☆Happy Days☆ ~新米主婦 ウィンの日常~

H18.10.14に結婚しました。
新婚ラブラブ日記?はたまた新米主婦奮闘記? いろいろ書いちゃいます(*^^)v

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日取り&会場決定

2006年01月30日 | 準備~その他~
今回もかなぁ~り長くなりますので、ご了承下さいませ。




昨日、ブライダルカウンターへ行ってきました。  


主な目的は2つ


①2人で決定したレストラン&日取りの報告
②ウェディングドレスの初!試着&ヘアメイク&撮影

その①の
会場は…「アフレンツァ」というレストランに決定
日取りは…「10/14(土)」に決定
については、ドレスを選んで試着の前に担当のYさんに伝え、お店のほうには、
 すぐに正式予約を入れて下さいました

このあとに②が待っているわけですが、その間Yさんは、式当日までの私たちのスケジュール
を作って下さるとのこと。 初めてここを訪れたときからそのように言ってたし、HPにも書いて
あったので、ほんと心強い味方になりそうです
スケジュール表については、また最後に画像にてしてるので見て下さいね。


その②の

については、一言で言うなれば・・・
ド緊張の連続でした。
まずはレディアンスという衣装のお店へ通されました。担当して下さったのがIさん。 
なんだか私たちに関わる方は、全てちゃきちゃきの江戸っ子タイプの方が多い

この日はブライダルフェアに衣装を持っていったりしてて、数がそんなにない・・・。
とか仰っていたんですが、初めて見る私たちからしたらかなりいっぱいあるように
お見受けいたしましたよ、Iさん

実物や写真なんかで見て、第一印象で一番よかったドレスに決定

今度は試着&ヘアメイク&きょ恐怖の撮影の場所、「ひまわり」へ移動。
彼氏さんにはしばしお待ちいただいて、早速準備開始

①まずはヘアメイクから。脱ぎ着が出来やすい服装がいいって、ゼクシィとかに
書いてあったので、持っている中では一番脱ぎ着がしやすいので行きました。
まずは上の服を脱ぎ、下着姿に 
こんなところで恥ずかしいとか言ってられません、潔く脱ごうじゃないですか
着用の下着は着けたままなのかと思っていたら・・・違うんですね
ブラも外さないといけないなんて、知りませんでしたぁ
まずは下着のままその上にガウンを羽織、続いては・・・。

②ヘアメイクです。さすがはプロですね。手際がとてもいいし、私の顔立ちや
髪の長さなどを瞬時にインプットして、アイシャドーやチーク、髪型などを
チャッチャッチャとやってのけちゃうのには、ただただ感動でした
まつげは軽くビューラーをあてていってたので、マスカラをつけただけだった
んですが、家に帰り化粧をクレンジングで落として・・・も落としても・・・。
マスカラだけが一向に落ちない いつもの愛用のやつだと簡単に
落ちるんだけど・・・ これには手こずったなぁ
でも、本番はつけまつげをすることが多いそうです。
泣いたりして、パンダ目にならないようにするためだとか・・・。

③ヘアメイクが済んだら今度は衣装の試着です。
まずはコルセット??みたいなのをつけて、下着は外し、スカートも脱ぎ、いざ
ドレスに足を通し・・・・・・。
鏡に映った自分を見て、思わず微笑んでしまいました
ドレスの試着が楽しいっていうのが、このとき初めて分かりました

この日に着たドレスのサイズは7号。 実生活では絶対に有り得ないサイズ
だけど、ドレスと普段のとでは多少違うんですねぇ
着れるかどうかドキドキだったんですが、なんとか着ることができました
でも、これ以上太らないようにしないといけないという警告でもありますので、
気を引き締めていかないと

④最後に撮影
 彼氏さんの反応は・・・お互いにちょっと照れてましたね、なぜか
デジカメで撮ってもいいって言われたので、撮影が始まる前に何枚か
撮りました。これも最後にお見せしますね

撮影は、「左手をもうちょっと上に上げて」「もう少し左に向いて」「ブーケをもう少し上に」とか・・・
モデルさんって大変だなって思いました
一番よく言われたのが
「新婦さん、もうちょっと笑おうか」
自然な笑顔を作るって大変ですよ、みなさん 出来上がりが怖いな





