垂直落下式どうでもいい話

基本的に凡人以下なので期待しないでよね-=≡Σ(((⊃゜∀゜)つ

映画を観た~告白~

2010年06月07日 23時41分27秒 | 映画
これぞ復讐エンターテイメント!!






ストーリー&解説:女教師・森口悠子の3歳の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見された。数ヵ月後、森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです」と衝撃の告白をし、ある方法にてその二人の生徒に復讐する。そして4月、クラスはそのまま2年生に進級。犯人のひとりAはクラスのイジメの標的になっていた。そして、もうひとりの犯人Bは登校拒否し、自宅に引きこもっていた…。

2009年の本屋大賞を受賞した湊かなえの同名小説を、『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督が映画化。娘を殺されたシングルマザーの教師を、松たか子が鮮烈に演じている。中島監督は、これまでのポップな演出とは打って変わったリアリティあふれる映像を見せる。一見無邪気に見える13歳の中学生たち。彼らの中に潜む残酷な心の闇が巻き起こした事件が、女教師の告白をきっかけに拡散していく様子は、観る者の心を波立たせずにはおかないだろう。娘を殺された母を演じた松たか子、犯人Bの母を演じた木村佳乃、二人の母親を演じた女優たちも会心の演技。子どもと母親の関係性、現代の子どもたちの生き辛さを、痛いほどに生々しく描き出した問題作だ
(goo映画)


【五つ星評価…




一歩間違えれば垂直落下式“うつ映画”確定の陰湿映画に成り下がってしまうテーマを、よくぞここまでエンターテイメント作品に仕上げたものだ。

といっても、痛快な復讐劇が展開されるわけではなく、陰湿な方法でじっくりジワジワと精神的に追い込んでいくタイプの内容。

劇中の色は非常に暗いものですが、その奥底にある凄まじい娯楽性を管理人は見逃しませんでしたよwww

管理人はこういう復讐劇が大好きです。

まず凄いのが冒頭、ホームルームでの森口悠子先生の告白の重量感。

この冒頭だけで9割の客は物語に惹き込まれるはず。

映画の底知れないポテンシャルを感じる秀逸な冒頭で、その後ちょっと遅めにバ~ンと出てくる『告白』の文字も冒頭の余韻で迫力アップ。

しかし、冒頭凄くて後半最悪みたいな映画が結構ありますので注意はしていましたが、この映画は本物だったようです。

重い部分とエンターテイメント性のバランスが抜群に良かった。

犯人とはいえ、13歳のガキを容赦なく奈落の底に突き落としシニカルにあざ笑う松たか子演じる森口先生が素敵すぎる。

愛娘を失った悲しみの部分も描写はされていますが、やっぱり復讐者としての顔の方が印象的。

森口先生の言葉遣いがまたポイントで、ほとんどのセリフが敬語なのが良い。

物語が進むにつれて敬語の中にもだんだん攻撃性が生まれてくるのが分かり、観る側のボルテージも徐々に上がってきます。

やっぱりね、犯した罪の重さってのは誰だろうと変わらないんですよ。

大人だろうが未成年だろうが精神異常者だろうが。

少年法とか精神鑑定とかそんなもんで刑が軽くなるなんて僕は納得ができません。

僕は“私刑”という選択を貫いた森口先生を熱烈に支持したくなってくるんです。



目には目を歯には歯を。非常に危険な選択なのですが、実行する者にとっては最大の正義であり、時には美しさすら感じるもの。

内容的に本当に悲しい話なのですが、この映画は復讐の美学がビッシリ詰まった最高のエンターテイメントだと思います。



主要キャストはもちろん、中学生役の役者さん達も頑張って良い演技していました。彼らには惜しみのない賞賛の拍手を贈りたい

特に制裁を受ける哀れな中学生二人を演じた役者は良かったよwww

それから、犯人Bの母親を演じた木村佳乃にも注目。

気になる部分としては、告白前のクラスの雰囲気がカオス過ぎるかなとwww

告白後の完全崩壊的描写は良いけど、告白前は担任の森口先生の子供が事故死してしまったという現実だけがあるわけで、そんな状況下で森口先生を小馬鹿にしたようなホームルームの雰囲気はなんだったのだろうか。

あれだったらクラス全員が復讐の対象になっても不思議じゃないような……。

いや待てよ。そっちの方が面白い話になりそうな気が………。

まぁいいか。

もう一回観に行こう。オススメです。









にほんブログ村 映画ブログへにほんブログ村

告白 - goo 映画告白 - goo 映画
コメント (6)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« 映画を観た~ヒーローショー~ | トップ | お知らせ »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見ましたよ~「告白」 (とら)
2010-06-08 10:02:52
おはようございます。とらです。
私も「告白」見ましたよー。
すごい絶賛の嵐なので、どんなに心揺さぶられるのかと思ったら、
残念ながら私には合わず…。
ううむ。残念。

