日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

「日本語ブーム」の意外な落とし穴

2005-11-14 21:09:24 | ライフスタイル
数年前から、書籍の部門では「日本語ブーム」といわれている。
有名なところでは、「声を出して読みたい日本語」だろう。
この秋からはテレビ番組でも、「日本語」をキーワードにした番組が目立つ。

そんな「日本語ブーム」?に意外な落とし穴があるかも知れない。
今日の毎日新聞WEBサイトに日本語が危ない:かむ回数が減少 あごが未発達という記事が掲載されていた。
確かに日本語は「母音の連なり」によって、相当聞き取りにくい言語といわれている。
反面、日本では「発声練習」というか「発音練習」というモノは、されていない。
しかし、「発音練習」の前に「噛む訓練」が必要だというのは・・・。

「おかあさんやすめ」献立が、子供たちに人気のあるメニューだといわれているが、それよりも、昔ながらの「お袋の味」の方が子供たちの様々な発達には良い、ということのようだ。
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« PFドラッガーと・・・ | トップ | 無駄とシンプル-チームワー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ライフスタイル」カテゴリの最新記事

トラックバック

日本語ブーム (わかりやすさとストーリー)
わたしたちにできることは、その時代と人においてより多くの人に物事をわかりやすく正確に伝える技術を訓練することなのだ。どうやって学ぶ?●「『ファインディング・ニモ』が教えてくれる、わかりやすくする7つの方法」●