ハッピー地球/新たなる覚醒「サバイバル」虚空間2020

バーチャル番組テレビP3にて、謎のウイルス発生!「東京サバイバル」日記☆1258912☆広大な範囲での危機的状況を回避/

国民の命を守るため安倍内閣総辞職を?/ヒトヒト医師も感染」

2020-02-15 07:15:25 | 新型コロナウイルス=人類の覚醒/治療法*予防* P4研究所

皆さん、注意して暮らしてますか?

私は 年末年始まで、ある程度ヒトと接する仕事を楽しみこなしてました。ごった返すピーク時期の応対を楽しんでいました。

ただ ぼつぼつ切り上げるべきと強制的に、「終了すべし」の''警告の知らせ''が来たのは1月21日☆

はいはい、とカラ返事で まだいくらか仕事と称して 日常パターンを継続。ところがチェンジしないでいたら お仕舞いの結論とそれでも まだ伸ばそうとする周囲の流れ。~そういうせめぎ合いがありました。

内心では こんなところで仕事しても、まったく問題解決にはならないのは承知。

ほんとの仕事を再開するべき。有効な効率での仕事は?もとからの流れを復活してと考えると。ある人

との提携をやるべきだったと、思い当たりました。

結局は迷い、本質から かけ離れた暇つぶし的な仕事で 動いてた。

乗るか?そるか?実行するか。しないか。

《中国》が実は 勝負どころで、今ひとつ乗れなかった。

・・・・それで、今となっては この《緊急事態》普通ならばこれは完全に引くところ。

 

《飛んで火にいる夏の虫》?は究極のパワー キーワード☆

もしかしたら、決断するかも。意外にも。

時々私は 周囲が想定外な行動をとる。常識と正反対ハイリスクなことを よく引き受けてきた。

だからこその私。人が嫌がること、したくないことを引き受ける、それがヒント。

クレイジー🤪?冷静に使命感を

中国に 北朝鮮。どっちもどっちの混乱ぶり。日本も。

 

☆《できれば引きこもり期に入るべき!?外との接触は ハイリスク》

 

年末に あのゴーン氏が国外逃亡というニュース❗️

あの時、「プライベートジェット機」のことが突然、ピックアップされて 興味を持ちました。

一般的なエアラインでの「大量輸送」ではない。資金を使い奥の手で手を回し 法を無視しても実行したことで 国外に到着した。

めちゃくちゃなゴーン逃亡劇の実行。しかも、結局はうやむや。

それは この世界が、どうにでも脱出可能なことを示していて。ある意味で、意外な抜け穴のあることを教えてくれてる。よく言えば ''可能性の示し''

ゴーン逃亡劇は、閉塞感ある日本という国に 強引な風穴を開けた!☆

 

その頃ZOZOの前澤友作さんが、所有してる『プライベートジェット機を 売ります!」と動画にアップしてたのを拝見。

ここ数年、いや前から日本人で船クルーザー類を持ってる人には出逢うけど、プライベートジェット機は持ってない。

~これから専用機を持つ人は それが自己所有で良かったと思い知る時期かもしれませんよ。とか言ってたら現実味を増してきた。

2020年2月15日

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

情報速報ドットコム

2月14日昼ごろにツイッターのトレンド上位に「安倍内閣総辞職」が浮上してます。


安倍内閣総辞職が話題になった理由は、元東京地検特捜部の郷原信郎氏が「国民の命を守るため安倍内閣総辞職を」と国民に呼び掛けた記事です。

記事の中で郷原氏は新型コロナウイルスにおける政府対応は最悪だとして、「多くの感染者が水際対策をすり抜け、日本国内で急速に感染が拡大していたことは明らかであり、日本政府の対応の拙劣さは、全く弁解の余地がない」と指摘。


7年以上も続いた安倍政権で日本の官僚機構も腐敗し、自己保身の忖度ばかりがまかり通ってきたことから、有事の際も緊張感がある対応ができず、今回の新型コロナウイルス騒動でも多くの国民の命が危険に晒されているとしています。

その上で、「最大の問題はこれまでの安倍内閣は、政権の維持・責任の回避を最優先し、問題の根本に目を向けようとして来なかったということだ」と断定し、今後も新型コロナウイルスの感染が深刻化しても良い対応は期待できないとして、日本国民のために内閣総辞職をするべきだと提案していました。

この記事はツイッターで5000回以上もシェアされ、現在進行系で話題になっています。
新型コロナウイルスの対応を巡っては安倍政権の支持層からも「遅すぎる」「何をやっているんだ」などと批判の声が聞こえ、新型コロナウイルス関連で安倍政権への反発が強まっていると言えるでしょう。

国民の命を守るため、安倍内閣総辞職を
https://news.yahoo.co.jp/byline/goharanobuo/20200214-00163029/

