日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

梯子を外された?小池さん

2008-09-25 21:47:41 | 徒然
今日、小泉前首相が政界引退を発表(と言うのだろうか?)した。
既に新聞各紙のWEBサイトには、様々な記事がUpされている。
その中で、産経新聞などは、既に後継者の名前まで挙げている。

自民党の総裁選が終わり、昨夜新内閣の閣僚が発表されたばかりの時点での引退発表。
政界引退→後継者確定→総選挙というタイムスケジュールを考えてのことだろうか?
小泉さんの年齢を考えれば、まだまだ政治家として活躍できる年齢だ。
その余力を残して政界引退というのは、小泉さんらしいという感じがする。

でも、小泉さんの政界引退で残された「小泉チルドレン」と呼ばれる人たちは、これから先どうするのだろう?
多くのチルドレンたちは、既に「派閥」に属して活動をしているようだし、「偉大なる(だったか?)イエスマン」武部さんが作った勉強会が実質的な「小泉派」と呼べるのかもしれない。
何よりも、小泉さんに担ぎ出された感のある小池さんは、どうするのだろう?

小泉さんという後ろ盾もなくし、ある意味、1年生議員のチルドレンたちの面倒も見なくてはならなくなったように思える。
先だっての「総裁選」の出馬を決めたのは小池さんだが、推薦者の人数を集めることが出来たのは、小泉さんの力が大きかったのではないだろうか?
「(おだてられて)木に登ってみたら(=総裁選に出馬したら)、梯子を外されてしまった」、という感じを受けてしまうのである。
武部さんにしても、小泉さんという主を無くしてしまったコトで、これから先どうなってしまうのか?
少なくとも、自民党内でも影響力というものは、急速に失われていくような気がする。

小泉さんは、「自民党らしくない」という意味で人気を集めてきた。
分かりやすい「キャッチフレーズ」的なコトバを使うコトで、支持されてきたトコロもある。
それが「郵政選挙」だったのだ。
そんな小泉さんだったが、彼もまた「世襲議員」の一人だった。
何でも後継者として名前が挙がっているのは、次男さんのようだ。
昨日決まった新内閣で話題になったのは、「世襲議員」の多さだった。
麻生さん自身、吉田茂という戦後の昭和を代表とする宰相の孫だ。
日本の政治家(だけではないだろうが)は、子供や孫に後を継がせたいという願望が強いようだが、自民党らしさのなかった小泉さんですら、自分の子供に継がせたいようだ。
そしてそんなジュニアのお世話係として、小池さんを選んだような気もするのだ。
傍目から見ると、余り世話好きなお母さんには見えないのだが・・・。

小泉さんからすると梯子を外したのではなく、息子に梯子を上らせるための準備だったのかもしれない、と、つい穿った見方をしてしまうのである。
もちろん、梯子の上をシッカリ持っているのは、小池さんと武部さんだ。




コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« こちらが現実?-タレント好... | トップ | アチラコチラに不具が出る »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

徒然」カテゴリの最新記事

トラックバック

小泉元首相、政界引退を表明 (歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。)
自民党の小泉純一郎元首相は27日夜、地元の神奈川県横須賀市での支援者を集めた講演会で、「次の総選挙には出馬しない」と正式に表明しました。 ***♪Let Me Retire♪ Let me retire Let me sweep Please let me go I have made my work complete And I leave the...