せろふえ

チェロとリコーダー
自閉症の娘
本と漫画 農と食 囲碁パズル
とっちらかっているので、気になるカテゴリーやリンクを

「役に立たない日々」佐野洋子

2009年01月04日 | 

 正月早々、「役に立たない日々」ってのもないもんだが、まあいいか。
 「百万回生きたねこ」の佐野洋子が書いたエッセイ。いやー、いいなあ。僕は「百万回生きたねこ」はあざとさ?わざとらしさ?が鼻について、嫌いなんだけれど、このエッセイはいいなあ。こういうばあさんとつきあいたいとは思わないけれど、(身内、肉親だったらもっとたまらん)こういう年寄りになりたい。
 この年代、この歳のひとがこういう風に自由にと言うか、かってにと言うか、生きるにはずいぶんすごいことだと思う。ガンを告知されても、こうやって平然と生き、死ねたら(まだです、すみません)いいなあ。
 そういえば、同僚だったか、「おもしろいけど、作家なんてのは普通じゃないんだよ」みたいなことを言っていたような気がする。
おもしろくて、元気が出たような気がするが、常識人にとっては、むしろ読むのにエネルギーがいるのだろうか?
コメント   この記事についてブログを書く
« 書くことがない | トップ | 次女のひとりごと »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事