身長が高い私は、マーメードもしくはスレンダーラインがいいなって
思ってたんですが、よっぽどスタイルに自信がないと着れないっていうのが
分かったし、こういったデザインなら気になる下っ腹を隠してくれるし
何よりもそんなに似合わなくも・・・ないような・・・気もしてるので、
今回ちょっと収穫ありかな(自分で言うなって

あっ、それとこの髪型、いっさいつけ毛とかつけてないんですよ 地毛です



Yさんが手書で書いてくれたスケジュール表です。 
挙式2ヶ月前が忙しいっていう意味がこれでようやく分かりました


次回は2月12日。
ドレスの試着をバンバンしてきちゃおうと思います


この長い文章を、最後までお付き合いいただいた方、ありがとうございました



コメント (18)

見学 第2回目≪後編≫

2006年01月27日 | 準備~その他~
前回の続きです

ファミレスを後にした私たちは、その足でブラダルカウンターへ行きました。
私たちを担当して下さるのが、Yさんという女性。
しっかり者のお姉さんという感じ。 この日は、スタッフさんがあちこちの
ブライダルフェアに出向いていて、お店のほうが手薄とのことで、Yさんは
いつもにもましてバタバタしていました。

でも、そんなときでも気にかけてくれて声をかけてくれます。
待ってる間は、ゼクシィやきゃべつ畑などを見たりして、
このドレスどう?」「それはちょっと・・・」「こんなんいいねぇ」「あ、これはぁ?」
とか2人話したりしてたので、そんなに時間は感じませんでした


さてさて・・・。
担当のYさんがやっと落ち着かれ、いよいよ私たちの番

まずはYさんより「見学に行った感想を聞かせてくれるかなぁ?」と
聞かれたので、率直にお答えしました。
で、その中から消去法でここはもう考えてないというのをまずはセレクト
とっさに出てきたのが前回にもお話ししたRレストランさん
ここはすぐに却下でした。(Rさん、ごめんなさい


あとGレストランさん。ここは確かに立地条件はいいし、遠方から来ていただく
方にとってはいいレストランでした。
でもAレストランと比べると、どうしても店内の雰囲気が気になり、気持ちはどうしても
A>R 雰囲気だけでなく、担当してくれる人やなんでも出来そうな広々とした
空間がどうしても頭から離れることはなく、ファミレスでの話し合いやそれ以外のときから
幾度となく名前が出てた「Aレストラン」が最後まで残り、ここをとりあえず仮予約
してもらいました。


実は待ってる間、結婚情報誌を見ていたときに、1箇所だけ気になったレストランがあって
ここで即決で「Aレストラン」にしていいものかどうか・・・。
もうちょっと、比較出来るレストランを見ておいたほうがいいんじゃないかって
ふと思い、確認してもらったところ、夕方からなら見学やお話しは大丈夫とのこと
だったので、急遽1つ新たに見学に行くことになりました

ただ、いつかは決定しなくてはいけないですよね
なので、担当のYさんが「いつまでに決定させるか決めておきましょう」と言われ、
私たちは、これ以上行くレストランもないというのもあったし、ある程度気持ちは
1つのレストランへ傾いていたっていうのもあって、29日(日)に決断を下すという
ことに相成りました

そこで、Yさんがおもむろに・・・。
「29日に、無料でウェディングドレスの試着&ヘアメイク&写真撮影を体験出来るんだけど・・・」
「ウィンさんしてみる?」


わ、Yさん、い、今なんとおっしゃいました?
ど、ドレスの試着と、お、おっしゃいました?

