日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

「森友問題」は、昔からある問題かもしれない

2018-03-13 21:03:52 | 徒然

「森友学園」建設に伴う、用地取得の問題。
大幅な値引きは、安倍さんの意向を「忖度」した結果なのか?
学園の創設には、安倍さんの奥様・昭恵夫人が関わり、いわゆる「口利き」があったのでは?
などなどの問題が、昨年からズ~~~~~と取り沙汰されている。
ここにきて、これまでの答弁などの資料に関わる様々な関連文書が、改ざんされていたという事実も発覚した。
改ざん理由は、国会答弁の内容と合わせるため、ということのようだ。
その改ざん、削除ページ数15頁と聞くと、随分バッサリ削ったな~という印象を受ける。
受けるだけではなく、削除した15頁にはおそらく重大なコトが書かれていたのでは?という、気がしてくる。

この「改ざん」という問題とは別にして、Yahoo!のニュースコメントを読んでいたら、とても気になる書き込みがあった。
書き込みの内容は、以前から(おそらく財務省という名称変更が行われる前の大蔵省時代からと思われる)相続税を土地で物納としたような場合、一般入札が行われるのが普通なのだが、交通の便が良い高級住宅地などの場合、一般入札が行われる前に、関係者(政治家とか官僚)が安価な価格で取得する、ということが行われていた、というモノだった。
この書き込みをした方からすれば「森友問題」は、今に始まったコトではなく以前から行われていたことで、珍しいものではない、ということだった。
今回の「森友学園」の問題がこれほど大きく取り上げられたのは、一般常識から考えられないほどの値引きが行われていた、という点が問題となっている、という受け止められ方をされているようでもあった。

そう考えると、これまでに名前の挙がった政治家や官僚にとって、事の重大性のとらえ方が違うのでは?という気がする。
ニュースとなり、多くの生活者が「そんなコトはあることは、おかしい」と感じていても、当事者である政治家や官僚にとっては、「ちょっと、やり過ぎたかな?」という程度の認識という可能性もある。
この認識のずれが、国会という場所に引っ張り出されたとき、話の一貫性を持たせる為に、様々な工作をした結果が「改ざん」ということになったのでは?

実際、文章を書く経験のある方ならわかると思うのだが、一つの文章を変えると関連する文や文章、内容までも変える必要がある。
それは全体の整合性を保たせるためだ。
文章を読ませる相手に、違和感を持たせる文章というのは、とても分かりづらく、場合によっては不一致を突かれるからだ。

今、問題になっている「公文書改ざん」という点は、大きな問題だ。
場合によっては、「公文書偽造」ということにもなる。
関連各省庁が、財務省に渡した文書と内容が違う、と言い始めるのも「責任の回避」という点から考えれば、当然の事だろう。

実務を担当していたのでは?とされる方が、自死をされた。
事件の核心の当事者ではなく、運悪くかかわってしまったことで、担当者が自死を選ぶようなコトも、昔からある。
自死を選んでしまった方の名誉の為にも、ただただ「トカゲのしっぽ切」で、事件が終わらないコトだけを願うばかりだ。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« トランプさんの経済政策は、... | トップ | 「八丁味噌」騒動ー地域ブラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然」カテゴリの最新記事