せろふえ

チェロとリコーダー
自閉症の娘
本と漫画 農と食 囲碁パズル
とっちらかっているので、気になるカテゴリーやリンクを

大人になってからの習い事

2020年10月15日 | 音楽

 日曜のこと。市民オケの練習で。
 大人になってから楽器を始めるのに、もっとも必要な能力は「自分の汚い音に耐えること」
 市民オーケストラで最も必要な能力は「かすむこと」
 いや、皮肉でも何でもない。大人になってから楽器を始めるなんて、よほどのことだし、音楽の好みだってはっきりしている。すばらしい音楽を体験してきているにちがいない。それが、自分で楽器を初めて最初からきれいな音がでるはずがない。10年経っても20年経ってもプロのように弾けるはずがない。だからついいやになってやめてしまうのだ。自分が鈍感でほんとによかった。
 アンサンブル、特にオーケストラの弦楽器は本当にありがたい。ほぼまったく弾けなくても、まわりが弾いてくれるんだもん。そういう自分に耐えられないと、やめちゃう。大丈夫、誰かが弾いてくれる。それから、相当うまい人だって、実はたくさん間違えている(と思うのだが?)。チェロ全体が弾けなかったら「難しいね」と言ってもらえる。あるいは選曲が間違っている。弾けもしないのに、雑音を出したら、それは迷惑だ。かすもう。いや、ほんとは、練習では間違えても、雑音出しても良い、練習なんだから。全体で取り上げて練習させてもらえるかもしれないし、ともかく本番までに弾けるように、あるいは、かすめるようになれば良い。
 練習してもなかなかうまくならないけれど、でも→ 学習曲線は階段状
 あるいは→ 悪魔のトライアングル

 つい偉そうな説教じじいになっているだろうか?すみません。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« シックハルト リコーダーと... | トップ | 今年は柿が採れそうもない »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Noboru)
2020-10-15 10:08:57
市民オーケストラに所属している者です。
十分高齢者でございます。
定年退職後、世界をフラフラ自転車旅をして来ました。
ある時、ステージでチェロを聞いたその日から、
不思議にも私を惹き付けてしまいました。
当時は、御茶ノ水に毎週某フランス教室に通っていたので、
毎回、クロサワ楽器や下倉バイオリンを冷やかしていました。
店の方にいろいろお話を聞かせてもらいました。
その時の弓が5万円のシールが貼ってあり、
驚きました。何でこんなもんが5万もするんや。

そして

なぜか通販でチェロセットを購入。
2年ほど教室に通って、
まだウェルナーも終えていないのに、
市民オーケストラに仮所属という無謀に。
それから3年。
これから私はどうなるのでしょうか。
それは、進歩し続けるでしょう! (せろふえ)
2020-10-15 18:08:38
Noboruさんコメントありがとうございます。いつもどうも。

 もうりっぱなアマチュアオケマンじゃあありませんか。これから、やめなければずっと進歩し続けるでしょう。(キッパリ!)
 残念ながら、僕やNoboruさんの才能ではヨヨ・マのようにはなれません。楽器も安いし。
 我々のレベルでは上達は練習量に比例すると思います。あきらめず、めげず、やるしかないと思います。ちょっとがんばりましょう。(自戒を込めて)

 

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

音楽」カテゴリの最新記事