これは、私の心の声 あまりの急な話にウィンは喜びを通り越してビックリ
でもYさんが言うには「今のうちに試着とかヘアメイクを体験して、慣れておく
ことはとても大事よ。撮影のときのポーズとか・・・。それにいろんなデザインの
ドレスを着るのもいい思い出よ」とのこと。

試着とかはまだ先のことだと思っていたので、急に沸いて出た話に、ウィンは
喜びたいんだけど、ビックリしすぎて・・・苦笑い

もちろん、この話しに乗っかっちゃうことにしましたけどね


またまたここでYさんがおもむろに・・・。
「まだ先だけど、3/5に○○マリーナというところで、ロケーションフォト(略してロケフォト)が5000円で
体験出来るのがあるんだけど・・・」
「新作ドレスの試着、撮影、ヘアメイク。デザインアルバム、CD-R、写真入フォトフレームがついているの。 毎回人気ですぐに予約がいっぱいになっちゃうのよ」


ろ、ろ、ロケフォトぉ??
それに、なんか付属のものがいーーーっぱいついているぅ


なんかここまでくると感覚が麻痺してくるっていうかなんというか
にしても、お得だと思いません??

実際にフォトフレームを見せてもらったんですが、これで5000円ですか??
ってなぐらい、とてもよくって、5000円ならお小遣いの範囲で出来るし、
これをウェルカムボードの1つとする人もいるらしいのです
そんなこと聞いたらしないわけには・・・
彼に一応確認して承諾を得たので、これまたすることになっちゃいました


何を隠そうこのブライダルカウンターは、フォトスタジオとドレスのお店が横並び連なっていて、
連携しているのです  それでこういったことが出来るんでしょうね。


一応このあと、急遽決まった見学先に行ってきて、いろいろとお話しを伺ってきたり、
店内を見学したりしてきました。 そして、また2人で会議を実行。

最後のレストランは、正直言ってちょっと良かったんで、悩んだんですけど・・・・・・。

けど・・・第一印象から2人とも印象が良かった『Aレストラン』で行うことに決めました

このことについては、29日にYさんにお話しして、仮予約を正式な予約にしてもらうつもりです。
式の日取りも、2人の中ではもう決めているし、うちの親にも伝え済みです。
あっ、Yさんにも言ってあるわ
彼のほうは・・・多分伝えてくれていると・・・思います
い、一応彼に聞いておこうかな



なので、正式な日取りについては、日曜日以降にお伝えしますねぇ




で、でもかなり進展したでしょ
で、かなり長くなってしまった・・・  最後まで読んでくれた方、ありがとう


コメント (6)

見学 第2回目≪前編≫

2006年01月23日 | 準備~その他~
1/22(日)に2回目の見学へ行ってきました
1回目の見学はこちらをご覧下さい見学 第1回目

第1回目に行ったレストランの略称の訂正です


①Rレストラン。改めGレストラン。と、させていただきます


さてさて・・・、本題へ戻りまして
いっつも余裕を見て、我が家に待ち合わせているんですが、
行く前に何かしら遭遇するのが私たち

この日は、父が新しいスニーカーを2つも今年になってから買っていて、
以前履いていた靴がもういらないというか履かなくなったということで、
「彼、サイズはいくつだ?」とかいきなり聞いてきたんです
「う~ん、来てから聞いてみるよ」で、彼が我が家に到着。

で、バイクで来た彼。バイクが好きという訳でもない父なんですが、
おNewの彼のバイクに興味津々で、延々と彼と話し込み、
挙句の果てにはこの靴の話題にも触れないわけにはいかず、
「・・・ こ、これはヤバイ 見学の時間に遅れる
と、今回行ったRレストランさんへ遅れる旨を連絡  でも・・・・・・まだ話してる

彼には安全運転の範囲内で飛ばしてもらって、なんとかRレストランへ到着
もっともっと余裕を持って、待ち合わせるようにしないといけないな
って思いました


こ、これからが本当の本題です。
(す、すみません・・・。話しが脱線しちゃって


①立地条件 ②外や中の雰囲気など ③担当してくれる方の印象 ④予算 ⑤料理 etc・・・

まとめてみました。今回はRレストランへ見学に行ってきました


Rレストランの場合
①~⑤
ここについては・・・、見た瞬間から言葉には2人とも出さないけど、
「・・・・違うな」という雰囲気が2人には出てたように思います。
なんだろう、料理はおいしかったし、ちょっと離れにある佇まいっていう感じで
よかったんだけど・・・・。なんせ、店内が狭かった
確かに、35名前後ぐらいまでとは聞いてたけど、けど・・・狭かった
(予定人数は40~45名ぐらいなんです)



