POG勝ち組への道!!

主催POG『第9回楽燕カップ』のドラフト終了!
年明けからは一般トライアルも!

第7回楽燕カップ ドラフト回顧~キャリコ編~

2017年06月12日 12時00分00秒 | 第7回楽燕カップ ドラフト2017-18

キャリコさんの指名馬はこちら。

 

 

 

 

●プロフィール

東京在住の30半ばで2歳の娘にメロメロパンチです。

(親になってアンパンマンの偉大さに気づきました)

競馬歴は20年ぐらいですがPOG歴は5年ほどで、まだまだ勉強中です。

HNは馬名からではなくて、三毛猫を飼っているからです(笑)

  

 

●好きなジョッキー

的場均

いぶし銀のような方が好きです。

 

 

●好きだった馬

グラスワンダー、エルコンドルパサー、サイレンススズカ

 

 

●指名根拠

血統、厩舎、馬主、馬名、調教を吟味しふるいにかけて指名するスタイルです。

好みでない厩舎、馬主、厩舎×性別の組み合わせは指名することはありません。

あとディープが活躍していた時期に競馬を離れていたからか、ディープを軽視する傾向があります。

 

 

●今年度のドラフトの戦略、テーマ

昨今、ノーザンファームと社台ファームの格差が目に見えて広がっていくばかりと感じていたので、

社台ファーム産を全てオミットしたらどのような結果になるかというコンセプトのもと指名しました。

また馬の成長に合わせる厩舎を判明している限り外してみました。

 

 

●1~16位までの指名馬と指名理由 

1順目 

馬名:タニノフランケル
父:Frankel
母:Vodka
性別:牡
厩舎:栗東・角居勝彦厩舎
馬主:谷水雄三

せっかく楽燕カップに参加できたのだから、何かインパクトを残したいと思い本馬を。
 
競合かと思いましたが、牽制が効いたかな(笑)

まず目を見張ったのがその雄大な馬体。

母ウオッカも2歳時に2歳馬離れした馬体でしたが、本馬も負けず劣らずです。

Galileo×Danehillのパワーに長けた父とCaro×Riverman×Princely Giftの柔らかさを持つ母の
 
組み合わせは日本の馬場にも適しているはず。
 
もちろんFrankelの牡馬が走っていない、ウオッカの産駒が晩成傾向の懸念材料はありますが、
 
超大物に相応しい背景がこの馬にはあると思っています。

既に入厩済でゲート試験→放牧→秋の阪神デビューでしょうか。

目標はもちろんダービー!!ですが、本格化は古馬になってからかなと予想します。
 
 
 

2順目

馬名:ダブルフラット
父:マンハッタンカフェ
母:アガルタ
性別:牡
厩舎:栗東・角居勝彦厩舎
馬主:金子真人HD

数年前に社台SSを見学した際、愛嬌が良く和ましてくれたマンハッタンカフェ。

それ以来のマンカフェ好きからどうしても欲しかった本馬を2位で指名するという無謀な策にでました。

みなさんが5~6位ぐらいで狙っていた馬を2位にするのはダメですよね、反省です。

強調材料は何と言っても金子真人オーナー。

マンカフェ×金子オーナーはシャケトラ、イモータルと相性抜群。

さらに2016産でも母マンドゥラを購入する熱の入れようです。

スピードがあるとのコメントもあり既に入厩済、夏競馬デビューもあるでしょうか。

マンカフェ×ミスプロ系に大物はいないものの、確実性は高いと思っております。

2勝+重賞入着は固いと思っております。
 
 
 

3順目

馬名:フランツ
父:ディープインパクト
母:ロベルタ
性別:牡
厩舎:栗東・音無秀孝厩舎
馬主:近藤英子
 
血迷った2順目から焦り、ノーザン産のディープを指名しなくてはと思い本馬。
 
アドミラブルがあと一歩でダービー制覇というところまできたので、
 
近親の本馬には調教師やオーナーの期待も大きいでしょう。
 
音無調教師も来年のダービーを期待している馬として名前を挙げていました。
 
もはや母系が何でも走るディープですが、母父ブライアンズタイムだとパワーよりに出る模様。
 
ホープフルSや雨の降った皐月賞なんてぴったり。
 
懸念は兄よりは大きいとされる馬体重。
 
最低470ぐらいでデビューしてほしい。
 
 


