in the rebuilt country. So they collected donations to support the services of the temple, especially the life of the priests, the gatekeepers and the singers. Importantly, their temples were run by paid staff rather than volunteers. And the paid staff also gave a tithe out of what they were given. In other words, no one was free riding. The mission of the church is the joint work of pastors and church members. And I would like to think of the blessing of the church equals the blessing of the nation, as the church fulfills its mission and the community in which the church is located becomes rich. I hope you have a good day today.
<Quiz corner>
First, yesterday's quiz. What do Israelites wear as a sign of sorrow and mourning? (1) sackcloth, (2) linen, (3) camel's hair garment, the answer was (1) sackcloth. Sackcloth is a black coarse cloth woven from goat's hair that is used to mourn when Jacob is told of Joseph's death (Genesis 37:34), during times of national disaster (Daniel 9:3). , was worn in times of mourning, and became a sign of it. So for today's Bible quiz, which Greek coin was said to be worth as much as the Roman denarius? (1) Shekel, (2) drachma, (3) stater, the answer will be tomorrow. I hope you have a good day today.

最新の画像[もっと見る]