funny life

人生のアクシデントに度々見舞われる。だけど人生ってどうなるか分からないから面白い!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

予防線

2012-04-29 05:12:26 | 日記

姪は親が離婚してるから結婚したくないらしい・・・・まだ高校生なのに…親にそんなことを言っているらしい。
私は逆に中・高の時がいちばん結婚願望が強かったけどなぁ~

まだ自分もそんなに恋愛経験もなく、大人の事情なんてさっぱり分からない年頃だったから、“自分は親のように離婚はしないで幸せな結婚をして温かい家庭を築くんだ”と意気込んでいた

だけど、二十歳くらいになって来ると“自分じゃどうしようもないことも出てくるんだ”と大人の社会を知り、どんどん結婚願望がなくなっていった

姪が親に「親が離婚してるから結婚したくない」と言っているのは本当は予防線を張っているだけだと知っている

なにせ、姪はネガティブだから「私なんてデブだしブスだし性格悪いし」が口癖だ(実際はそんなことないのだが)だから高校生なのに彼がいないのもコンプレックスの一つで「好きな人いないの?」「彼氏いないの?」という言葉には過剰に反応する


だから恋愛に興味がないとか、結婚興味がないと見せることで周りからの言葉を遠ざけているのだ


私も自分が結婚出来てない理由には「親も失敗してるし、姉も失敗してるから私も失敗しそうで怖い」とか他人のせいにしている(笑)

本当は男見る目がなくて、恋愛下手で人と上手く付き合えない性格が原因なのだけど他人のせいにして言い訳して予防線を張っているのだ。

長くしか付き合ったことがない人でさえも、私と付き合うと短期間で終わってしまう。その人の最短記録を打ち出してしまうほど、他人と上手く付き合えないのだ

まぁ、車椅子の私に「結婚しないの?」という人も少ないけど…


女は見栄はっちゃうからね~


でも高校生なのに、もう予防線張っちゃってるなんて・・・・・・・・・女は幾つでも女なんですね~



コメント

チョイス

2012-04-20 01:11:27 | 日記

「チョイス」という選択することで生まれる様々なドラマがある。究極の恋愛ゲームの番組。
時には残酷なルールのもとに好きでも別れを告げなければならない

見ていて納得できないし 私だったら絶対に出たくない番組だ。それでも、全てを受け入れなければならない

まるで人生のようで面白い。すれ違ってばかりで、どんなに好きでも結ばれることがなくてもそれが彼らの選択で、彼ら自身が選んだ道で結果なのだ

私たちの人生も、自分で選んでるようで、ある一定のルールに基づいて決められてたら面白い。時には自分の意思じゃどうにもならない場面に遭遇することもあるし

今まで私たちは様々な選択を繰り返し、色んな人と出会い色んな場面に遭遇する。時には後悔してしまうこともあるけれども、やっぱり何一つとして間違った選択はないんじゃないかな?

今、就活中で仕事もなかなか決まらなくて、前の仕事辞めなきゃよかったとか、どうして辞めちゃったんだろうって後悔することもあるけど、そしたら辞めてから知り会った人達との出会いまで否定しなきゃいけなくなる。職リハでの出会いや先生との出会い、パソコン教室での出会い。そこで得たものまで私は後悔したくない


私の選んだチョイス。。。決して間違いはないと信じたい。


話は変わるけど今年は、明るい色の洋服を選ぼうと思っている白とかピンクとか。黒はなんか老けて見える気がして…でもなかなか勇気が出ない。ピンクとか間違ったらオバさんみたいになっちゃうし、白は怖気づいちゃうんだけど、頑張ってなるべく黒じゃない色を着ていこうかと思っている
イタイ感じにならないといいけど…この選択も間違わないようにしなくちゃ


余談だけど、姪に「結婚しないの?私も従妹が欲しいな」と言われた母親と姉でさえ、私に「結婚しろ」なんて言わないのに(母と姉もバツイチで結婚だけが幸せじゃないと思ってるから)
まさか姪に言われるなんて…今度言って来たら「お年玉とかあげなきゃいけなくて大変だよ~。」って脅してみよう(笑)もう言わなくなるかな?


私の人生のチョイス。。これからも色んな選択をしていく中で辿り着けるでしょうか!?
果たして姪に従妹を作ってあげられるのか…


―Choice―





コメント (2)

2012-04-11 01:28:47 | 日記

私、歯医者好きなんです。

歯石取りって痛くない?