4順目

馬名:トーシンゴールド
父:ハーツクライ
母:カサブランカスマイル
性別:牡
厩舎:栗東・佐々木晶三厩舎
馬主:サトー
 
POGや一口での相性の良さから大好きなハーツクライ。
 
牡馬のエースと思われたジンゴイストがボーンシストのため、スケール感溢れるハーツクライが欲しくて本馬を。
 
初ジャンケンでランディさんとの一騎打ちを制することができました。
 
逞しい馬体はさすが千代田の1番馬と言われている存在。
 
(でも千代田さんは去年吹いた馬が・・・)

ただ大型馬特有の仕上がりの遅さは気になります。
 
調教師も秋からを明言しており、POG期間にどこまで活躍できるでしょうか。
 
ヘイロー3×4が上手く作用し、京都新聞杯→ダービーを夢みます。
 
 
 
 
5順目

馬名:キープシークレット
父:ダイワメジャー
母:ウーマンシークレット
性別:牝
厩舎:栗東・矢作芳人厩舎
馬主:シルクレーシング
 
余っていたからとソシアルクラブを指名するものの、方向転換は神が許してくれなかったため
 
本来指名したかったこちらを。
 
シルク会員であるにも拘わらずシルクを信用していない自分。
 
(シルク会員だからこそか・・・)
 
クラシック活躍馬が出るとしたら他のお下がりでない繁殖牝馬、そして牝馬からと思っております。
 
母は世界的名血でダイワメジャーとの組み合わせも良さそう。
 
馬格も十分で、調教師も大エースの代わりに気にかけてくれるでしょう。
 
ただ妹がサンデーRなのは気になりました。
 
(シルク→サンデーR=シルクには???馬、サンデーRには走る馬)
 
既に入厩済で中京デビューを目指しているとのこと。
 
自分より数倍愛着を持っているシャーパーさんのためにも走ってほしいです。
 
 


6順目

馬名:ロックディスタウン
父:オルフェーヴル
母:ストレイキャット
性別:牝
厩舎:美浦・二ノ宮敬厩舎
馬主:サンデーレーシング

今年のメジャーエンブレム、アエロリット枠。

母は高齢ながらも晩年にステイゴールドとの組み合わせでOP馬2頭を排出。

それ以前にもダガノエリザベートなど牝馬に優秀な産駒を出しています。

既にゲート試験に合格済で夏からの始動でしょうか。

クイーンC→桜花賞→オークスと王道を進んでほしいです。
 
 


7順目

馬名:アリストライン
父:ハーツクライ
母:アディクテド
性別:牝
厩舎:栗東・高野友和厩舎
馬主:キャロットファーム
 
ヌーヴォレコルトに続きリスグラシューを出すなど牝馬でも活躍馬を排出するハーツクライ。
 
ハーツ牝馬でも1、2を争う評価をしていて、ヒッポリトさんとの一騎打ちを制することができました。
 
兄も重賞馬になり2年空けての3番仔で万全の態勢でしょう。
 
遅めの始動かと思われましたが至って順調で、秋の京都デビューかと思われます。
 
2016産もハーツクライなのが心強いですね。
 
チューリップ賞→桜花賞→オークスといってほしいですね。
 
 
 
 
8順目

馬名:(未定)
父:ロードカナロア
母:クィーンズバーン
性別:牡
厩舎:栗東・浅見秀一厩舎
馬主:林正道
 
母はスペシャルウィーク産駒で阪神牝馬Sを勝ちました。
 
その初仔になり、やや小ぶりなものの、全体的にバランスがよく聡明な顔立ちをしています。
 
岡田牧雄氏にも距離の持つロードカナロアだと褒められていました。
 
ステルヴィオも距離は持つと言われていますし、似たようなタイプと期待しております。
 
9月の阪神開催デビュー予定で、朝日杯を目指してほしいですね。
 
 
 
