Happy-sanになろう!

Happy-sanな日々をご紹介するブログ。旅のお話もいっぱい♪

The Ritz-Carlton 大阪

2006年12月29日 | 旅館&Hotel
The Ritz-Carlton 大阪      


紳士淑女をもてなす、紳士淑女・・・

大阪のホテル リッツ・カールトンの社員の質の高さは
日本一、と言われている。

京都まではよく旅に出かけるが、
プライベートな大阪は初めて。
しかも、日本一の教育を受けているスタッフとは
どんな人たちだろう・・・。

ずっと、心待ちにしていた、この日。


部屋からの眺め~大阪サンセット



恵比寿のWestin Hotelをもうすこし
コンパクトにしたような、
重厚感のあるエントランスやロビー。

ロビーのお客様も皆、きれいな服装をしていて
客層の高さをうかがい知ることが出来る。

チェックイン後、部屋までベルボーイが案内してくれる。

なんと、俳優の谷原章介そっくりの、
超ハンサムなベルボーイ

”私に、何かしてさしあげられることは、ありますか?”

荷物を置き、ウェルカムドリンクを運んできてくれた後に
そう聞かれる。
その、笑顔で、多分、殆どの女性客はこのホテルの評価を
5つ星にするだろう。





いけない、いけない・・・。

一応、大学で観光学を修めた私が、こういうことで
宿泊施設の評価をするなんて・・・・。



お姫様になれる、ベッド

このデスクで一日中、書き物をしていたい

ゴージャスなバスルーム


スイートルーム並みの豪華な客室にしばしうっとり・・・。
ここは、大阪ではなくて、
ヨーロッパに来たんではないか、という錯覚にさえ、陥る。

夜のパーティーの準備で、
ホテルゲスト専用の美容室へ。
小ぶりでお洒落なブティックも気になる。

ロビーには、本物のサンタが・・・。





ホテルの醸し出す雰囲気に
すこし、シャンパンを飲んでしまった時のように
ほのかに頬が染まり、気分の高揚を感じる。




特筆すべきは、

Ritz-Carlton Breakfast"

グレープフルーツジュース、
胚芽クロワッサン、Brown Bread Toast,ダークチェリーのデニッシュ
4種のジャムとはちみつ
ポットにたっぷりのコーヒー
そして、
エッグベネディクトのキャヴィア添え


美味しそうでしょ

出来たら、朝はゆっくりと、時間を気にせず
豪華なお部屋でこの朝食を頂くのが、オススメ



こんな素敵なホテルに泊まると
やっぱり、頑張って仕事して、お金持ちにならないと、と
自分に気合を入れるようになる。


評判どおり、このリッツカールトンホテルの
スタッフは、
ドアマン、ベルボーイ、フロント、
フィットネスのマネージャー・・・・
美容室の方から、マッサージのおば様まで!

他には類をみないほどの、
背筋の伸びた、笑顔の美しい、
プライドを持った方々だった。


今度、このホテルに宿泊するときは
このホテルにふさわしい、
もっともっと素敵な女性になっていたい・・・


そんなモチベーションにも
役立つ、

The Ritz-Carlton 大阪。

ブログランキング・にほんブログ村へ

この記事についてブログを書く
« 男も見た目が100%・・・? | トップ | 宇宙の、掃除力 »
最新の画像もっと見る