goo

なー

おっさんがまだ、小さかった頃。
いつも可愛がってくれる、親戚のおばさんがいました。
一家で親戚を訪ねると、おばさんは、玄関先で出迎えてくれました。

「なー、よう来てくれたなー、ええ子じゃなー」

おっさんの両親は、父親も母親も共に、厳しい人でした。
叱られて、泣きべそをかいていると、おばさんがやってきて、
ヨシヨシしながら、慰めてくれました。

「なー、泣かんでもええがなー、ええ子じゃがなー」

・・・・ と言いながら、頭を抱きかかえ、慰めてくれました。
小さい頃にいただいた、紛れもない 「愛」 の原体験でした。

あれから、時は流れて ・・・・

親戚のおばさんだけでなく、親兄弟、お爺さんお婆さん、学校の先生、友人知人。
多くの人たちから、受けてきた愛に対して、恩返しが出来たのかどうか。
そう自問自答すると、心が曇ってしまう。

おっさんは、そんな有様で、歳を重ねてしまいました。



この3~4年くらい前からでしょうか。
おっさんは、ある独り言を呟くようになりました。
人間、歳を取れば、多かれ少なかれ、誰でもそうなっていくのでしょうか。

おっさんは、昔から、基本的に独り言の多い人間です。
例えば、TV で見たお笑い芸人のセリフなどが、ふと口を突いて出る、
そういうところがありました。

ただ、この歳になって、変わったことがあります。
ひとしきり、物思いにふけった後、
最後に必ず、こう呟くようになりました。

「なー」

振り返れば、おっさんの人生は、物事から逃げ続けてきた人生でした。
まだ何とかなる、まだ先がある、と、物事を先送りし続けてきました。
20代、30代、40代までは、それでも良かったかもしれません。

50代となった今、どうにも誤魔化すことのできない、現実が見えてきました。
自分は、このまま、寂しい人生を終えることになるのだろうか。
そんな、悲しみとも後悔とも付かない気持ちを、心中ひとしきり、噛み締めた後で、

「なー」

最後に一言、おまじないのように、こう呟きます。
そうすることで、心が救われ、顔を上げることができるようになりました。
その一言には、おっさんなりの、さまざまな思い、念が込められています。

(寂しいけど)なー」
(また頑張っていくもん)なー」
(独りでもまた頑張っていくが)なー」
(みんなみんなありがとう)なー」

最近は、個人的な物思いにふけるときだけでなく、
外で犬や猫を見かけたときも、こう言っています。

(飼い主に可愛がってもらって良かった)なー」
(可愛いが)なー」

傍目には、「一人で "なーなー" 呟いているアブナイ人」 に見えることでしょうw
でも、おっさん本人は、それで救われています。

幼少の頃、親戚のおばさんから受けた 「なー」 の愛が、
おっさんの人生を救う、おまじないを与えてくれた、そう思います。
本当にありがたいことです。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

That Was Yesterday

落ち込んだときに聞くと、元気が出る曲。
悲しいときに聞いて、精一杯、泣ける曲。
絶好調のときに聞いて、より一層、得意気になる曲。

人それぞれ、心の処方箋としての
フェイバリットソングがある。

元気なときに、ノリノリにさせてくれる効果よりも
悲しみや、寂しさ、孤独、懐かしさ、などなど
一人で向き合う感情に、訴えかける効能こそが、音楽のパワー。
何となくだが、そんな風に思う。

男の場合、もう1つ、処方箋がある。
異性への気持ちが、うまくいかなかったときの、処方箋。

想像だが、女性の場合は
明るい曲を聞いて、元気になろうとするよりも
悲しい曲で、一度泣いてから、顔を上げるのだろうか。

男の場合、その中間がある。
カラ元気を出すでもなく、悲しみに一度、身を任せるわけでもない。

うまい言葉が見つからないが
例えるなら、タイガーマスクのエンディングの曲

♪ 強ければ それで いいんだ~(ピュー)