外にはこんなのがあって、ここはいいなぁって思ったんだけど、けど・・・。


無料でネイルアートまで体験できちゃったりもしたんだけど、けど・・・。
(初のネイル体験 なんか彼に言わせると終始ニコニコ、ニヤニヤしてたそうです)


食後のデザートに、こんなことまでしてくれたりしたんだけど、けど・・・。



けど・・・・・なんせ店内が狭かったし、ちょっと好みじゃなかった


そんなこんなで、引き菓子やプチフラワーまでいただいて帰ったあとは、ファミレスに寄って、
ブライダルカウンターへ行く前に、2人で会議を開きました
私が書き出した『こんなことやりたい』リストを見せたり、とりあえず
今まで行った3つのレストランの中で、総合的に見て順位をつけるとしたらどうなるか・・・。

ある程度考えがまとまり、いざブライダルカウンターへGoーー


ブライダルカウンターからのお話しは、また後日
なんだか、長くなっちゃったので でも…かなり進展しましたよ



コメント (12)

広島平和記念公園

2006年01月20日 | お出かけ
日曜日、ライブで広島に行ったときに、私たちはこんな場所へ
ライブが始まる前に行ってきました。


広島平和記念公園です。
この年齢になって初めて訪れたこの場所。
皆さんは行かれたことはあるでしょうか? あの広場で8/6、平和記念式典が
行われているんだなぁと、ちょっと見入ってしまいました。


原爆死没者慰霊碑です。


「安らかに眠って下さい。 過ちは繰返しませぬから。」












広島平和記念公園のHPに(ぜひ、見てみて下さい。説明もありとても分かりやすいですよ。)
でも、この碑のことが載ってないような・・・。なんなんだろう・・・。
千羽鶴の数と黄金色の折鶴が平和な世界を願っているように思えてなりません。







原爆ドームです。
②のほうを改めて見ると、後ろの現在のビルと原爆ドームの跡。
忘れてはならない、こういったことが二度と起きてはならないのだと
本当に思い知らされる光景となりました。

平和記念資料館は・・・、今回は見送りました。
見る勇気がなかったのです。正直、ちゃんと直視できるかどうか・・・、
多分出来なかっただろうと思います。

ちょこっとですが、HPでも見れるようです。
・・・・・・・胸が詰まる思いがしました。



コメント (2)

My Game is ASKA in広島

2006年01月15日 | お出かけ
ただ今広島から帰って参りました、ウィンでぇーす


どこへ行ってきたかというと・・・うふふ 
何を隠そう、ASKA氏のソロLIVEでございます

あ~、この日が来るのを待ちわびておりましたぁ

彼と高速を使って行くこと、正味2時間ぐらいで広島へ到着。
彼とはこれが初LIVEになります

LIVEだけでなく、せっかく広島へ来たということで、ちょこっと
とある場所へ行ったりしましたが、これについてはまた後ほど…。


はぁ~、素敵なLIVEでございましたよぉ
今回は終始バイオリン演奏があったりしたので、それが余計に大人の
雰囲気を醸し出していました。


おぉーーーっと、忘れていたよ これが行った証拠



広島厚生年金会館です。


ツアートラックです。シンプルでかっこいい



話を戻そう

LIVEは約2時間40分ぐらいで、二人の時やASKAさんのソロLIVEでは
珍しく、アンコールまでもありました。

1曲目から私は完全にノックアウト
もう、私の大好きな曲で泣いてしまいましたよ
ASKA氏、あれはズルイですぅ

今回のLIVEは「SCENEⅢ」というアルバムを引っさげて行われているので、
選曲はどちらかというとバラード系が多かったかなという印象。
そこに今回はバイオリンが入っていたので、今までのソロLIVEと違い、
先ほども書いたように、かなり大人の印象を受けました。

私の「やられたぁ」という箇所は、1曲目「君が愛を語れ」
と中間頃の「月が近付けば少しはましだろう」、終わり頃の「心に花の咲くほうへ」
挙げるとするとこの3曲が今回のLIVEでの私のポイントになった曲だけど、
でも、どれもどれも素敵で、やっぱりこの人の歌唱力というのは、生で聞いた
人でないと味わえないけれど、ほんとに凄いにつきます。