 
9順目

馬名:アドマイヤツルギ
父:オルフェーヴル
母:リュシオル
性別:牡
厩舎:栗東・須貝尚介厩舎
馬主:近藤利一
 
オルフェーヴル牡馬で配合が好みだったのが本馬とショーンガウアー。
 
どちらも残っていましたが(想定外にも)厩舎実績のあるこちらを指名。
 
母リュシオルの産駒は結果が出ていませんが、ヒシアマゾンと同系の名牝系で
 
いつ爆発してもおかしくないと思っています。
 
毛色や体の作りがオルフェーヴルに似ているところも好材料です。
 
(シンハラージャも似てますよね)
 
母父クロフネからややパワー型に出るでしょうから、ホープフルSや京成杯を目指してほしいですね。
 
 
 
 
10順目

馬名:カシアス
父:キンシャサノキセキ
母:ラブディラン
性別:牡
厩舎:栗東・清水久詞厩舎
馬主:カナヤマホールディングス
 
元々下位で必ず指名すると決めていた1頭。
 
この順位で指名した理由は栗東坂路 16.2-14.1-12.8-12.2 助手 末強めを見たからです。
 
しかしあまり注目されるわけでもなく、その後の調教がさらによくなるわけでもなく、
 
また早計指名をしてしまったとやや後悔です。
 
血統的には祖母ピュアグレインがミルグレインと姉妹で、
 
本馬の組み合わせはファイングレインと相似となり期待が持てます。
 
馬格も短距離向きで、函館2歳~京王杯2歳を期待しております。
 
 
 
 
11順目
 
馬名:モルトアレグロ
父:Speightstown
母:Mo Chuisle
性別:牝
厩舎:美浦・武井亮厩舎
馬主:吉田千津
 
まだ大丈夫だろうと高を括っていたら報知ブログで紹介され4人重複で見事にジャン負けしたスワーヴエドワード。

外国産馬狙いの方が多いのでそろそろあぶないと危機感を持って指名したのが本馬。

Speightstownの勝ち上がり率に目を付けdskさんのPOGで指名したのですが、
 
入厩後もリエノテソーロと互角の動きをしていて期待大です。

武井調教師は歯に衣着せぬ発言をするので好感が持てるのですが、
 
そんな調教師からエーデルワイス賞まで負けない発言をされたら指名しないわけにはいかないでしょう。

リエノテソーロの二番煎じ感はあるものの、エーデルワイス賞と少しだけ全日本2歳優駿を期待します。
 
 
 
 
12順目
 
馬名:マイネルグリージョ
父:ブラックタイド
母:フローラルジュノー
性別:牡
厩舎:美浦・相沢郁厩舎
馬主:サラブレッドクラブ・ラフィアン
 
マイネル軍団からも1頭指名したいと思い、近親にマイネルフロストがいて狙った配合の本馬を指名。
 
調整過程も悪くなく先を見据えた競馬をと思っていたものの大惨敗。
 
騎手は「まだ緩い」調教師は「十分乗り込んだ」と意見がチグハグで、
 
これは開幕週にして終わった感が半端ないです(笑)
 
もう少し直前コメントを確認してから指名しなければいけないですね、いい勉強になりました。
 
まさかの1勝でもしてくれたら儲けものです。
 
 
 
 
13順目
 
馬名:タフチョイス
父:ハードスパン
母:パーフェクトチャンス
性別:牡
厩舎:(未定)
馬主:(未定)
 