あのシチュエーションが、近いw
やせ我慢とも、ちょっと違う。
もっといい言葉が、あるような気がする。

冴えない気分を、紛らわせる、ごまかす、のではなく
これが自分の定め道、みたいな
そんな心境に、させてくれる曲。

フォリナー(Foreigner)の1985年のヒット曲
「That Was Yesterday」 も、その一つだ。

短い期間ではあったけれど、優しさと安らぎを与えてくれてありがとう。
そんな、愛しい人の面影があった日々の記憶が
一夜にして、心に痛い思い出に、180度変わってしまう。
これからは、それと独りで向き合っていかないといけない。
「That Was Yesterday」 は、そんな辛い立場に置かれた、男の悲しみを歌った曲だ。

そんな辛い出来事が、身の上に降り掛かるのは、できれば勘弁願いたい。
しかし、人間、生きていればいろんなことがある。
おっさんくらいの年齢になれば、そういうこともある。

寂しさに負けて、自堕落に走ったりしてはいけない。
今はどんなに、血が滴り落ちる、悲しい思い出であっても
いつか必ず、心の中で、その思い出に向かって 「ありがとう」 と言うときが来る。
そのときに、その思い出と、胸を張って対峙できるように
ただ犀の角のように真っ直ぐに生きていく。

それが 「おっさんの品格」 であると、自分は信じる。



i thought i knew you well
but all this time i could never tell
i let you get away
haunts me every night and every day


貴女のことは よく分かっているつもりでした
でも 今となっては そうは言えません
わたしは 貴女を追い詰めてしまいました
その後悔が 頭から離れません


you were the only one
the only friend i counted on
how could i watch you walk away
i'd give anything to have you here today


貴女は 唯一の人でした
いつも傍にいてほしいと 思っていました
貴女が いってしまうなんて
それを止めることができるなら どんなことでもしたいです


but now i stand alone with my pride
and dream that you're still by my side


でも わたしは今 孤独と闘う覚悟で ここに立っています
振り向けば 貴女がいてくれることを まだ夢見ているけれど ・・・・


but that was yesterday
i had the world in my hands
but it's not the end of my world
just a slight change of plans
that was yesterday
but today life goes on
no more hiding in yesterday
'cause yesterday's gone


でも それはもう 昨日までのこと
昨日まで この手の中に 貴女が一緒にいた幸せがあったのに
でも わたしはまだ 死んでいない
少し 予定外ではあったけれど ・・・・
それはもう 昨日までのこと
人生は 今日も流れていく
昨日までの幸せを 探し続けるのはもうよそう
昨日は 過ぎ去ってしまったのだから


love, my love i gave it all
thought i saw the light, when i heard you call
life that we both could share
has deserted me, left me in despair


愛しい貴女に 全てを捧げます
貴女の声で わたしの心に明かりを灯してください
そんな 貴女と一緒に生きる幸せな毎日は 失われ
わたしは 絶望の中に取り残されました


but now i stand alone with my pride
fighting back the tears i never let myself cry


でも わたしには 孤独と闘うプライドがあります
男なので 涙は見せません


but that was yesterday
love was torn from my hands
but it's not the end of my world
just a little hard to understand
that was yesterday
but today life goes on
you won't find me in yesterday's world
now yesterday's gone


それはもう 昨日までのこと
この手の中にあった 貴女の愛は 引き裂かれてしまいました
でも わたしはまだ 死んでいない
理解するには 時間がかかるだろうけれど ・・・・
それはもう 昨日までのこと
人生は 今日も流れていく
貴女はもう 昨日のことは忘れ わたしを思い出すこともない
昨日は 過ぎ去ってしまった


goodbye yesterday
now it's over and done
still i hope somewhere deep in your heart
yesterday will live on


昨日よ さようなら
もうすべて 終わったこと
でも わたしと一緒だった 昨日までの記憶が
これからも 貴女の心のどこかで 生き続けていくことを
わたしは 願っています



Foreigner-That was Yesterday (with lyrics)
https://www.youtube.com/watch?v=MgRP1b0cNU0
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

