北国の小さな家の大きな家族 "Happy Horse Inn"

競走馬、乗用馬のふるさと北海道の馬産地で、家族として暮らす二頭のサラブレッド様子を中心に発信しています。

【重要】ゲストハウスからのお知らせ

2018年09月27日 | うまや便り

ゲストハウスについてお知らせします。

一般の方向けの宿所提供の営業は終了しました。旅館業の許可証を返上し、閉業いたしました。

現在、ゲストハウスは民家ですが、馬のお世話のボランティアさん達の交流の場でもあります。


 

この変更に合わせて、馬達のブログを移動しました。

 

http://blog.goo.ne.jp/happy-horse-diary

 

こちらをブックマークして下さい。現在は、一部のみ公開で、毎日の馬日記はプーちゃんのサポーターさんへの限定公開です。

 

 

■立ち寄りボランティアさん歓迎!

家族として馬と暮らすには、身の回りのお世話だけでなく、厩舎作業全般、雑草抜きや牧柵ペンキ塗り、たい肥撒きや、馬達のリバティ運動など、いろいろな仕事があります。都合の良い時間帯だけ、できるお仕事を手伝っていただけるボランティアさん歓迎します!

 

※お一人で参加の方は、18歳以上、心身ともに健康で禁煙できる女性のみ。アレルギーのある方はご遠慮ください。

作業用には、男女成人用の長靴を用意しています。作業しやすい手袋、キャップ、自分に合ったマスクなどをご用意ください。


ご夫婦、お子様を伴うご家族でのボランティアも歓迎します。お子さんにもできるお仕事がありますよ!


※現在、お泊りでのボランティアさんは紹介者がある場合のみ。直接のお申込みではお受けしておりません。


周辺観光される方は、競走馬のふるさと案内所の「マナー&ルール」を読んでからご参加ください。

http://uma-furusato.com/guide/pdf/rule.pdf

 


詳細は、email: supi.pooh@icloud.com (アットマークは半角に修正して下さい)までお問い合わせください。

 

 【馬達の様子】


人の気配を感じると、馬達は早速、おねだり作戦!

 

 

 

 

 



 

空港あるいは札幌市内から静内に来るルートについては、道南バスペガサス号がイチオシ!です。最新の時刻表はサイトでご確認ください。

http://donanbus.co.jp/citybus/

7番の高速ペガサス号をお選び下さい。

※リンク切れが頻繁に発生するため、おそれいりますが、御自身で7番ペガサス号をお選びください。

 

新千歳空港バスターミナルから大谷地駅バスターミナルまでは、北都交通・北海道中央バス共同運行による連絡バスが出ています。

 

■JR日高線は、復旧の目途がたっておりません。高速バス、あるいはレンタカーを御利用下さい。

 

 

『北海道』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
« マイネルディンプル サポー... | トップ |   
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (眠る硝子)
2014-03-19 09:07:35
お宿の特長をブログなどで理解した上で
明確な価格を知りたい方へのパンフレットとしては十分と思います
あとは北海道外からレンタカーなどで訪れる場合
距離感が違うことも考えられるので
地図の下あたりに
「道については気軽にお問い合わせください」的な一文があると精神的に楽かも知れませんね
直します (宿のおかん)
2014-03-19 09:55:32
眠る硝子様

ナイスアドバイス!ありがとうございます。
道内のお客様からのお問い合わせで作成を始めたので、道外の方のことを考えていませんでした!

ありがとうございます。
ロングステイの子供価格にも間違いがあったので直します。

差し替えるまでちょっとお待ちくださいませね。
チラシ裏面差し替えました (宿のおかん)
2014-03-19 14:00:41
チラシの裏面(2面)を差し替えました!
Unknown (眠る硝子)
2014-03-19 19:24:02
僕は朝のHBCラジオで新聞記事の紹介として
ハッピーホースインを知ったんだよね。
その後、ネットで検索してこのブログに辿り着きました。
同じような方には十分と思いましたよ。
そうでしたか! (宿のおかん)
2014-03-19 21:29:03
眠る硝子様、
そうだったんですか!!!
朝、お向かいの牧場さんから「たった今、ラジオ、聞いたよー!」と言われて、「???」って感じでした。我が家、本州仕様のラジオは雑音しか聞こえないので、ラジオは聞いていなかったので驚きました。

検索して頂き、ありがとうございました!
Unknown (てるみ)
2014-03-19 23:16:31
こんばんわ。
ゲストハウスがこちらには少なく、部屋の様子や生活スタイルなど…とても分かりやすいと思いました。
道外から行く場合やっぱり気になったのは、千歳空港から車で行ったらいいのか電車がいいのか迷っています(半端なく北海道は、距離があるので)
ちょっとした説明があると嬉しいです。
Unknown (えつ)
2014-03-20 02:15:15
素敵なパンフですね(*´∀`)♪

私のだめスマホでは
なぜか裏面の画像が見れなかったですがf(^^;

私も空港からのアクセスがわかる
地図なり説明文があると助かるなーと
思いました(*^^*)

また、もしスペースがあれば
近隣のお勧めスポットなども載っていると
滞在時のイメージが沸きやすいのかなと♪

あー行きたいです(*≧∀≦*)♪
バスが便利です (宿のおかん)
2014-03-20 10:23:35
てるみ様、
コメントありがとうございます。

とりあえず、このチラシは、道内配布を想定しておきます。

道外からのお客様にチラシをお送りする時には、別途、より詳細な情報をご提供すべきだろうと思っています。

昨今のJR北海道の不祥事は看過しがたく、お客様にたずねられれば、「バスが便利です」とお答えします。

苫小牧まで電車で行き、バスに乗るのが一番無駄がないように思います。

ペガサス号など、馬産地と空港を結ぶ、直行バスも便利です。飛行機をとる前に、列車乗り継ぎかバスか、いずれにするかを決めて、便利な時間帯の飛行機をとるのが良いですよ。

新千歳空港は、長居が楽しい空港ですから、時間が余ったら、温泉にはいったり、チョコレート工場を見たり、スイーツハンティングをしたり、ぬいぐるみ博物館でほっこりしたり!

空港で少し時間を余らせて下さいね。
移動時間に無駄のない、モデルケースを考えて、記事にアップしてみますね。
うらめんしや~ (宿のおかん)
2014-03-20 10:34:32
えつ様

裏面画像が、不思議なのですが、消えていました。

再アップロードしましたので、今は見えると思います!

空港からのアクセスについては、
JRは空港地下に駅があり、
空港にバスターミナルがあり、
空港からレンタカーステーション行きのバスが出ていて、バスに乗るとレンタカー店に着きます。

レンタカーショップで道路マップは配っているので、道路はそれを見て頂くのが良いです。

限られた紙面ですので、自分で地図を作れれば良いのですが、なかなかセンスがなく、日高振興局が作っているマップが良さそうなので、後刻、記事にアップしますね。

窓の外を歩くスピを見て、馬体のバランスの良さにまたまた惚れ直していますが、右前の関節は確実に劣化しているようです。(T_T)
なるほど… (てるみ)
2014-03-20 21:01:41
丁寧な説明ありがとうございます。
北海道に行く前にちゃんと調べますね。
北海道には遠い昔に行ったのですが、時間がなくて空港もゆっくり見てないです(^_^;)
空港と馬産地を結ぶペガサス号いいですね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

うまや便り」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事