funny life

人生のアクシデントに度々見舞われる。だけど人生ってどうなるか分からないから面白い!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

再び

2010-01-31 22:52:05 | 日記
一人での高速の運転に成功し仲間からの刺激を受けて自分を奮い立たせた私は、就職の面接にチャレンジ!障害者雇用促進会に行ってビックリ!障害者は200人以上はいた。私みたいに車椅子はいなくて…知的、精神、聴覚障害の人がほとんどだった。こんなに多い中で社は30社…採用人数1人有り得ない

身体だけが不自由な私は、知的だろうが精神だろうが身体が動けば出来る幅も広がるし、なんだかとっても不利な状況に置かれてるような気がしてならなかった

面接官はとても感じの良い人で好感触自分を売りに売って帰って来た。離れて面接の様子を見学していたけど、無表情な面接官や怖そうな面接官と様々だった

もう一つ受けたがここも好感触気を良くして帰ってきた。家に帰ったら、答えにに詰まった所を次では答えられるようにと文章を考えたりしていた

そんな事をしていたら一本の電話が…面接を受けた会社から「もう一度お話してみたいので」との内容。日時を決めてまた会社に行く事になった。2回目…淡い期待を抱きつつ、これで不採用だったら凹むなぁ…なんて思いながら面接をしたら話はとんとん拍子に進み…「では○日から来て下さい!」なんか実感が湧かなかった。何十社と落ちる覚悟を決めていた私は、まさかこんなに早く仕事が決まるなんて思ってもいなかった

会社側は私の体力と社会復帰に2年半のブランクがあるのを配慮してくれて最初は短い時間での勤務を提示してくれた。
私もそれまで普通の生活リズムに整えたり 体力をつけるため毎日出掛けたりして初出社に備えた



コメント