人生が100倍楽しくなる、パスターまことの聖書通読一日一生5(旧約聖書 新約聖書 聖書通読ブログ)

聖書通読は、モノの見方を変え、イエスと共に前に進む気を起こさせてくれます。ご一緒にしませんか?

人生💯倍の賛美😊【聖書】詩篇18篇 メシヤの勝利

2023å¹´02月04日 06時22分36秒 | è©©ç¯‡
18篇 メシヤの勝利
1.背景
2サムエル22章にも、同じ歌が収録されています。表題に「主が、ダビデを、すべての敵の手、特にサウルの手から彼を救い出された日に、彼はこの歌のことばを主に歌った」とあります。サウルに代わってイスラエルの王となったダビデが、過去の歴史を振り返り、今の幸いが、神の恵みによってもたらされたことを思い詠った詩です。しかし、新約の使徒パウロ、そしてヘブル人への手紙の著者も、これをメシヤ預言の一つとして解釈し、引用しています(ローマ15:9、ヘブル2:13)。つまりこの詩篇は、ダビデの個人的な経験を詠ったもののようでありながら、実際には、キリストの勝利を語っている、とされるのです。そのような初代教会の解釈を含めて読み味わってみましょう。
2.ダビデの感謝
まず1-3節は、導入的なことばです。ダビデは神が、強固な砦、守り、救い、力となったと率直に神を褒め称えています。苦難にあってまことに神に支えられた経験を思い起こせばこそ、出て来る賛美でしょう。信仰は、日々の積み重ねです。思いついた時に願ったような効果をもたらすものではありません。まさに「継続は力なり、聖書を日々手に取り、心の糧とするなら、自然に養われてくるものがあるものです」というべきものでしょう。
サウルにいのちを狙われ続けた長い日々、ダビデは確かに神に守られ続けました。ダビデを守ったのはヨナタンでも、あの部下、この部下でもありません。まさに悩みの中で彼が神に呼ばわった時に、神は、確かにその力強い御手を伸ばして、彼を救い出し、守ってくださったのです(1-19節)。ダビデは、神が自分に代わって戦ってくださったと詠いあげています。神は、圧倒的な強さをもった敵の力を無にしてくださったのです(17節)。
3.ダビデの告白
さて20節から、ダビデは自分の正しさを告白しています(20-29節)。こうあります「主は、私の義に従って私に報い、手のきよさにしたがって、顧みてくださいました。私は主の道を守り、私の神に対して悪を行いませんでした。」確かに彼は、神のことばを守り、誠実に生きようとしたことでしょう。しかし、彼がこう言い切れるのは、人生の一瞬一瞬に過ぎませんでした。彼は多くの過ちを犯しています。神の前に完全な人生を生きることのできる人などいません。生涯を通じてこう言い切れる人はキリストのみです。ですから、この詩篇はメシヤ詩篇として読むのが最もふさわしいとなります。そして私たちの場合、神に罪を告白し、キリストの十字架にある罪の赦しを得る、つまりキリストにより頼む姿勢に、私たちの義さや報いがあります。私たちのよき行いではないのです。
4.神による勝利
30節以降ダビデは、神による勝利を振り返っています。この神こそ、私たちの助けであると同時に、私たちの品性を形作り成長させてくださいます(30-36節)。神は私たちを鍛え、戦い方を教え(34節)てくださいます。神の助けは実に偉大です。ダビデは、ウジ虫のような自分に神がかくも大きな哀れみを示してくれることに、恐れを抱いています。サウルにいのちを狙われていた時のダビデにとって、彼の人生は全く先のない人生、終わってしまったかのような人生でしたが、神は、天変地異を起こすがごとく、ダビデの声を耳に入れ、救いだし、栄誉を着せてくださいました。サムエル記のダビデの生涯をもう一度読み返してみたいところです。貧しき者に対する神の大いなるあわれみと業を信じるのでなければ、私たちの人生に希望などありません。
神は、死者の神ではありません。生きた者の神であり、人の人生に未来を与えられます(46節)。ですから私たちは神によきことを期待すべきです。しかし、そのよきことは、パウロがエペソ人への手紙で語っているようにキリストの奥義の実現と(エペソ3:6)、メシヤ預言的に理解すべきでしょう。何か個人的なよきこと、利益ではなく、メシヤキリストが全人類にもたらす祝福です。実際使徒パウロは、49節を、キリストがユダヤ人のためにだけではなく異邦人のためにも来られたことを示す、四つの預言の最初のものとして引用しています(ローマ15:9)。終末的な視点から読んでこそ、この詩を最もよく理解できる、ということです。では今日もよき一日となるように祈ります。
<クイズコーナー>
最初に、昨日のクイズです。マオンで、有力な資産家の妻で、かつダビデの二番目の妻となった人は誰でしょうか。①アビガイル、②バテシェバ、③ミカ。答えは①アビガイルでした。では今日の聖書クイズです。メシヤ詩篇と呼ばれるものの中で、イエスの受難について語っている詩篇はどれでしょうか?①詩篇18篇、②詩篇22篇、③詩篇110篇。答えはまた明日。では今日もよき一日となるように祈ります。
Psalams 18: The Victory of the Messiah
1. background
The same song is recorded in 2 Samuel 22. The title says, "On the day the Lord delivered David from the hand of all his enemies, especially from the hand of Saul, he sang to the Lord the words of this song." This is a poem in which David, who replaced Saul as king of Israel, looks back on the past history and remembers that his present blessings have been brought about by God's grace. However, the New Testament apostle Paul and the writer of Hebrews also interpreted and quoted it as one of the Messianic prophecies (Romans 15:9; Hebrews 2:13). In other words, the psalm, while seeming to be a poem about David's personal experience, is actually said to speak of Christ's triumph. Let us read and savor the Psalm, including the interpretation of the early church.
2. David's Thanksgiving
Verses 1-3 are introductory words. David frankly praises God for being a strong fortress, protection, salvation, and strength. This praise can only come from recalling the experience of being truly sustained by God in the midst of hardship. Faith is a daily accumulation. It is not something that comes to you at a moment's notice and has the desired effect. If you take the Bible daily and make it the food of your heart, it will naturally nourish you.