あ~、やっぱりファンはやめられないですわ


最後に購入したグッズたちをどうぞ・・・。





正面からと横からのショッピングバックです。
いつもはビニール素材なんだけど、今回は丈夫そうな大きめのバックでした。



パンフレット
まだ中身は見ていません あとで一人で見て、一人でニヤける予定


卓上カレンダー
これは早速中身を見て、一番お気に入りの写真を1月の表紙に持ってきました。
しばらくはニヤけそうです


言葉ではなかなか感じた全てを言い切れないけれど・・・、
ASKAさんは、やっぱり最高ですっ



ふぅ~、何とかその日にできたわ
いい夢が見れそう・・・

Kクンも今日はお疲れ様でした
Kクンなりに何かを感じてくれたLIVEだったら嬉しいな



コメント (9)

初詣 -おまけ-

2006年01月14日 | お出かけ
ここ、最上稲荷はこんなキャラとコラボレーションしています。







岡山の人は誰もが知っているキャラクターです。
名前は
OH!クンと言います 空、飛んでます
彼は「お~、お~」としか言いません(私の知っている限りでは





さらにアップでOH!クンです。
最上稲荷のお守りにもなったりします。
昨年の持ってますが、今年のは・・・あんまり柄とか・・・かわいくなかった
ので買うのはやめました
この子の所属先はフジテレビ系列の岡山OHKテレビです。
コマーシャルに出たり、本が出たり、CD出したりと、結構地元では
有名人?です


みなさんの地元にもこういった地元ならではのキャラクターって
いませんか?


コメント (6)

初詣 -続き-

2006年01月13日 | お出かけ
初詣の続きです。



最上稲荷の本殿まで来ました。
隙間がないほどの人だかりかと思っていたのに、
意外と…こんなもんですかねぇ

そうそう しっかりと願い事を神様に言わなくっちゃ
パンパン

ちゃんと私たちの願いが届いたでしょうか



全体像です。…って端っこ切れてるじゃん



お守りを買いました。
お財布に入れておける、「交通安全・身体健康」のお守りです。



おみくじを引きました。
「吉」と「凶」。果たして、どっちが私でどっちが彼でしょう??



絵馬に願い事を書くウィン。
願いはひとつ。「幸せな結婚式が挙げられますように」・・・



「宜しくお願いします



何を想う、ウィン・・・。


今日は午後から仕事のウィンですが、彼は朝から普通に仕事です。
なのに昨日は深夜12時すぎまでいろいろ、いろいろ・・・話してました。
昨日、ちょっとだけ気分が沈んでたんですが、彼の声を聞いただけで、
ちょっと・・・いや、かなり元気をもらいました。

彼に・・・少しは元気あげられたかな??


その代わりに、自分の考え出したら止まらない性格etc・・・。
まだまだ昨年と同様、付き合っていかないといけないなって改めて痛感
しました

でも・・・・・・・自分のために、彼のために。そして2人の為にも、
もっともっと強くならなきゃって思います。

コメント (6)

初詣

2006年01月11日 | お出かけ
1月1日 元旦に彼と二人で初詣に行ってきました
昨年、祖父が亡くなったので喪中なんですが、家族で朝一に地元の神社へ、
それからそのあと彼と初詣に行ってしまいました
細○○子さん的には、我がファミリーはアウト・・・かな
おじいちゃん、ごめんなさぁーい



まぁー、そうはいってもすでに行ってしまったので、2回ぐらいに分けて写真で
ご紹介していこうと思います。
行ったのは、日本三大稲荷の1つでもある「最上稲荷」です。


右のほうに見える鳥居が大きくて、遠くからでもかなり目立ちます。


もっと車が並んでいるかと思ったけど、
そうでもなかったなぁ。一応、行ったのは元旦で有名な場所なのにな



デジカメでいろいろ撮影しているうちに、人ごみからかなり離れてしまいました
後姿で初登場 ウィンでございます



そして・・・、影のみで初登場 私のダンナ様になるKクンです



ここから入っていきました。
見てのとおり、人が・・・そんなにいないですね
何度も言うようですが、この日は元旦です


最上稲荷の本殿がちらっと見えてきました。


何度も言うようですが、行ったのは元旦です
それも岡山ではかなり賑わう最上稲荷です
ほんとに思ったより人が少なくて、ちょっと拍子抜け





今回はここまで
続きはまた次回。


コメント (4)