ギルトエッジいつ指名しようかなと悩んでいたところで、
 
同じウインドインハーヘア一族のレイデオロがダービー制覇。
 
嫌な予感がして指名したらジャンケン負け。
 
14順目でノヴェリスト指名しようと思って躊躇していたので仕方ないですね。
 
そんな困った時に思い出したのが本馬。
 
もちろん知ったきっかけはdskさんですが、POG本で筋骨隆々の馬体が
 
光り輝いていたので素直にかっこいいと思いました。
 
見るからにダート馬だと思うので全日本2歳優駿!!と言いたいところですが、
 
期間内ダート2勝でも十分満足です。
 
 
 
 
14順目
 
馬名:ブラックジルベルト
父:ノヴェリスト
母:ラッシュライフ
性別:牡
厩舎:栗東・安田隆行厩舎
馬主:安原浩司
 
馬名がかっこよくて気になっていたのですが、よくよく調べると兄に重賞馬がいてなかなかの良血。
 
父ノヴェリストは欧州系の緩さが残る馬だと思うので、
 
母に入っているノーザンテーストとデインヒルが引き締めてくれるのではないかと思っています。
 
馬主さんも少ない頭数かつ非社台からシュウジやアディラートを引き当てる、所謂もっている方。
 
遅そうなら回避しようと思っていましたが、スピードもあり早期デビューを目指しているとのこと。
 
どんな馬になるか想像つきませんが、重賞戦線で活躍してくれたらと思っています。
 
 
 
 
15順目
 
馬名:アルムフォルツァ
父:ハーツクライ
母:タガノスティード
性別:牡
厩舎:栗東・五十嵐忠男厩舎
馬主:崎川美枝子
 
1頭は取りたかったタガノ馬、何頭もいる中から赤本で1番期待されていると思ったのが本馬。
 
母は白老ファーム生産馬でファンシミン系のそこそこ良血、
 
そしてDanzigやノーザンテーストが引き締めてくれるのでハーツクライとの相性も悪くなさそう。
 
他にも早いタガノ馬がいるのはわかっていたのですが、
 
やはりタガノと言ったら五十嵐厩舎、一発長打を狙ってみました。
 
遅いのは承知の上で期間内2勝とかしてくれたら嬉しいです。
 
 
 
 
16順目(エクストララウンド)
 
馬名:(未定)
父:シニスターミニスター
母:ペガサスゴールド
性別:牡
厩舎:吉村圭司
馬主:吉川ホールディングス㈱
 
エクストララウンドのルールが決まった時からこの馬を指名しようと決めていました。
 
母はスタチューオブリバティから重賞2着馬カシノピカチュウを出す優良繁殖。
 
「一つ勝つのが目標ではなく2勝以上できる素材」と牧場側も強気な発言、
 
ならそれに乗ってみようではないでしょうか(笑)
 
ダートで2勝以上を期待です。
 
 
 
 
 
 
●数字的目標
 
・重賞馬1頭以上
 
・Aクラス入り
 
・(既に半分以上諦めているが)全馬1勝以上
 
 
 
 
 
 
●指名馬で期待している馬ベスト5
 
1位:ダブルフラット(2位指名)
 
2位:ロックディスタウン(6位指名)
 
3位:母クィーンズバーン(8位指名)
 
4位:アリストライン(7位指名)
 
5位:キープシークレット(5位指名)
 
 
 
堅実に走ってくれるであろうという期待を込めています。
 
この辺が走ってくれないと来期参加できない気がする(笑)
 
 
 
 
 
 
●最後まで迷った馬(指名されてない馬で)
 
ビコーズオブユー(ダイワメジャー×アンシャンタン)
 
ノースヒルズ×中竹厩舎の黄金ラインで注目していたのですが、
早期からと言っていたのに馬名が登録されず見送り。
その後確認したら既に調教している???
 