David was indeed protected by God during the long days of Saul's attempts on his life. It was not Jonathan, or that man, or this man, who protected David. It was indeed God who stretched out His mighty hand to deliver and protect him when he called to Him in the midst of his very troubles (vv. 1-19). David recites that God fought on his behalf. God has brought the overwhelming strength of his enemies to naught (v. 17).
3. David's Confession
Now, beginning with verse 20, David confesses his righteousness (vv. 20-29). It says, "The Lord has rewarded me according to my righteousness, and has looked upon me according to the cleanness of his hands. I have kept His ways and have done no evil to my God." Certainly he would have kept God's Word and tried to live faithfully. But he could only say this for every moment of his life. He made many mistakes. No one can live a perfect life before God. The only person who can say this throughout his life is Christ. Therefore, it is most appropriate to read this Psalm as a Messianic Psalm. And in our case, our righteousness or reward lies in our confession of our sins to God and the forgiveness of our sins in the cross of Christ, in our attitude of dependence on Him. It is not our good works.
4. victory through God
From verse 30 onward, David looks back to the victory by God. This God is not only our help, but also shapes and grows our character (vv. 30-36). He trains us and teaches us how to fight (v. 34). God's help is great indeed. David is terrified that God would show so much compassion for his maggot-like self. David's life seemed to be over and done with when Saul tried to kill him, but God, as if by an act of providence, hears David's voice, rescues him, and puts him in honor. I would like to read again the life of David in the book of Samuel. There is no hope for our lives unless we believe in God's great mercy and works for the poor.
God is not the God of the dead. He is the God of the living, and He gives people a future in life (v. 46). Therefore, we should expect good things from God. But that goodness should be understood in Messianic prophetic terms, as Paul tells the Ephesians (Ephesians 3:6), as the fulfillment of the depths of Christ. It is not some personal good or benefit, but a blessing that Christ the Messiah will bring to all mankind. In fact, the apostle Paul cites verse 49 as the first of four prophecies that show that Christ has come not only for the Jews but also for the Gentiles (Rom. 15:9). The point is that the verse is best understood when read from an apocalyptic perspective. I wish you a good day today.
<Quiz Corner
First, yesterday's quiz. Who was the wife of a wealthy and powerful man in Maon and who became David's second wife? (1) Abigail, (2) Bathsheba, and (3) Micah. The answer was (1) Abigail. Now for today's Bible quiz. Which Psalm among those called the Messianic Psalms speaks of the Passion of Jesus? (1) Psalm 18, (2) Psalm 22, and (3) Psalm 110. The answer will be given tomorrow. I pray that today will be another good day.

最新の画像[もっと見る]