日々是マーケティング

女性マーケターから見た日々の出来事

パーティーの後始末-金融安定化法案否決-

2008-09-30 11:24:55 | ビジネス
新聞各紙WEBサイトのトップは、金融安定化法案否決で、NYダウ過去最大の下げ、777ドル安になっている(紹介記事は、日経新聞)。

週末、何とかアメリカ発の金融不安を軽減させるために、アレコレと策が練られたようだが、結局無駄となってしまったようなカタチだ。
今回のアメリカ発の金融不安の発端は、言わずと知れた「サブプライムローン」だった。
今となってしまえば、「何故?どうして?」という疑問符ばかりがつくようなビジネスだったのだが、その時は我も我もという感じで、無いものへ投資をしていたのだ。
日本のバブルは、価値の無いモノへの投資(特に土地など)だったのだが、アメリカの場合「価値の無いモノ」ではなく「価値すら無いモノ=現物が無いモノ」への投資だった。
カタチのあるものであれば、二束三文でも売れば何とかなるだろう。
しかし、カタチすら無いモノは二束三文で売る事も出来ない。
強いてあげるなら、「価値がある」と書かれた紙だけだ。

今回の「金融安定化法案」が否決されたのは、「パーティーで踊った人たちの後始末を、何故パーティーに参加していない人たちがしなくてはならないのか?」というのが、その理由のようだ。
「パーティーで踊った人」というのは、リーマンブラザーズをはじめとする、現在経営危機に陥っている「投資銀行」だろう。
そしてそこで働いていた人たちの多くは、それこそ毎週末派手なパーティーができるくらいの報酬を得ていたような人たちなのだ。
そんな高額報酬を得ていた人たちの「尻拭いはしたくない」というのが、多くの納税者の考えだろうというのが、下院議員たちの考えもあったようだ。

この考え方は、膨大な税金を投入して当時のメガバンクを救った日本とは、大きく違う。
実際、日本ではメガバンクが救われ、優良中小企業が倒産したということがあったのだ。
だからといって、このままではアメリカ発の世界大恐慌が起きる可能性は高い。
果たして一体誰が、パーティーの後始末をするのだろうか?
私たち(=日本で慎ましやかに生活している人達に押し付けられても困るのだが・・・。

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 自然が大きな地域資産 | トップ | 女性の起業は、身近な視点 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ビジネス」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

震えが止まらない (ITベンチャー勤務MBAのzentaku日記)
風邪ひいた訳ではありませんし、ヤマダについて熱く語っている場合でもなかった。恐慌の足あとってやつの恐ろしさに足がガクガクして漏らしちゃいそうです。 山一、拓銀、長銀が倒れた時の薄ら寒さ、911のテロの時の絶望。 いまの怖さはこれらに匹敵する。個人レベルでど...
米下院、金融安定化法案否決 (歌は世につれ世は歌につれ・・・みたいな。)
米下院は29日、不良資産の買い取りを柱とした金融安定化法案を否決しました。成立間近と期待されていた法案が一転否決されたことで、金融システム不安の加速と景気悪化への危機感が強まり、同日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、前週末比777ドル68セント(6...