おぐち自給農園、2反百姓の日記

-都市の貧困と農村の貧しさをつなぐ、「生き方」としての有機農業を目指して-

休みが欲しい。。。

2009年10月13日 23時18分26秒 | 雑感
 きっとこの記事は愚痴っぽくなってしまうに違いない。
 なんだか最近、ゆっくり休める日がない。この3連休も結局仕事でつぶれてしまった。冷静に考えてみると、今、6足のわらじを履いている。そのうちの2足はアルバイト。その他はほぼボランティアベースの仕事だ。

 来年の3月には、2つのアルバイトを完全に辞めると決めている。大学のほうのアルバイトはもう長年やっている。確か大学2年生の頃からやっているので、今年で5年目になる。時給も良いし、仕事も慣れているので、辞めがたいのだが・・・ちょっと長すぎるので辞めようと思う。もう1つのほうは、辞める決心はすでに出来ており、なんだか、今日、それが確信できた。

 来年度からは新しい所属で、研究とフィールドワーク、そして自給農園のほうに力を入れたい。生活は奨学金でなんとかできないものかと考えている。最低でも月の3分の1以上は長野に帰りたい。そこから小遣い程度でもいいので、野菜を売って稼ぎたい。自身持って半農半Xと胸を張りたい。

 僕の大好きな写真家、本橋成一さんから久々に電話をもらった。
「いま、どこにいるんですか」「東京なんです」「こんな良い天気の日になんでそんなとこにいるの」「アルバイトがあって・・・」「そんなものどうでもいいから、長野にきなさい」「帰りたいんですが・・・」

 本橋さんのお父さんの時代から使用している農具をいただく予定でいる。この前見さしてもらったら、本当に物が良い。

 こんな天気の良い日に僕はいったい何をやっているんだろうか。この天気、この気温、最高の農作業日和だ。この前の台風の影響で、花豆の支柱も倒れたらしい。畑のお世話をしなければ。

 この3連休の真ん中の日、越谷イオンレイクタウンで「Act green eco 2009」というイベントの一部、「サテライト・エコトーク」のゲストに呼んでいただいた。環境ジャーナリストの丹羽順子さんが司会。司会がお上手で、とても楽しくお喋りができた。そして素敵な女性だ。

 農業と環境について、これは後ほど述べよう。

 

   

 






最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ありがとう (koko)
2009-10-14 02:35:10
忙しいところ、来てくださってありがとうございます。
分かります、お気持ち。長野で土にさわっていたいですよね。
その時々のバランスがあるから、今はもう少し長野よりのバランスを望んでるんでしょうね。

でもでもあの時、来てもらえなかったら出会えなかったわけで、メッセージを受け取らなかった人もいたわけで
あそこで話してくれたことにすごく意味があるし
小口さんはすごく伝えるのが上手な人だから
これからもどんどん都心に出て発信することも期待しています!!!

ブログに書いてくれてありがとうー!
長野&鎌倉で会いましょう☆☆☆
kokoさん! (oguchi)
2009-10-14 08:05:34
kokoさん、先日はありがとうございました!あの日、あの場所で農業の話が出来て楽しかったです。というか、とてもいい気分転換になったというか、楽しい時間を共有できました。

そうですね。伝えていくって大切ですよね。うまい具合にバランスをとっていきます!

ぜひ鎌倉にも招待してください。鎌倉や湘南、葉山や藤野などでの取り組みはよくよく耳にするので、僕の中で熱い地域の1つです!

kokoさんの映像も見てみたいです。11月にはサティシュ・クマールさん来日しますね。


 

コメントを投稿