歯医者で「歯より歯茎を磨け」って良く言われるんだけど、私は歯しか磨いてないみたいで歯石が溜まっちゃうらしい・・・・だから半年点検の歯石取りが 取りがいがあるのか、痛い


でも気持ちいい・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
心の中では「痛てぇ」とキレてるのだけど、嫌いじゃない。


イタ気持ちいい感じが好きでたまらないでも好きなのは歯石取りだけ!治療は嫌い。。。。。


けど歯医者は好き(どっちだよ


基本面倒くさがり屋の私だけど、歯医者は雨でも槍でも雪でも行くほど好き。よっぽどの理由じゃない限り行きたいのだ。Mだから(笑)いや…ドMかも

昔は嫌いだったのになぁ~歯医者


でも、そのおかげで虫歯は無いの。恋人でも虫歯のある人は嫌なんだよね。パートナーに虫歯があるとキスとかすると移っちゃうんだって!


こんな話どうでもいいけど、最近歯医者の定期検診に行ってきたから、つい







因みに恋愛でも若干Mです。←(もっとどうでもいい







コメント (2)

女って…

2012-04-04 03:43:44 | 日記

ファンデーションが無くなったから、新しいのを買いに行ったでも毎年ファンデーションはリニューアルをしてて、使ってるものと同じファンデーションがなく、考え込んでいたら店員さんに捕まった目的のファンデーションは見つかったものの。今売れてるファンデーションとやらの説明をされてしまいなんか美容液配合で崩れなくて…なんて説明を40分くらい受け、結局、いつものファンデより少し高めの売れてるファンデを購入

化粧品売り場のお姉さんは化粧時間に1時間半かけてるんだって!朝の忙しい時に1時間半なんて…まぁ仕事柄っていうのもあるんだろうけど。

化粧時間15分くらいの私はどうしましょう。同じ女としてダメですね。スキンケアも気が向いたときにしかしないし。でも、ほうれい線対策はしてます(笑)

お化粧の仕方とかフェイスマッサージとか、いろいろ勉強になりました。お肌も歳とともに衰えてくるから30代で20代と同じファンデを使ってたらいけないんだね

しかも買ったファンデは凄く良かった。時間がたっても崩れないし、ナチュラルメイク並みに薄付きなのに、しっかりカバーしてくれる。化粧直しがいらない。油も浮いてこない。スキ。今度は下地も買いたい。

と思ったけど、古いファンデと比較してみると違いが分からない。ダメだこりゃ

自分で稼いでる分にはいいけど、甲斐性のない人と結婚とかしたらファンデ一つまともに買えないのかな?でも、生涯の伴侶を見つけるために女性はオシャレをして化粧で身だしなみを整えるけど、パートナーが見つかればもういいか?男性は付き合ったら気を抜いてだらしなくなりがちだけど、女性は結婚するまで気が抜けないのが嫌よね~

それにしても美は高い!化粧水に乳液、クリーム。エイジングケアにマッサージケア用のクレンジングや洗顔、化粧下地にファンデーションにコンシーラー。それにナノスチーマーとかも欲しいし~なんて言ったらきりがないね。女性は大変よね


人間、見た目じゃないとか言ってても実際は心がきれいなだけでもダメなのよね!



コメント

記念日!?

2012-04-04 03:13:46 | 日記

この間、書類の申請で5年ぶりに最初に救急車で運ばれた病院に行った。

最初は分からなかったけど、当時の私の担当医で手術してくれた先生だった。診断書が欲しくて行ったのだけど、ついでだからレントゲン撮りましょうといわれ

5年ぶりにレントゲンを見たら、頑丈にチタンが埋め込まれてたレントゲンで見ても壮絶さが伝わってくる。首の骨4567番がキレイに固定されてる。だいぶ折ったなぁ…などしみじみ思ってみる

「飛行機乗るとき反応しないんですか」とか「人間ドックとか大丈夫ですか」なんて意味わかんない質問をしてみた(笑)どっちも大丈夫らしい。「止めてあるネジが緩んでくることもあるから、また10年後でもいいから来てね。」なんて怖いことも言われた

国リハ退院後に一回行ったきり、今回診断書が必要な現状におかれなければ、たぶん一生行くこともなかったかもしれないから「ネジが緩む」発言にビビりました

それにしても、あれから6年経つ・・・当時24歳で病院で25歳を迎えて…なんかまだ6年しかたってないんだねぇ~。もう10年くらい経ってるような感じさえする

18年3月18日 私が事故った日。記念日というほどのものでもないけど、私の人生がリセットされて1から始まった日でもある。あの事故があったからこそ前向きに変われた今の私がいる。

第二の誕生日というのも大袈裟かもしれないけど、当時のことを思い出して成長した自分を振り返って何となく物思いにふけってみたい日なのである…。が、もう車椅子であること受け入れて当たり前のようになると、事故の日とかこだわらなくなっていつも忘れちゃう・・・・・・・・・・・・・・・今年も忘れてた


だから携帯に登録しておこう。私がもう一度生まれた日として

これからは密かにお祝いをしてあげよう。

頑張ってきた自分を









コメント