funny life

人生のアクシデントに度々見舞われる。だけど人生ってどうなるか分からないから面白い!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ほんとはね。

2012-03-28 19:45:09 | 日記

就活をしてて思うことがある。昔より逞しくなったなぁ…と前は面接を受けられる会社さえなくて、ハローワークに行く度に落ち込んでて。その度に絶望感に襲われ、自分の存在価値なんて無意味なような気さえして生きる希望も失くしてネガティブになってた

ハローワークに行きたくなくて、しまいには体調まで崩すほど、精神的に弱かったのに…今は3年前とは全然違う。車椅子移動不可の会社がほとんどっていう現実は変わってないけど、積極的にハローワークに行き、障害者求人だけでなく一般求人からも探す勢いだ

面接も緊張しなくなった。面接慣れとはまた違う、なんか肝が据わってきたと言ったほうが良いかも知れない。自分の伝えたいことを伝えられるようになったし、落ち着いてる。考えてきた答えとは全く違うことを本番ではペラペラ喋ってる。頭が真っ白になることはあまりない。なんか成長したなぁ。昔はアドリブなんて出来なくて、考えてきた答えさえも言えずまた凹む…どうしようもない子だったのに

3年の間に何があったのかな?(笑) 人というのは変われるものなんですねぇ。

私は障害を負って、考え方が180度変わり強くなったのは確かだけど。でも、ほんとは両親の離婚で悩んだことやアトピーで苦しんだことの方が私は障害を負ったことよりも、ずっとずっとずっっっっっっっっっっと辛かったこの時に死ねる勇気があればとっくに私はこの世からいない。事故をきっかけに家族がまた集まって父親とのしこりもなくなり、事故で感覚を失くした体は痒くないからアトピーは治るし、ポジティブになったし、意外と良い事尽くしだったりする辛いと感じることは人それぞれ違うからね。

話が脱線してしまったけどイケメンの総務部長さんの会社はダメだった。それでもちゃんと郵送ではなく電話でお断りの一報をくれた。まぁ3週間くらい待ったから当然か?電話の声も素敵だった(笑)履歴書も返してくれるんだって!また使い回せる

二次面接までこぎつけたところは、すごい思わせぶりな素振りで もう決定してるかのような言い回しだったのにダメだったあんなに待たせといて、思わせぶりな態度取っといて、電話じゃなく郵送で返却だなんて信じられないまるで誰かを思い出させるようなズルさだ

二次面接で本社に行ったとき、意外と環境が悪かったスロープも急でトイレも入れなかった。きっと、私に決めてたと思うんだけど 実際見てみたら思いのほか環境がそぐわなかったんだと思う。

悔しい!せっかく決まってたのに、環境面でアウトだなんてこういうやるせない思いはずっとついて回るものだから仕方ない自分の中でうまく付き合っていかないと。。。。。それでもあんなに20人近くの中から選んでもらえたことは自信になります

季節は春ですから求人も増えるだろうし、一からまた頑張りますか

前は落ち込むと少し休憩してたけど、過去の結果にとらわれても仕方ない。強くなったけど本当は落ち込むことも凹むこともいっぱい、メンタル的に辛いことの方が多い…ほんとはね。だけど、それでも前に進むしかない

この先の未来にはまだまだ挫折や苦労がいっぱいあるかも知れない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

でも希望も未来にしかないから



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

密かな願い

2012-03-24 21:31:05 | 日記

久しぶりの就活に精を出している。まぁ3年前と現状は変わってなく、相変わらず車椅子には優しくない社会なのである。

建物が古く、とって付けた様な雑なスロープ、設置するときに誰か車椅子に乗って試したの?登れた?みたいな急斜面のスロープスロープに段差があるところも…スロープじゃないじゃん!面接を受けて落ちるならまだ納得ができるし、どこがダメだったかを次に生かせるから前向きにもなれるけど、物理的な理由でダメだとへこむ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・前の経験もあるから、落ち込み具合もそこまでではないけど…

普段生活してる中ではそんなに困らないのに何で就職活動はこんなにも住みづらい世の中だと再認識させるんだろう

就職もタイミングと縁だったりするからねぇ…

この間、面接受けたところの総務部長さんイケメンだったわぁ。(笑)面接じゃないところで出会いたかったわ。なんていってる場合じゃなくて

一般求人から探しても車椅子は不可がほっとんど。まぁ。想定内だから良いんですけど・・・


手話サークルならぬ、車椅子サークルでも立ち上げたい!

