funny life

人生のアクシデントに度々見舞われる。だけど人生ってどうなるか分からないから面白い!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

刺激

2009-12-23 21:55:21 | 日記
頭を就職一色にしている頃と同じ頃に埼玉の国リハで毎年並木祭という行事が行われる。私は毎年 誘われるのだが高速を一人で運転するのが怖い私は毎年行けずにいた。今年こそは!毎年そう思う。就職活動に専念したかった私だが、久しぶりに話した友達が驚く程に成長していて何だか自分が甘えてるように思えた

私も何かに挑戦してみたくなって、初めての一人で高速に挑戦!!私の車は手動式なためハンドルを持つ手はずっ~と伸ばしっぱなし。2時間この体勢は辛い。パーキングによると余計疲れる気がして休憩もとらずに走り続けた。到着したころには良い感じに腕はシビレて痛い車椅子を漕ぐのもやっとこれじゃ帰り運転出来ないと思いながらも仲間と合流すると楽しくてそんな事はすっかり忘れていた。

うっかり羽目を外し過ぎた私は帰る頃には真っ暗夜の高速は怖い。泣きそうになりながら、眠そうになりながら必死に運転に集中。帰りも休憩をとらずにひたすら走り続けた。

家に帰った時には疲れがどっと出てきたけどそれと同時に充実した達成感でいっぱいになった。また一つ自分の自信に繋がった。

それにしても不思議だ。私は健常だった頃も高速は怖くて一人で乗れなかった。それが何で障害者になった今、行動に移すのか!?健常なころよりも遥かにリスクは高いのに、運転だって体力だって大変なのに…。本当に面白い

一緒に入院生活を共にした仲間が頑張って成長してる姿は自分にも刺激になってとても良い
私達は、ほんの些細な事、当たり前のような生活がとても幸せに感じられる。生きてる上でいろんな徳を得てる気がする。でもそれを教えてくれたのは障害というリスク。もちろん生活では大変な事もあるけれど、車椅子ならではの幸せや楽しさは普通に歩いていたら味わえない

私は今では逆に 普通に歩ける人生なんてつまんない。そう思えるまでに車椅子生活をこよなく愛している

私は歩いている時よりも今の方が幸せと言える!でも 普通の人から見たら身体の自由を失って可哀相な人なのが悲しい!本当見た目では判断出来ない…健常な人だって心を病んでる人だって悩みを抱えて命を絶つ人だっている…。私は 色んな人に私を知って貰って 皆の障害という観念を覆したいし影響を受けてくれたら幸せだなぁ~とつくづく思う




ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« もう一つの選択肢 | トップ | 再び »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事