最大の問題は、これまでの安倍内閣は、政権の維持・責任の回避を最優先し、問題の根本に目を向けようとして来なかったということだ。今回は、何より国民の生命が最優先されるべきだが、果たして安倍内閣にそれが行えるのか。全く期待できない。

 日本政府の適切な対応の障害になり得るのが、まず、今後の感染の拡大如何では、今年の夏開催される予定の東京オリンピック・パラリンピックへの影響が生じかねないことだ。

もちろん、「国民の生命」と「東京五輪の開催」と、どちらを優先すべきかは言うまでもない。しかし東京五輪開催中止が日本経済に与える影響が、安倍内閣の判断に様々な影響を及ぼす可能性があることは否定できない。

 また、最大の懸念は、これまでの日本政府の拙劣な対応の責任を回避することを優先する対応が行われ、当初の中国で問題になったような、責任回避のための隠蔽的な行為が行われるおそれもあることだ。「桜を見る会」問題での対応を見れば、もはやこの点について、安倍内閣を信頼しろと言っても無理だ。

 

 
<article class="article">

新型肺炎、東京都内で新たに2人の感染を確認 タクシー組合や屋形船の関係者

2/14(金) 17:18Abema 

 

 新型コロナウイルスに関連して14日、東京都内で新たに2人の感染が確認された。

 東京都によると、2人のうち1人は、昨日、感染が確認された、都内の70代のタクシー運転手が所属するタクシー組合の関係者。もう1人は、男性運転手が1月18日に参加した新年会の会場だった屋形船の関係者だということだ。

速報   二人はタクシーの関係者

 この屋形船の関係者は、中国の湖北省からの旅行者と接触した事があるという事がわかっている。この新年会には、およそ80人が参加していて、これまでに10人に発熱などの症状が確認されているということだ。(ANNニュース)

 
【関連記事】
  • 「うがい薬、水うがい、何もしない」ウイルス対策で最も効果的な対応
  • 新型コロナウイルス、沖縄県で初の感染者を確認
  • 新型コロナ感染のタクシー運転手、新年会で屋形船に 都が参加者に検査実施
  • 神奈川県で亡くなった80代女性は、感染が確認された70代タクシー運転手の義理の母
  • ………………………………………………………………………………
  • <nav class="c-breadcrumb" data-v-2ac66ff5="" data-v-19e9ed8e="">
    1.  
    </nav>
    <article class="blog-article" data-v-0aec0963="">

    神奈川県で亡くなった80代女性は、感染が確認された70代タクシー運転手の義理の母

    <time class="blog-article__date" datetime="2020-02-13T22:43:00+09:00" data-v-0aec0963="">2020.02.13 22:43</time>
    13日に肺炎が悪化して亡くなり、新型コロナウイルスへの感染が確認された神奈川県の80代女性が、新たに「陽性」が判明した東京都のタクシー運転手の70代男性の義理の母であることが関係者への取材でわかった。今のところこの2人に接点があったかなどについてはわかっていない。

    厚労省によると80代の女性は先月22日から倦怠感が続き、今月1日に肺炎と診断されて入院。6日から呼吸状態が悪化したため転院していた。

     その後も治療を受けていたが、12日にさらに呼吸状態が悪化し、新型コロナウイルスの検査を受けていたということだ。女性は13日に死亡し、その後「陽性」が判明している。厚労省は女性の湖北省や浙江省への渡航歴は「なし」としている。

     東京都によるとタクシー運転手の男性は、先月29日に発熱して病院で診察を受けているが、その2週間前の15日以降についても羽田空港には行っていないということだ。また、中国人客を乗車させておらず、プライベートでも中国人との接触はないという。(ANNニュース)
     

    【速報】亡くなった80代女性は、70代タクシー運転手の義母

     

    和歌山県内で感染確認の50代男性は医師 中国人との接触は「明らかなエピソードない」

    <time class="blog-article__date" datetime="2020-02-13T19:57:00+09:00" data-v-0aec0963="">2020.02.13 19:57</time>

    和歌山県内に住む国籍不明の50代の男性が、新型コロナウイルスに感染していることがわかった。和歌山県内で感染が確認されるのは初めて。

    和歌山県によると、この男性は医師で、今月1日から微熱が続き8日に肺炎と確認。13日に陽性だと分かったという。県によると男性は最近中国に渡航しておらず、中国人との接触も「明らかなエピソードはない」としている。

    (ANNニュース)

    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

     

     

    応援ありがとうございます😊


    日記・雑談ランキング

    <
    コメント   この記事についてブログを書く
    « 【緊急速報】外務省が中国全... | トップ | マカオと日本 武漢肺炎~対応... »
    最新の画像もっと見る

    コメントを投稿