日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

無駄とシンプル-チームワークの大切さ-

2005-11-16 21:38:30 | アラカルト
サッカー日本代表、対アンゴラ戦をテレビ観戦していた。
「面白みに欠ける試合」というのが、本音。
あくまでも個人的感想なので、余り深く突っ込まれると困るのだが・・・。
ただ、選手一人ひとりの主張が強く「チームとして何をしたいのか?」が見えてこない。
何よりも「無駄走り」が、極端に少ないように感じる。
いわゆる「2列目からの飛び出し」ということなのだが、「ボールをもったらシンプルに全線にいる選手に渡して、ゴール前に行く」という、組織型のプレーが殆ど見られない。

しかし、これは企業組織というチームプレーでも同じことが、言えるのではないだろうか?
「成果主義」の現状では、「そんな暢気なことは言っていられない」ということもあるかもしれない。
それが企業として、成果をあげることになっているのだろうか?
先日無くなったドラッガーは、「日本型雇用に関してマイナスばかりではなく、社員が安心をしてチームとして仕事ができる」という指摘をしている。

「無駄を省く」という意味では、岐阜の「未来工業」という会社に注目したい。
昨日、「グループ社員を含めた全社員1200人余りを社員旅行として、オーストラリアへ行く」と一部で報道された会社である。
この会社の「無駄を省く」というというのは、徹底している。
不必要な消灯は当然のことなのだが、「就業時間内で仕事を片付ける」という「無駄対策」も徹底している。そればかりか、日本一休日日数も多いという会社なのだ。
これは、実際に視察をした群馬中小企業家同友会前橋支部の「未来工業の謎」に詳しくあるので、そちらを参照していただきたい。
そこには、チームワークでオリジナルを追求する姿勢が、見受けられる。

未来工業の社員旅行のトピックスニュースがあった同じ日、「村上ファンドが、TBS株を10月に高値で売り抜けた」というニュースもあった。
これによって100億近い収益をあげたという。
確かに、このようなビジネスのあり方もあるのかも知れない。
でも、そこには「お金」という際限のない欲に取り付かれた、勝ち組みの姿も感じるのだ。
社会というチームプレーよりも自己主張だけの個人プレーというべきかも知れない。

遅くなりましたが、「トイレットペーパーHanakoの営業」さん、コメント及びトラックバックを頂きありがとうございました。
企画商品というのは、突飛なアイディアが必要なのですが・・・「ウォームビズ・ブラ」は突飛過ぎましたね。


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「日本語ブーム」の意外な落... | トップ | 痛い!痛い!!痛い!!! »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
未来工業 (ブロックス藤原)
2005-11-17 08:25:48
始めまして。

未来工業さん、おもしろい会社ですよね。

ウチの会社でビデオ作りましたので参考になればとご紹介させていただきます。



サッカー、結果的に勝てて良かったですね。

松井、侍みたいに見えました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アラカルト」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事