OLDIES BUT GOODIES~鎖骨にげんこつ~

こちらは更新が不定期なブログになります。

  一同礼。ペコリ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

パラシュート

2008-12-24 18:42:58 | ネタ的

【高度3000メートル】

パラシュートをだそうと
紐を引っ張ると

弁当箱が飛び出す



【高度2700メートル】

パラシュートと思って
かついだものが
弟のリュックサックと判明



【高度2500メートル】

一応、
リュックサックの中を調べる

遠足のしおりを発見し
ようやく事態をのみこむ



【高度2300メートル】

リュックの中に
弟の携帯を発見



【高度2100メートル】

他に何か役に立つ物はないか
リュックの中を再度確かめる


かりんとうを発見

弟が意外と渋いと知る



【高度2000メートル】

携帯が鳴る

非通知だ


『っーか、俺の
リュック間違ってんじゃねーよ!何だよ!
このパラシュートみたいな布

マヂ意味不明なんですけど』

ブチッ ツーツーツー


弟だった…
なんだか視界がにじむ



【高度1700メートル】

気分を落ち着かせるために
水筒を開けるが

激しく熱い
日本茶が飛び出す

弟が意外と
渋い事を想いだす



【高度1200メートル】

諦めて遺書を書こうと、
筆記道具を探す

しかし
筆とすずりしか
見つからない

いつの時代だ

いや、弟が渋いのを
理解した私にとって、
そんな事はどうでもいい

そんな事より
もっと重大な問題がある



‥‥墨がない

血は争えないものだ
何をするにもつめが
甘いのは
自分と似ている



【高度1000メートル】

再び携帯が鳴る

『サトル君、前から好きでした』
ブチッ ツーツーツー

弟もすみにおけないものだ

っうか、お嬢さん、

弟の名前はサトシだ



【高度700メートル】

ラストおやつ


【高度300メートル】

ラストドリンク(激しく熱い日本茶)




【高度100メートル】



・・・・・・・・・・・・・・
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある男の一日 | トップ | 視線 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ネタ的」カテゴリの最新記事