 
 
クイーンギムレットの15(ロードカナロア×クイーンギムレット)
 
馬体がかっこよく注目していたのですが、一頓挫あって調整が遅れているため回避。
将来的には走ってくる気がします。
 
 
 
ラシャルマンテの15(ダイワメジャー×ラシャルマンテ)
 
石坂厩舎の牝馬として本馬を狙っていたのですが、いかんせん情報が何もない。
dskさんすら掴んでいないのなら指名見送りが妥当かと思いました。
 
 
 
 
 
 
●自分以外の人で優勝争い予想
 
◎ヒッポリト3号さん
 
○メタボファイヤーさん
 
▲マクベインさん
 
△PIROさん
 
×スワロウテイルさん
 
 
 
 
 
 
●今回の自分のドラフトに点数をつけるなら
 
75点。
 
いかんせんドラフトが下手すぎて猛反省です。
 
経験のなさからくることなのでしょうが・・・
 
欲しい馬は取れたと思っていますが、それも自己満指名が多くなったんじゃないかと大変不安です。
 
(マクベインさんの指名コンセプト欄の言葉、心に染みました)
 
来期参加できるようならもっと考えないといけないと心に誓いました。
 
 
 
 
 
 
●ドラフトの感想
 
大変楽しい時間を過ごすことができました、ありがとうございます。
 
 
そして来期の自分へ
 
もっとディープを取れ!!リーディング種牡馬だぞ!!
もっとミーハーになれ!!じゃないと上位にいけんぞ!!
 
 
 
運営のスワロウテイルさん、マクベインさん、M-GALEさん、愚零闘武多さん、BUMPさん
 
ありがとうございます。
 
みなさま今年1年よろしくお願いします。
 

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 第7回楽燕カップ ドラフト... | トップ | 第7回楽燕カップ ドラフト... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (マクベイン)
2017-06-14 16:01:08
初めての楽燕カップドラフト、お疲れさまでした。

それと、指名コンセプトで偉そうなことを書いてしまい、
申し訳ありませんでしたw

私はペーパー馬主が用意する指名順位の高さは、
リアル馬主で言えば購買金額の高さに相当するだろうと考えていますので、
指名順位はかなりシビアな考えを持っています。

・・・勿論、そのせいで好みの馬を他の方に
さらわれていくことも多々あるのですが、
楽燕カップでほしい馬を全てゲットできるわけもないので
ある程度の割り切りは必要、と思っております。

キャリコ様の指名馬は独自路線に見えて、
実は上位に大物感のある牡馬が並んでいて楽しみですね。
来年の春、お互い笑ってシーズンを終えられることを期待です。


・・・そういえば、キャリコ様が出走権を得られる前に
「ピラミマでじゃんけんしましょう」と言っておきながら、
結局どっちも指名しませんでしたねw
牝の石坂厩舎ですし、怖いですよね~
Unknown (キャリコ)
2017-06-14 17:32:06
マクベインさん>

コメントありがとうございます!

偉そうなことだとは思っておりません、むしろ全くその通りだと思いました。

自分は気になった馬がいるとそこにしか目がいかず、全体を見渡す能力に欠けているなとつくずく感じました。

昨今のダービーの結果を見ても、デビュー前からそれなりに注目されていた馬が結果を出していますし、そういう馬たちをきちんと上位で指名するのがPOG上手な人だと今は思っております。

自己満で終わらすのは楽ですが、結果を求めないと次の期へのモチベーションも下がってしまいますしね。

成績はマクベインさんの足元にも及ばないものになるとは思いますが、何とか参加権は確保して来期も一緒に楽しめればと思っております。

ピラミマはそうですね、ぶっちゃけ他のクラブや個人馬主なら指名していたと思いますが、やはりシルクは信用ならんのでww

早速、自分の5位指名のキープシークレットがひどい調教で、気分がすぐれないですww
Unknown (スワロウテイル)
2017-06-14 22:47:26
ドラフトお疲れさまでした!
参加する側からの楽燕カップはどうでしたか?