見学 第1回目

2006年01月09日 | 準備~その他~
今日は成人の日ですね。今からさかのぼること・・・・・年前。 お、恐ろしいぃ~
そんなに経つのね

でも、昨日各地方では成人式が行われていたようで、着物姿の若い子をたくさん
見かけました。


昨日、彼と初めて見学というものに行ってきました。
まず私たちは、ホテルとか専門式場ではなくて、レストランでのウェディングを希望。
ブライダルカウンターの担当の方と昨年にいろいろと話し合いながら、
何箇所かに絞ったうちの2件、昨日は行ってきました。

Rというレストランと、Aというレストランです。
行ってみて、それぞれを大雑把ですが、このように比較してみました。

①立地条件 ②外や中の雰囲気など ③担当してくれる方の印象 ④予算
⑤料理
etc・・・

それがこちら・・・↓




Rレストランの場合
①最寄の駅からも近く、駐車場も10台は無料で大丈夫とのことで、
 分かりやすい場所にあり。特に問題なし。

②外→後楽園が近くにある。岡山城が見えたり、石畳が見えたりと、
   名古屋からの列席者が多い私にとっては喜んでもらえそう。
 中→落ち着いた感じ。受付の場所、新郎新婦が座る場所、ゲストの方たち
   が座る場所なども、特に問題なし。 ただ、ゲストの用のクローク
   がない、新郎新婦の控え室があるにはあるが、親族がもし使用するとなると、
   一緒の部屋になる。で、そこがゲストのクローク代わりにもなる。

③行く前にちょっとバタバタしてしまって、予定時間には行けそうになかった
 ので前もって電話したときには、とても穏やかな優しい印象を受けました。
 話した感じでもその印象は同じでした。
 ただ、名刺を見たときに肩書きが「販売」となっていて、きっとブライダル
 担当ではあるけれど・・・、大丈夫かなっていう不安が少々
 「受付はここで、お2人はここで・・・」など、おおまかな流れも説明して
 下さいました。


④Rさんの場合は、料理とフリードリンクが単価×人数と控え室料のみで
 ざっと見積もってくれました。 特に部屋代とか持ち込み料などは
 かからないとのこと。
 ですが、ここまでで あとはブライダルカウンターさんなどに
 聞きながら全て自分たちで用意しないといけない。でも、打ち合わせなどは、
 ちゃんとこちらでお願いしたところとしてくれるし、私たちも参加できますが、
 ブライダルカウンターの担当の方に聞きながら果たして二人で出来るのかどうか・・・・
 これについては未知の世界なので、かなり不安な要素です

⑤料理は、以前食べていたので味は何となく分かり、レストランということも
 あり、心配はしてません。 いろいろな面で融通が利くことも分かったし、
 これは特に問題なし。




Aレストランの場合
①最寄の駅からはちょっと遠い。遠いとは行っても駅からは、車やタクシーで10分ぐらい。
 名古屋からの列席者にはタクシーを使用してもらうようになる。
 地元の人は、車がたくさん無料で駐車出来るところなので、問題はなさそう。

②外→思いっきり道路に面しているのが少々気になる。
 中→ブライダルカウンターへ行ったときに少し見させてもらった写真で
   なかなかいい印象を2人とも持っていたが、入ってみるとやっぱり
   それは揺るがないものとなるぐらい、店内の照明やその外・・・
   Gooー それにうちの両親ズの好み・・・かもしれない
  
③とてもハキハキ、キビキビと動く話す方で、なんか頼りになる「アネゴ」
 タイプ 未知の世界のことだけにとても頼もしい存在。
 名刺には「ブライダルマネージャー」とあり、Rレストランとは違い、専門の人のよう。
 「ここに二人は座って、ここが控え室で、ここを通って・・・」
  など、も楽しく順を追って説明して下さり、2人にとってはなかなかの好印象。
 2人が行っているブライダルカウンターの担当の方とも仲がいいとのことで、
 最強タッグのもと準備などが進めていけそう


