「ぐうたら ・フォト日記」

「ぐうたら」を生活信条とする、ぐうたらなフォト日記です。時々『写真の無い・フォト日記』にもなります。

無事帰国しました!

2018年09月23日 | フォト日記
ベルリンに始まって、ハルツ、リューベック、シュトラールズントと転々としてハンブルグから今朝帰りました。
色々ありましたが、とりあえず写真の整理をしています!
思ったより、後半が長かった気がしますが、その割に大したことしていません!?(トラブルが多かった?)
コメント

ドイツのプールで泳ぎました!

2018年09月18日 | フォト日記
リューベックという北ドイツの美しい街に、なぜか泳ぐこと(実際には泳げるというレベルではないのですが・・・)を目的に来ました!
プールが深く、ベルトの頼りないロッカーキーを知らない内に落としていて、「あれ?、プールの底に何かある?」と思って気が付いたのですが日本のプールよりも深く、こんな深いプールの底に手が届かないので焦りました。4回目くらいで先生の顔が頭をよぎり「そうか?、お尻から沈めば良いのか!」と気づき事なきを得ましたが、プールには誰もいないので一時は、海パンのままレセプションに行き、「プールの底に鍵を落としました」と言おうかと思ったのですが・・・?!
ドイツに来たのは久しぶりで、色々認識を新たにしています。ハルツの田舎に行って庶民の暮らしはつつましく「僕のようなカメラ2台を持って贅沢な旅をしている人は、あまり居ないな!?」と思い、今日はプールに監視員がいないし受付もなし「すべて自分の責任でやれ!」という社会なのでしょうか?

コメント

旅は後半戦です!

2018年09月17日 | フォト日記
小さなタブレットを持って来たので(仕事に対する責任感が強い?)書き込んでみます!
結局はこれまでのところ撮り鉄三昧の旅になってしまいました。明日はリューベックに行きます。
プールがあるホテルに泊まるので、水着を用意してきました。言葉が通じない国で泳げるかな?

コメント

8年ぶりにドイツに行きます!

2018年09月10日 | フォト日記
コードの山とメロンパン?を持ってドイツに行きます。
行くのは明日からなのですが、仕事が立て込んでいたので1日早く、とある場所に避難?して旅行の準備です。
雨が降ってきそうだったので大急ぎで荷物をまとめて出てきました。
図書館で借りたガイドブックをコピーしようと思ったけど、それもできなかったので、今頭の中にコピーしています。

何とか傘をささずホテルに着いて、部屋番号502を連呼しながらエレベーターに乗ったら、2階のボタンを押してしまいました!?
大丈夫かな?
ブログは例によってぐうたらフォト日記2の方でぼちぼちと・・・?!
では行ってきます。
コメント

仕事が溜まっているのに!

2018年09月05日 | フォト日記
こういう時に限って余計な雑事が舞い込んできます。

このところスマホが調子悪く新しいのに変えようと調べると、格安SIM のサイズが最近はnanoSIMというものが主流で、スマホ本体を買い替えるのにもサイズの小さいSIMに交換が必要、最低3日は電話機能もインターネットも使えなくなるのだそうです。

「どうするかなぁ~?」と考えていると、そのうち良く電話して来るお客さんが「電話の声もおかしいですよ!」ということで、「それならば!」と買い換える気になってデータのバックアップを取りました。時間がかかるので夜中にそのままにして置いて、目が覚めてスイッチを入れると、いきなり初期設定画面が出てきて、結局システムの書き換えが始まりました。

仕方なしに指示に従って 立ち上げ直したのですがどうもよくわかりません。Andoroidなので、googleにログインして言われるままにやって何とか最低限の機能は使えそうです。でも元には戻らないのでどうしたらいいのかと思ったけれど バックアップの復元というのをやってみればいいのかな?」ということでやってみたら・・・、全く違ったスマホの画面になりました!
でも何とか前よりも調子よく動き、電話をかけて見ると「良く聞こえるよ!」と言う事なので、機械のせいでは無くソフトのせいで電話の音質も落ちていたようです!?

保存した写真を見ると3時間以上はかかっているな…!
コメント

八月の終わりに思う事!

2018年08月31日 | フォト日記
8月は終戦の月と言う事で、戦争を語り次ぐ番組をラジオでやっていた。昨日は戦争孤児の会代表の話だった。

第2次世界大戦で親を失い路頭に迷った子供の数を、当初政府は3000人と発表していたそうだ。(1946年)
しかし後日アメリカに促されて調査した結果は、戦争孤児12万3000人!