ぬるい少年法では罰せられないから、自ら裁いてやる、といっても実際は、
ちょっと背中を押しただけであとは自滅、みたいな話は嫌いじゃないのですが、
日本の話でない方が私は共感しやすいみたいです。
ありがとうございます (ハンガー拳法)
2010-06-12 19:06:30
とらさん

>ちょっと背中を押しただけであとは自滅

そこに復讐の美学を感じますww
こんばんはです。^±^ノ (てくっぺ)
2010-06-12 23:43:29
これはまた見たくなる映画ですね。^±^

宮部みゆきさんのOUT的なのが結構はまっちゃうんです。^±^
見てみたいなあ。^±^ノ
ありがとうございます (ハンガー拳法)
2010-06-16 18:41:34
てくっぺさん

いつもありがとうございます。
告白オススメですよ!ぜひ劇場でご覧になってください!
Unknown (通りすがり)
2010-06-18 03:14:21
昨日見ましたが同意です。これは本当にすごい!
まぁ邦画だしな・・・とか思ってた自分が恥ずかしくなるくらいのクオリティの高さに衝撃を受けました。
自分もまた見に行く予定です^^
ありがとうございます (ハンガー拳法)
2010-06-20 12:23:18
通りすがりさん

ご覧になられましたか!!
凄い邦画に出会えて幸せです。
僕はもう2回目いきましたよ!ww

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

14 トラックバック

「告白」 (映画鑑賞日記)
評価:★★ ストーリー(Yahoo!映画より) とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が 静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故死と判断しましたが、娘は事故で死んだのではなく このクラスの生...
映画『告白』(お薦め度★★★★) (erabu)
監督・脚本、中島哲也。原作、湊かなえ。2010年日本。R15 指定。ヒューマンサ
告白 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
苦手な分野の話だと踏んで、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえさんの原作は未読。映画もノーチェックで観る気はなかったが、評判がいいようなので、悩みに悩んだ挙句恐る恐る観に行ってみた―【story】とある中学校の1年B組、終業式後のホームルームで、担任の森口悠子(...
中島哲也監督 「告白」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
告白 - goo 映画 公式サイト⇒http://kokuhaku-shimasu.jp/index.html 【あらすじ】 女教師・森口悠子の一人娘・愛美が、森口の勤務する中学校のプールで溺死体にて発見。 森口は終業式後のホームルームにて「私の娘はこの1年B組生徒二人に殺されたのです」と衝撃の...
告白 (勝手に映画評)
「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」と言う衝撃的な台詞が印象的な、2009年度「本屋大賞」授賞作品が原作。実は、「娘の愛美は、このクラスの生徒に殺されました」のセリフが物凄く印象に残ったので、原作を読もうと思っている間に、映画化されてしまいました...
告白 (松たか子さん) (yanajun)
映画『告白』は、『嫌われ松子の一生』、『パコと魔法の絵本』などで有名な中島哲也監督が、2009年本屋大賞を受賞した湊かなえ氏の同名小説にほれ込んで映画化した作品です。 松たか子さんは、主演の教師・森口悠子 役で出演しています。 先日、劇場に観に行きました。 ...
告白 13歳ってこえ~っノォオオオオオ!! な~んてねっ。 (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=24 -9-】 映画の予告編を映画館で観るようになって、是非見たいと思ったこの「告白」だけど、ちょうどそのころ、母が読み終えた本をいつもながら何冊かあったので、なんだか解らずにしばらく読み進めていたら、なんと偶然、この映画の原作の「告白 (双葉文...
告白 (だらだら無気力ブログ)
2009年の本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラーを基に、愛する娘が 自分の教え子に殺された中学校の女性教師がその教え子に復讐する様を 描いたサスペンスドラマ。 『ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~』の松たか子を主演に迎え、『パコと 魔法の絵本』の中島哲也監...
『告白』 はじけたのは何か? (映画のブログ)
 「私には判っている。」  『告白』の登場人物たちが、何度か口にするセリフだ。  「私には判っている。」  そう云いながら、判ってい...
『告白』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「告白」□監督・脚本 中島哲也□原作 湊かなえ□キャスト 松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、下村直樹、橋本愛■鑑賞日 6月13日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ...
告白 (Akira's VOICE)
命を知るための課外授業。  
[映画『告白』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆仕事を定時で終え、近所のプールに行き、サウナに入り、イオンモールに行き、フードコートで食事をして、レイトショーで映画を観てくるという充実した一日でした。  明日も仕事があるので、このレビューは短信でごめんなさい。  でも、みんなに評価の高いこの作品だ...
告白 (単館系)
中島哲也監督といえば下妻物語や嫌われ松子の一生ですよね。 この2作品は作りがよく似ていたのでああ、同じ監督だとすぐわかる映画のはずな...
【映画】告白 (新!やさぐれ日記)
▼動機 バカにしに ▼感想 驚くほど良く出来た映画化 ▼満足度 ★★★★★★☆ いいかも ▼あらすじ とある中学校の1年B組、終業式後の雑然としたホームルームで、教壇に立つ担任の森口悠子(松たか子)が静かに語り出す。「わたしの娘が死にました。警察は事故...