自律神経失調症&パニック障害

日記。日常のアレコレをそのまま書きますよ!

麻原・オウム

2018-07-06 20:03:18 | 日記
あの、大事件からもうそんなに時間が経過するんだね。

日本でのテロ。

確実に、頭がオカシイとしか思えない。

どうして、タダの人間を《神》と崇めて人殺しまで実行してしまうほど洗脳されたのか不思議。

しかも、特定の人間だけじゃなくて不特定の人間を巻き込んでとんでもない、取り返しのつかない出来事を計画して、本当に実行できたのか?

私は仏も神もキリストもブッダも誰かが神と信じるモノを全く信じないから、全然、これっぽっちも信じないから。

何故、そこまで何かを信じられるか理解出来ない。

まぁ、理解しようとも思わないけどね。

信じれば必ず裏切られる。

期待するだけで、落胆が酷い。

だけど、自分で見て自分で感じたものしか信じない。

人間は誰ひとり完璧な人間はいない。

完璧な完全な存在なんか存在なんかしない。

特に資産を奪うような団体にロクなものはナイ。

この世の中には、【甘い話】は無い。

甘い、上手い話には必ず絶望が存在する。

ありえないくらいに金が儲かる、恋愛運UPなどの甘い言葉や文句が上手くいくなら今頃みんな実行してる。

それの最たるがオウムであり麻原じゃないかな?

なんで、人殺しを正当化できるような理屈が通るのかな?

どんな理由なんかあっても、人が人を殺していい理由も理屈も無い。

だって、命だけはどの国もどんな世界も取り戻せないから。

だけど、日本で死刑が実行されてる事実は命をかけても償えない罪で多くの人間が死を望むなら、命をもって償うやりかたも有りだと思う。

それに、日本の刑務所に入れる罪人は決まっている。

殺せる奴から死んでくれなきゃ、定員オーバーしちゃう。

ただでさえ、狭い国土なんだからね。

理屈しゃなくて、そういう『大人の事情』もあるからじゃないかな?

人間が考えられる事に限界はある。

殺してやりたい奴は存在する。

だけど、3.11では当時私が「死にたい」「確実に死ねる方法はないだろうか?」と強く願っていた私が、助かって、生き残って、明日や数年先に未来がある若者が子供たちが身近な人間が黒いものに飲み込まれて、生まれ育った町と一緒に消えていった事実。

こんな、これ以上ないくらいの皮肉があるのか?

死にたくて、死にたくて、何回も何回も死のうとしても生き延びた私と生きたい、やりたい事いっぱいあった子供たちや人があの数分で消えた。

私にはこれ以上ない皮肉で、価値観や人生観が丸々変わったあの災害。

当たり前の事が当たり前じゃないって事。

いつもの部屋、いつものベット、いつものお風呂、いつもの温かいご飯。

そのいつものや当たり前のが全部当たり前でもいつものでもない。

あれから7年?8年?未だに自分が住んでる部屋も布団もテレビやパソコンも他人の物を借りて使ってるような感覚が全然抜けない。

人間の考えや存在なんて、自然の力には微々たるもの。

私の目の前で消えた命はいくつあったのかな?

なんで私は生き残ったのか?

未だにわからない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« やっと、17時頃から | トップ | どうしよう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事