月一くらいで集まってバリアフリーの情報交換とか、不便なところや改善してもらいたい点などをまとめてどこかに提出して、私たちがどんな事が不便なのか困っている問題などを知ってもらいたい。健常者の人との交流もして、私たちへの偏見をなくして、心対心のバリアフリーを築きたい

そんなことが出来たらいいなぁと密かに願ってしまう

私が知らないだけでもうあったりするのかな?

雇用促進会でも3年前より確実に車椅子の割合は増えていたし。もうバリアフリーが当たり前の世の中であってもいいと思うんだけどね

促進会では車椅子移動可なところが一社くらいしかなくて、その企業に車椅子の人達がザッと20人くらい受けていた。

私は、一度働いていた経験があるからかその二次面接までこぎつけた。そんな大勢の中でなぜ私を選んでくれたのか超!聞きたい(笑)

返事までに一カ月くらいかかったから企業の方も相当悩んだんだと思うし。
二次面接は3人くらいで迷ってるのか、私を採用するのかで迷ってるのかは分からないが採用は1人。是非、ものにしたいものである


イケメンの総務部長さんの会社も、未だに連絡なしそこも何人か受けてたからまだ厳選中みたい
ダメだったら速攻郵送とかで連絡が来るから、連絡ないってことは厳選してる中にいるってことだから有難いことなのかもね



コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

伝授

2012-03-20 04:58:10 | 日記
今の高校生の恋愛事情はどうなっているのか定かではないが……私には高校生の姪がいる。ギャルでもなく不良でもなく真面目で規則もバカみたいに守るいたって普通の女子高生だ
彼女達の母親は私の姉なのだが、何か人生に迷ったり恋愛で相談したいことがあったら私に言えと言われているようで…色んなことを相談してきてくれる

姉に話すと、話が脱線して自分の過去の体験談を持ってきて恐ろしく話が長くなるから一方、私は悩み事の原因を一緒に見つけ、その解決策と相手の性格を分析したうえで具体的な案を導き出してあげるこれは姉に相談してきた妹として学んだ事だ

姉に相談すると何時間も必要だが、私は一時間もかからないため、その時に「お母さんと話すより私と話した方が早い」と姪も納得したようだ。

最近、青春真っ只中の姪が恋が出来ないことに悩んでいた出会いがない…つまんない…気になる人はいるけど、どう近づいていいか分からない。確かに、恋をしてないと高校生活なんて意味がないものである

一度しかない人生を彩るのは自分次第だから、“つまんない”“出会いがない”“何か良い事ないかな”って言ってる暇があるなら自分で何か見つけなさい。すべての幸せは自分で見つけなきゃ、恋愛も人生も待ってるだけじゃダメ。待ってたって好きな彼もチャンスも幸せもやってこない
私はこれから姪が送るであろう人生を先に生きてきた人間としてのアドバイスは後悔しないように想いは伝える。思いを伝えることを恥じてはいけない。失恋を恐れてはいけない

私の恋愛においての三原則「悔いるな」「恥じるな」「恐れるな」を伝授している

高校生ではなかなか私のように図々しくなれないかもしれないが、社会に出たって出会いなんかないから、高校や専門ででも出会った人と社会に出ても付き合いを続けて社会人3年目くらいでゴールインみたいな!?普通の人生を歩んで欲しい叔母ごころである。

それを切実に訴えると、まだ人生経験の浅い姪は「じゃあ実行してみるよ」と素直に聞いてくれるのであるウフッ

しかし、高校生で出会いがない…なんて、私の立場なんてない

自分に合う人なんて「盲亀の浮木」のごとく難しいことなんだから、姪には今のうちからいっぱい恋愛をしてほしい

姪も「野中歯科を」“やじゅうしか”と読んだり、「小児科」を“こじか”と読んだり
「トラウマだよ」と言おうとして“落ち武者だよ”と言い間違えたり、というより「トラウマ」が「落ち武者」だと思ってたらしい。同じ動物違いならまだ分かるが、落ち武者って(爆笑)

まぁ、こんな感じでかなりのツワモノだから心配ではあるが、私の教えを実行し華の高校生活を謳歌して欲しいものである

そして、花火のように自分の人生を彩って大輪の花を咲かせてほしいものである


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

目から鱗

2012-03-14 23:52:46 | 日記

久しぶりにパソコン教室の仲間と会う。仲の良いメンバー達で集まって食事全員独身でもある。そんな私たちの話は結婚についての話題が多い

私の結婚は子を成してこその結婚だと思ってるから、自分が結婚したいと思う年齢は35歳まで、それ以降は子供も難しいし体力ないし、だからそれまでは頑張って35過ぎたら結婚は諦めるね男の人は何歳でも子供は作れるのに、その可能性を私と結婚したことで潰すようならその人が可哀相だし、子を成せないのに結婚なんてしても意味がない。って思っちゃうなぁ~なんて私が言う