戦後復興の中で迫害され、親戚にも見放され、職にもつけず餓死した子供もいたという話を聞いて僕は、最近の「省庁の障害者雇用水増し問題」を思い起こした。数の扱いでは真逆の事のようにも思えるが「とりあえず都合の良い数を言ってごまかしておこう!」と言う姿勢は全く同じような気がする。

戦争孤児の会代表の話では軍人の慰霊碑は建っても、同じ戦争の犠牲者であった戦争孤児の慰霊碑は未だ建っていないそうだ。かく言う僕も特攻隊の話は知っていても、戦争孤児については全く無知であったと言って良い。
僕は直接には戦争を知らない世代だけれど、親は戦争を経験していて空襲にもあっている。その両親も亡くなって戦争は遥か彼方になったけれど「まだ終わっていない戦争もあるんだ…?!」などと思っていると、今度は「オリンピックのボランティア11万人募集」と言う話題。

学生を主体に集めようと言う事で、主催者は地方の大学にもボランティアに参加した学生に単位を与えたり、その期間は授業をやらないようにとの要請したりと言う事なのだが、「省庁の障害者雇用水増し問題」は歯切れの悪い大臣答弁を聞いただけで大した話題にもならず、いつの間にかオリンピックのボランティア・・・?、
何でここでそのニュースなのか?、意図的なものさえを感じるけど、それよりも若者を対象にしていると聞いて、これは来るべき徴兵制度の前触れのような気がしてきた。

「おかみのやる事は形は変われど、本質は何時だって同じ!」と言う事なのだ。

若者よだまされるな!、オリンピックだって金儲けの道具に過ぎないんだぞ!

コメント

5年前は若かった!?

2018年08月25日 | フォト日記


写真はシカゴに行くと利用している(空港に近く安い!)コンファートインのプールです。

去年から水泳も始めた事だし、水着を持ってここに泊まるのが当面の夢です!
3年前にもアメリカに行ったのですが、サンフランシスコからワシントンまで欲張って8回も飛行機に乗った目まぐるしい旅でした!

今年は学会参加を兼ねてゆっくりとシカゴに行きたかったのですが、仕事が重なってしまい休みが取れずじまい!、来年こそはこのプールで泳いでやるぞ!
コメント

夏休みは終わったかな?!

2018年08月13日 | フォト日記
韓国撮り鉄の旅から昨日無事に帰ってきました。日本同様暑い日が続いたのですが、同行者Yさんのおかげでドライブは快適、自分の足で歩く必要が無いためか、いつもより長く感じた旅でした。

8ヶ月振りで行ったのに、随分と空港関連の設備が変わっていました。
大韓航空を利用したのですが、インチョン空港では自動チェックイン機に加えて、荷物預け機が出来ていてカウンターは無人、案内の人が3・4人いただけです。(勿論僕は案内してもらいました!)
イートインスペースの入口にも、何十種類ものメニューから選ぶチケット販売機(遠くから眺めただけ!?)、羽田空港に着いたら入国審査がパスポートの写真と照合するだけの機械審査になっていました。
ここではパスポートスキャン機で置き方を間違え、機械に注意されました。
何だか「三途の川を渡るまでは安心できない世の中になって来たなぁ!」と言うのが日本に帰っての感想です!?

機械に「バーコードが見えるように置いてください!」(案内のお姉さんが置いた!?)と注意された荷物
コメント

今日から夏休み!

2018年08月04日 | フォト日記
暑さを逃れ(多分無理?)、寄り道しながら韓国に行きます!
詳細はぐうたらフォト日記2の方でぼちぼちと・・・?!
では行ってきます。


コメント

久しぶりの映画!

2018年08月01日 | フォト日記
6月から行こうと思っていた映画「ゲッベルスと私」がいよいよ8月3日で終わると言うので、熱中症覚悟で出かけて行きました。
しかし、直前になって「映画だけでわざわざ炎天下出かけるのもばからしいかな~?」と弱気になってきたので、もう一つ用事を作って六本木の仕事仲間と昼食、富士フィルムのギャラリーで写真を見て夕方からの上映にしました。(ビールを飲んでしまったので眠くなってしまうかな・・・?)

場所は神保町の岩波ホール、久し振りに見る映画です。ナチの宣伝大臣ゲッベルスの秘書ポムゼルの独白です。
物語らしきものはなく、自分自身を取り巻く若いころの生活や、ナチズムに熱狂する国民の様子を坦々と話して居るだけなのですが、103歳の女性の皺だらけの顔の中に光る目を見ていたら段々と引き込まれ、合間に挿入される未公開の衝撃的な影像を見て、完全に酔いは覚め「全体主義に流されて居ると明日は我が身に成りかねない」と思いました。

ゴミのように棄てられる死体の山、強制収容所から解放される痩せ衰えた男たち、ポムゼルは「正義なんて無い」と言ったけど、僕は「正義は数なのだ」と言う感想を持ちました。8月3日までです!
コメント