指名馬を見て思うのはまずはディープ産駒の少なさ!
一見近年の結果を見ると無謀なようにも見えますが、マクベインさんも書かれてるように、他でカバーできてるように思います。
個人的にはオルフェ産駒2騎が大物っぽいと思いますし、ハーツ産駒3騎も長打がありそうです。
個人的にはそろそろシルク来ると思ってるので(キャロットも数年前はサンデーの2軍とか言われてましたが、今となっては本家を凌駕するくらいにまでなりましたし)、その辺りがどう出るかですね!

キャリコさんは去年から掲示板を盛り上げていただき本当にありがたいと思ってます!
一年間宜しくお願いします!

個人的注目馬ベスト3
1位:母ストレイキャット
2位:母アガルタ
3位:母カサブランカスマイル
Unknown (キャリコ)
2017-06-15 10:06:44
スワロウさん>

コメントありがとうございます!

去年は外から気楽にドラフトを見させてもらいましたが、いざ参加すると見えないプレッシャーが襲ってきますね(笑)

もちろんとても楽しい2週間でした!

出だしから暗雲立ち込めているので、気負わずトライアルなり運よくAクラスなりで来期も参加が叶えば十分かと思っております。

シルクにはもちろん期待はしているのですが、なかなか結果が伴わず、内情が詳しい分より信じられなくなっておりますww

今から入るのだったら細く長く楽しめるノルマンディーをお薦めしますよww

掲示板ももっと盛り上げたいとは思っているのですが、ネタを提供するのがちょっと苦手で(笑)

なんでも拾うんで、みなさんで一緒に盛り上げていけたらと思っております。

完全に 楽燕カップ>仕事 なんで(笑)、楽園カップが続く限り参加を希望していきますよ!!

よろしくお願いします!
Unknown (PIRO)
2017-06-15 12:42:05
マクベインさん、キャリコさん>

そのピラミマを指名しちゃったものです(笑)
お二人が指名してないのが、とても不安になってしまいますw

キャリコさんとは同年代+娘も同年代で親近感が♪
アンパンマンには勝てないですよね・・・娘に毎日アンパンチされています(笑)
Unknown (キャリコ)
2017-06-15 13:22:09
PIROさん>

コメントありがとうございます!

ルナステラを指名しているPIROさんには失礼な感じですよね、ごめんなさいm(__)m

血統、厩舎は申し分ないので、普通に活躍してもおかしくないと思っています。
(自分のブログでも募集前は桜花賞に出るであろう逸材と評価しました)

ただシルクが価格は上がる一方で結果が伴わないところに、もどかしいと言うか、嫌気がさしているというか・・・一口目線で指名しなかったと思ってくださいw

アンパンマンはほんとにすごいですよね!!

困ったらとりあえずアンパンマン、野球選手で例えるなら西武の牧田ですかねw

おかげでキャラクターもだいぶ覚えてしまいました、アンパンマン王選手権とかあったら出てみたいくらいですww

Unknown (マクベイン)
2017-06-15 20:17:39
PIRO様>

ピラミマが欲しくなかったとかそういうことは全くありません!

むしろ私を含めほとんどの方が牝馬では指折りの存在だと
考えておられるのではないでしょうか?
少なくとも私には不安要素は見当たりませんでした。

今年の1位では牝馬の指名が1頭しかなかったので、
多分2位では牝馬の重複祭りになるのではと思い
ならば、牡馬を単独指名で獲ろうかな、との判断でした。

スターアイルやサロミナもかつての指名馬の下で
凄く欲しかったのですが、念願の牡馬クラシック
制覇のため、自分なりの覚悟を示したつもりです。

…実のところ裏切った天罰が下らないかどうか、
今から震えが止まらないのですがw
Unknown (PIRO)
2017-06-19 12:44:24
キャリコさん、マクベインさん>

お気を遣わせてしまって、ホント申し訳ないです!
心強いフォローもしていただき、より思い入れの深い仔になりそうです♪

どうも人気どころを指名→期待ハズレということがしょっちゅうなので、
お二人のお言葉もあって、今回もか!?と少し不安になってしまいました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

第7回楽燕カップ ドラフト2017-18」カテゴリの最新記事