日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

「テレビ」の存在そのものが変わる?

2011-09-06 20:00:07 | ビジネス
日経新聞のWEBサイトに、NTTdocomo系(「系」ってどういう意味なんでしょうか?関連会社?それとも子会社?曖昧な表現が気になります)が「携帯向け次世代放送の申請」を行った、という内容の記事が掲載されている。

記事を読む限り、今まで使っていたテレビ放送で使っていた地上電波の空き分を、この「携帯向け次世代放送」に振り当てるようだ。
地デジ化をした後で、この携帯向け次世代放送というのが、イマイチ分らないのだが、イメージ的には、タブレット型の携帯端末で映像が見られるという気がしている(この内容に付いて、詳しい方教えてください)。

拙ブログでもエントリさせてもらったのだが、先日米国の映画・ドラマの配信サイト「Hulu」が日本でも配信を開始した。
こちらはインターネットを使っての配信だったが、今回は携帯電話の電波を使っての配信というコトになるのだろう。
「Hulu」がWiFiなら、こちらは3G回線を使っての動画配信、というコトになるのだろうか?
いずれにしても、「映像を見る」という生活スタイルが大きく変わる可能性がありそうだ。

とすれば、一番影響を受けるのは「テレビ」というコトになる。
「Hulu」が映画やドラマに限っているため、「テレビを持ち出す」というイメージが湧きにくい部分がある。
もし、今回の「次世代放送」が現在の「地デジ」放送の一部分でも、放送するとなると「普段見ているテレビ番組を持ち出す」というイメージになってくる。
その点が、まだ見えていないのでなんとも言えないのだが、「テレビ」の存在そのものが変わる可能性が出てくるような気がするのだ。

例えば、今自宅で音楽を楽しむ、音楽ファンはどのくらいいるのだろう?
クラシックやジャズのファンの方は、自宅でゆっくりと演奏を楽しむのだろうが、若年層を中心にJ-PopやK-Popをi-Podなどの携帯音楽プレーヤーにダウンロードをして、「聞き流す」というスタイルなのではないだろうか?
それと同じ様に「テレビを見るのは、いつでもどこでも好きな時に、好きな場所で」というスタイルに変わるかも知れないのだ。
もちろん、家族が集まるリビングでゆったり楽しむテレビもあるだろう。
と同時に、旅行や出張途中でテレビのニュースなどをチェックしたり、娯楽番組を見て楽しむというコトが出来るようになるかも知れない。

ところで・・・docomoさんが配信していた「beeTVチャンネル」って、今どうなっているんでしょうか?

コメント   この記事についてブログを書く
« 「ノーリスク」を求める社会 | トップ | すっかり忘れていた問題-ア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ビジネス」カテゴリの最新記事