一方、私の一回り上の女性は、もう産めないから無理!もともと結婚願望ないけど、良い人いたら一緒になりたい。なんて言う

この歳になると合コンもなかなか出来なくなる。周りがみんな結婚してるから合コンに連れて行けるメンバーもいないし、紹介して貰おうにも独身男性がいなかったりして本当出会いがないのだ!切実~!

そんな現実を目の当たりにしてる今日この頃の私。もう後がない!だから次に付き合った人と!という覚悟で腹をくくり、ダメ元でも会う友達、友達に「誰か紹介して」とお願いしまくっている

結婚と同様、孤独死も独身の身としては不安だ私は、孤独死を避けるために結婚したり子を成したりするんだと思っていたけど。子供が成長して独り暮らしして家を出たり、旦那さんが先に亡くなってたり、孤独じゃない人も孤独死をする可能性があることを今日判明した!

しかも一回り上の友達は、「可哀相かもしれないけど孤独死でもいい」とか言い出す。「だって死んだら魂が抜けて空を飛び回ってるわけで私の意思はそこにはないから」「肉体だけがあるだけだから、死んでる方も別に辛くない。」

なんだか目から鱗だった

なるほどねぇ~!孤独死って怖いイメージや寂しいイメージだったけど、魂はそこにないんだもんね~!そう思うと孤独死も怖くないかも!なんて感心した。私は今日、明日死んでも後悔しないように生きてるから成仏できる自信もあるし

それを聞いて、孤独死のイメージが覆された私はそれを避けるために今まで恋活や婚活を頑張ってきたけど、少し肩の荷が下りて心が軽くなった


でも、やっぱり事故をしても助かった命。その命で私もまた新たな命を生み出したいとも思うのです。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2012-03-14 23:41:33 | 日記

私の友達に自他共に認める社会不適応者がいる。とりあえず、仕事をしたくない、家でテレビ見てるのが一番幸せで、仕事はしょっちゅうサボリ30にもなって家にはお金を一度も入れたこともなく、責任のある仕事を嫌い、仕事中でもボケ~ッとしてられる工場でパートをしている作業員もいっぱいいるからいつでも休んでも誰も困らない。そんな職場を好む友達…

学生のときはそんな子じゃなかったのだが…

最近、その友達に彼氏が出来て結婚しようと言ってくれてエンゲージリングをくれたのだとか、こんな社会不適応者と結婚してくれる奇特な人がいて良かったね!などと言って二人で喜んでいた

私が男だったら彼女とは結婚したくないし、そんな性格だから人間としての魅力も彼女にはない。エンゲージリングの輝きに負けていた

それでもいいと言ってくれる男性に出会えた。これも縁!?なのかと私は思う

出会い、恋人、結婚、これって自分で見つけるものなのかと思ってた。でも縁ってあるんだよね。だから頑張っても上手くいかなかったり、空まわっちゃったりしたりするんだよね。自分の努力だけじゃないんだよね

最近、芸能人の結婚→妊娠 妊娠→結婚が多い。出来ちゃった結婚で結構 陰で言われてる芸能人もいるけど私は別に出来ちゃった結婚でもいいと思う。付き合う段階でも順番は逆になることだってあるし…!?今まで付き合った人との子供は出来なかったのに、(結婚する)その人との子供が出来るのは、それも何かの縁だと思うプレイボーイだったDA PUMPのISSAも婚約したのはごくごく普通の女性。あれだけ数々の恋愛の噂があっても結婚しなかったのに、出会ってすぐ婚約したのも何かの縁だと思うし。

私にもあるのかな?縁

縁で繋がってれば努力しなくても現れるのかな?引きこもりでも現れる?

まぁ、どうしても結婚したいって訳じゃないんだけど余命あとわずかと言われて、結婚しなかったことを後悔するわけでもないんだけど、多分…一度も経験したことのないことだからしてみたいんだと思う

考えてみれば人生は“縁”で出来てるようなものですよね。仕事や友達に恋人、すべてが縁があって出会って人と繋がってる人生ですから

♪白馬に乗ってる王子様道に迷ってるの♪(笑)
          by松浦亜弥



コメント
この記事をはてなブックマークに追加