Feel the Raindrops

アドベンチャーズ(The Adventures)という、北アイルランド出身のロックバンドがある。
80年代半ばから90年代前半にかけて活動し、その後何度か再結集するも、本格的なリユニオンには至らないまま、現在はもう活動していない。

リードボーカルの、テリー・シャープ(Terry Sharpe)
紅⼀点の女性サイドボーカル、アイリーン・グリベン(Eileen Gribben)

PV を見る限りでは、↑この2人が中心メンバーのようだ。
あと、その他5名からなるw、計7人組のバンドだった。
自分もそれほど詳しく知っているわけではなく、ほとんど Wikipedia からの引用になる。

1985年 「Theodore and Friends」

デビューアルバム 「Theodore and Friends」 は、80年代洋楽黄金期真っ只中の1985年に発表され、4曲の UK マイナーヒットを生んだ。
1988年の 2nd アルバム 「The Sea of Love」 が、UK チャート No.30 まで上昇、US でもチャートに食い込み、これがバンド最大のアルバムセールスだったようだ。

1988年 「The Sea of Love」

その後、さらに2枚のアルバムを発表して、1993年にバンドは解散。
ディスコグラフィーを見ると、UK を中心に地道な支持を獲得していた状況がうかがえる。

シングルでは、1988年の 2nd アルバムからの 「Broken Land」 が最高位 No.8 を記録。
その当時、大学生だった自分は洋楽人間を絶賛継続中だったが、その曲は聞いたことがない。
The Adventures というバンドの存在自体、基本的に知らなかった。

しかし、あの頃好んで買って視聴していた LD の洋楽ソフトの中に、1985年のデビューアルバムから出た 3rd シングル 「Feel the Raindrops」 の PV が収録されていた。
そこで描かれているショートストーリーに、当時いたく心を打たれた。
それが今でも印象に残っている。



古びた廃アパートを訪ね、物思いにふける、男と女
2人を今も苦しめる、幼い日の記憶
そんな物語の主人公を、テリーとアイリーンが演じる

仲良しのアパート仲間と、かくれんぼをして遊ぶ日々
ある日、童テリーは、童アイリーンを誘って、こっそり抜け駆け
秘密の別室に隠れ、恋心を通わせる

気付いた仲間が、2人を血眼になって探す
あいつ、どこに行った? と聞かれ、童アイリーンが告げ口
見つかった童テリーは、集団リンチでボコボコに殴られてしまう

泥と血と涙にまみれた、童テリーの顔
その恨めしげな視線を、黙ってみつめる童アイリーン
残酷なまでに傷ついた、2人の幼い心 ・・・・

あの、セピア色の苦い記憶の残る部屋で、一人追想に暮れるテリー
そこへ、あの日、自分をボコボコにした幼友達がやってきた
長い年月を経た、和解のとき ・・・・

アパートの門の外で、アイリーンがたたずむ
あの日のことを詫びるために、みんなを一緒に連れて訪ねてきた
この思い、届けと、歌う



i feel the raindrops on my head
watch the sun 'til my eyes turn red
still i can hear those things you said


思い出せば 今も 心に雨が降る
思い出せば いつの間にか 空が夕陽に染まっている
あの日 あなたが言った言葉が 忘れられない

PV が描くストーリーに非常にマッチした、センチメンタルに満ちた美しい曲だ。
幼い頃の思い出を振り返るとき、誰もが優しい気持ちになる。
それを思うことで、今がどんなに成り果てていても、人は悲しみの中で救われる。

テリーをボコボコにした悪ガキたちが、あの日のアパートにフォーメーションを組んで訪ねてくるシーンが(03分06秒~)、おっさんとしては最も感動ポイントが高い。
こういう感じの、「小さい頃の思い出」、「時のながれ」 の合わせ技で来られると、

( ;∀;) イイハナシダナー....

と、つい涙腺が緩んでしまう人は多いのではないかと思う。

過去の軋轢を乗り越えて、万感の思いで再会し、再び手を取り合う。
この PV のようなドラマチックな和解のときが、おっさんの人生にも訪れてほしい。

The Adventures - Feel the Raindrops
https://www.youtube.com/watch?v=0xLttqYk2q8
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )