線路はつづく

線路を見続けて半世紀 あと何年続けられるやら

四日市入れ替えのDE10 1581とスイッチャー

2016-08-31 23:22:45 | ディーゼル機関車
 今日も入れ替え機はDE10 1581号機でした 駅と製油所の間を忙しそうに走り回っています。

    2016年08月31日撮影 関西本線 四日市  DE10 1581

 組成中のDE10 1581号機。

    

    

 一仕事終えて駅に戻るDE10 1581号機。

    

 入れ替え中の1581号機の横を 役目を終えてねぐらに戻るDE10 1165号機。

 

 スイッチャー12号機・16号機も 忙しく動いていました。

    

    

 待機中の12号機の横を 快速「みえ11号」が通り過ぎていきました。

    


    2016年08月31日撮影 関西本線 富田浜~四日市            キハ75 2911出レ  みえ11号

 セメントタンクもやって来ました。

    


    2016年08月31日撮影 関西本線 富田浜~四日市            DD51 1802  5367レ

 釜の奥で小さくなっている スイッチャーNo12号機。



    

この記事をはてなブックマークに追加

四日市 末広可動橋 初見参の報告

2016-08-31 21:54:29 | ディーゼル機関車
 今日は四日市市の 関西本線の引き込み線に有る 末広可動橋に行って来ました 以前から是非とも行ってみたいと

思っていたのが 漸く実現しました。

 朝早い列車を草津・柘植・亀山と乗り継ぎ 四日市に着いたのが10時少し前 早速駅前のレンタサイクルを借りて 四

日市の可動橋へ行きました この次に列車が来るのは午後の1時前なので 早いのは分かっていましたが何せ初めて

の場所なので 実際どれくらい時間がかかるか知りたかったのと 兎に角一度この目で見たいとの思いからでした。

 駅からは自転車で10分ほどで行ける事が分かったので それまで貨物列車を撮影するために 駅北のコスモ石油製

油所の近く迄戻り セメント貨物や石油貨物を写し1時間前に再び戻って来ました。

    2016年08月31日 末広橋可動橋

    

 列車が来ない時は 当然橋は跳ね上がっています その全体像を撮影しました。

 12時31分作業員の方が自転車で到着し 橋のたもとの小屋に入って行かれました。 
    

 12時36分警報音が鳴り 橋がゆっくりと降り始めました。

    

 良く見ると鉄塔の中に有る重りが 上がっていくのが判ります。

    

    12時38分 2分ほどで橋は降りました 橋が降りきると作業員の方は 自転車で道路橋を渡り 今度は踏切りでの

作業に取り掛かっていました。

 12時53分セメントタキを牽いた機関車が姿を見せました。

    

 作業員の誘導で ユックリユックリ橋を渡って行きます。

    

    

    

    

 橋を渡り切るのを待たず 戻って来る列車撮影のため 場所を移動しました。

この間作業員の指示で 貨車の入れ替えしているのでしょう エンジンを吹かす音や汽笛が 盛んに聞こえていました。

 10分ほどで先ほどの機関車に牽かれた タキの列が戻って来ました。

    

 先ほどと同じようにユックリユックリ橋を渡って行きます。

    

    

    

    

 列車が渡り終えると 橋は元の様に跳ね上がったのでしょうが 次の貨物の撮影のため急いで戻らねばならず 下が

り終わるのは確認できませんでした。

    


この記事をはてなブックマークに追加

銀釜(EF510 510)に おまけ(DE10 1733)付きの配6551レ

2016-08-30 21:08:13 | EF510
 西山踏切りに移ると いよいよ今日本番の配6551レです 短い列車の定番地 山崎蒸留所バックに陣取りました。

所が通過時間が近付くと 保線の方が ポイント保守の作業を目の前で始めました 列車接近の報が入ると 犬走に退

避されるのですが ギリギリの所に立って居られます もし写り込む用な所に立たれると嫌だなと思う反面 その時はそ

の時と開き直るしかありませんでしたが 無事写す事が出来ました。

    


    2016年08月30日撮影 東海道本線 山崎~島本            EF510 510 次DE10 1733  配6551レ

 EF510の単機か もしくは空コキ2~3輌だろうと思っていたのですが 来たのを見てビックリ 何と次位にDE10がぶら

下がっていました。

 しかもこの後の8056は EF66 33号機牽引 その他にも今日は 台風の雨による影響か 日本海縦貫線の上り貨物が

ベタ遅れで EF510貨物を5本も写せ なんとも豪華な一日でした。

 この前の夙川では 大いに凹みましたが 今日は正反対で天国にも昇る様で 「人間万事塞翁が馬」ではありません

が まさに「禍福は糾える縄の如し」そのものでした。

この記事をはてなブックマークに追加

EF200代走貨物を2本

2016-08-30 20:21:01 | EF200
 EF510の銀釜(510号機)が写したくて ついでと言うのも変ですが 55レも写せる様にと早起きをして来た甲斐が有り

ました。

 その第一はEF200代走の貨物が2本写せた事です しかも1本目は 55レ「福山レールエクスプレス」の代走です。

    


    2016年08月30日撮影 東海道本線 長岡京~山崎           EF200 5 55レ  福山レールエクスプレス

 55レ通過時刻が近付くに連れ 青空がどんどん広がって来ました 空を見上げて気を揉んでいると 55レ接近を知らせ

る様に警報機が鳴り始めました 太陽はまだ雲の端を転がっています その時竹藪の影に姿を見せたのは何とEF200

でした もう一度空を見上げると 少し顔を覗かせた太陽の姿が有ります 釜がさらに近付いた時 サーと明りが漏れて

来ました 露出を上げるのとシャッターを切るのが ほとんど同じでしたが 釜の辺りだけでも明るくなってくれて助かりま

した。

 早朝の貨物を撮り終えて小休止の後 朝の貨物の時間がやって来ました。

早朝は二人だった撮影者も 此のころになると一人また一人と増え始め 最終的には7人になっていました この人たち

もこの後の銀釜狙いかなと思っていると 1083レにも代走でEF200が入っているとの事でした。

 EF200 6号機に魅かれてやって来た1083レです。

    


    2016年08月30日撮影 東海道本線 長岡京~山崎            EF200 6  1083レ

 55レが通過して行くのと同時に 曇っていた空にドンドン青空が広がり 上空や北の空はすっかり晴れ渡っていました 

名神クロスにおいて この時間の下り貨物は最高の光線状態です やって来た列車はコンテナの乗りも良く この2本

をこの条件で写せただけで 今日早起きをして 来た甲斐が有りました。

 そしてこの後配6551レを写すため 西山踏切に移動しました。

この記事をはてなブックマークに追加

青(EF510 504)と青(EF210 1)の離合

2016-08-30 17:18:36 | EF510
 昨日EF510(富山機関)の運用を見ていると 銀釜(510号機)が配6550レの運用に就いていました 天気予報も晴れだ

しこれで30日は山崎行きに決めました ただ激しく雨が降っているので 予報通り雨が止むかどうかだけが心配でした。

 日の出が遅くなり53レは無理としても 55レから写せる様に 今日も朝4時に起き家を出ました 外に出ると昨夜あれ

ほど激しく降っていた雨が嘘の様に止み 東の空には三日月が光っていました。

 山崎には6時少し前に着きましたが 山際には雲が架かり 暫く晴れ間は見られそうに有りませんでしたが 兎に角撮

影準備だけは済ませ 列車が来るのを待ちました。

 撮影準備が終わり 8053レが通過した後にやって来た4070レです。

    


    2016年08月30日撮影 東海道本線 長岡京~山崎            EF510 504 4070レ  EF210 1 7090レ

 4070レが近付き もうすぐシャッターを切ろうと言う時 上りの貨物(7090レ)が飛び込んで来ました 何時もは4070レの

来るのが もう少し遅いのですが 今日はタイミングよく2輌の釜が並んでくれました。

この記事をはてなブックマークに追加