④Rレストランとは違って、式を全てプロデュースしてくれるので、おおよそ
 だけど、見積もりも出していただき、用紙もいただきました。
 やはり総合的に全てをプロデュースしていただけるので、こまごましたところはそうでも
 ないんだけど、部屋代とかサービス料とかが別途かかり、これがちょっと
 Rレストランに比べるとお高くつくかなといった印象。
 でもこちらの要望は当然聞いて下さり、自分たちが望む式が挙げられるのは
 Rレストランと変わらない。

⑤ここのレストランでは食べたことがなかったので、私と彼はそれぞれ
 をいただくことにしました。
 まぁー、当然洋食なんですが、おいしかったです。
 こちらも料理についてはいろいろと融通が利くようなので、特に問題はないかな。


このあとは、彼といろいろとあ~だこ~だ言いながら話し合いをしてたときに、
ふと大変な事実に気付いた私
その1見積書には、名古屋からの列席者のお車代や宿泊代が当然含まれていないこと

その2着物は絶対着たいと前々から言っていたので、これもAレストランには伝え済み。
     なのに着物に関わる、着付けやその他の費用を見積に入れていただくのを忘れていたこと

その3我が家の愛しの2ワンと前撮りをしたいのに、すっかりとその存在を忘れていたこと


この上記3つがない状態で、私たち2人が考えるてる予算にピッタリっていう
感じで、『おぉ~ いい感じじゃん』って思ってたのに、はぁ~ 一番大事なことを忘れていて、
それも予算内に納まらないときた

ここから2人でまたあ~だこ~だと言い合い・・・・・もとい延々と話し合いが始まりました。

どうあがいても、納得のいくウェディングをしようと思うと、二人が考えている
予算はオーバーするのは必然的かもしれません。

母はこの日のために「ブライダル貯金」みたいなことをしてくれていて、娘を
送り出す母の気持ちとして有難く受け取っておこうと思ってます。

極力は2人で頑張っていきたいから、母からのは使わずに貯金しておこうと思いますが、
ちょっとばかし、手をつけないといけないかもって思ってます。

それについても、彼と延々お互いの気持ちを話し合いました。
なかなかお互いの意見が噛み合わなくなってくると、決まって私がダンマリを
決め込んだり、黙秘権を使ったり、スネたりして(まるで子供みたいだな、私
・・・・・・多分、私がこうなると手がつけられなくなるって分かっているみたい
で、結局のところ、この件についてはいい方向に進んでいけるのではないかと
思います



この2つのお店だけだと、総合的にいい悪いは別として、Aレストランのほうが
いいかなぁって思ってます。
あと22日にもう1つ、見学に行ってくるので、そこが終わり次第、ブライダルカウンターへ
行って、担当のY氏にいろいろご相談しようと思ってます。

昨日も見学が終わる頃を見かねて、Y氏が電話をくれました。
その配慮、とーーーーーっても嬉しいし、味方がいることに安心感を覚えました。




こうやって、思い出しながら整理していくことが出来るブログは、やっぱりいいですね
頑張っていかなくっちゃ



コメント (7)

手作りアイテム

2006年01月06日 | 準備~その他~
少しでも予算を抑えるために、納得の行くウェディングを挙げるため、
少なからず「手作りアイテム」を取り入れる人って多いと思いますが、
皆さんはどんなものを手作りしましたか?

まだまだ準備も何も、会場や日取りすら決まってないウィンですが
こういったものをよく手作りする人って多くないですか?


①リングピロー(←これは母君が作ってくれると言ってくれました
②ウェルカムボード(←これは…、頼もうかな 皆さんはどうされた、もしくはどうされますか?)
③招待状
④席次表
⑤テーブルに置く、参列者一人一人の立て札?みたいなやつ
③~⑤は、を駆使して、なんとか手作りでしようかなって思ってます。)

ざっと思いつくのはこんなもんなんですけど、他にこんなのを手作りしたとか、
こんなのを手作りしてとても喜ばれたとか…。
こんなのを手作りしようと思っているとか、今現在、作っているとか…。

皆さんのご意見をお伺いできたらいいなって思いますので、
ぜひぜひアドバイス、コメント、宜しくお願いします
コメント (11)   トラックバック (1)