ジーンズリペア&リメイク工房 hands-on 日記(旧ブログ)

デニムの産地、岡山から発信するジーンズ日記(2010年12月~2016年1月)

リーバイス502XX (501XXのビッグサイズ) 革パッチ(53モデル) オーバーホールリサイズ アフター

2014年07月14日 | リメイク その他

こんにちはジーンズリペア&リメイクのhands-onです。


日曜日にブログをUPする予定でしたが、、、

お休みは家族サービスで忙しく、、、

結局、月曜日の朝になってしまいました(苦笑)




沢山の問い合わせのメールが溜まっています、、、

やばいです、、、

(土曜日にメールされたお客さま、まだ返信してなくてスミマセン)





それでは早速、完成形の紹介をします。













W30インチのジーンズに生まれ変わりました。

denimbaさんのオリジナルジーンズ bridge のパターンで作ったので

綺麗なテーパードストレートのジーンズだと思います。



いやー、これが完成したときは

私も何とも言えない達成感がありました。


XX革パッチのデッドを解体→裁断→再構築って 自分も初体験でしたし

他で誰かがやった とかも聞いた事がありませんでした。


本当に貴重な体験が出来ました。

私にこんなチャンスを与えてくれた denimbaさんに感謝です。







では完成したジーンズのディテールを紹介します。

(製作時にこだわった部分)







まずは前身頃から


縫製糸はもちろんオール綿糸です。

縫製仕様や糸番手も出来る限り、オリジナルを忠実に再現しました。

















左右前ポケット部分です。

リベットはオリジナル品の再利用が出来ないので

bridgeに使用したのと同じ ユニバーサルの刻印が入った

打ち抜きリベットを採用しました。

(denimbaさん希望の品です)








ベルトループはそのまま再利用しています。













小股の縫製です。

XXらしく太番手ステッチで縫っています。














内側を見て行きます。

帯裏に当店のオリジナルネームを付けました。

hands-onでリメイクした証を残させて頂きました(感謝)














ボタンホールですが

トップボタンホールは新たに穴をあけました。

その下の比翼部分(フライボタンホール)はオリジナルを再利用です。


色々と試行錯誤して

フライボタンは3つ入れる事が出来ました。

(オリジナルパーツを生かしたので制限のある物作りです)













トップボタン、フライボタンもオリジナルを生かしています。













帯び止めはもちろんVステッチ仕様です。

ボタンが付いた状態でのステッチワークでしたので

V字の角度もこのようにしか出来ません。


※帯下に白い糸が見えていますが

これは仮縫い用の糸で洗うと溶けてなくなる仕掛けです。

オリジナルパーツを生かす縫製をするには

このような工夫も必要なのです。















バックポケットの隠しリベットです。

リベットの再利用は出来ないので

なるべく雰囲気の近い物を採用しました。


あと、かなりマニアックなのですが

バックポケットのステッチを隣に移動する時は

あえて糸を切らずに、糸の渡りを残しています。

オリジナルの縫製がそのようになっていたので再現してみました。











次に後身頃です。












バックセンターの縫い合わせはなるべく一致させました。

(何回もやり直しています)
















左右バックポケットのステッチワークです。

ここもなるべくXXの雰囲気になるように気をつけました。


アーキュエイトステッチはオリジナルを再利用したので

このような角度になっています。














denimbaさんが最もこだわる隠しリベット上の膨らみです(笑)

オリジナルの縫製を忠実に再現しております。













裾のインシーム側です。

押さえのコバステッチの幅は広めにしています。

ここもdenimbaさんがこだわっている部分です

マニアックなこだわりですね(笑)














こんな所だれもチェックしないと思いますが、、、

地縫いは太番手のシングルステッチ

オーバーロックは粗めにして

押さえはチェーンステッチです。

(オリジナルのXXに忠実な仕様)















アウトシーム

もちろんセルビッチ仕様










耳の折り幅は何ミリにしたか忘れてしまいましたが、、、

denimbaさんから指定された幅にしています。

定規で測って確認しながら縫った記憶があります。

(彼がずっと現場に居たので、このような事も可能でした)



裾上げはもちろんチェーンステッチ仕様です。






以上です。




denimbaさんはこの為に岡山に泊まりで来ていました。

凄い情熱ですよね、、、



私も参りました、、、


ここまでされると、、、

私も出来る限りの事はしたいと思いました、、、



このような物作りを実現するには

お互いが顔を合わせてのコミュニケーションと信頼関係が必要です。




このジーンズは一度解体したので

オリジナルビンテージとしての価値はありませんが

私とdenimbaさんの情熱という価値は計り知れない物があります。



この仕事やってて良かったと思った瞬間でした。




このジーンズがどうゆう色落ちをして

育っていくかは、今後のdenimbaでお楽しみ下さい。

彼も沢山のジーンズをローテーションで穿いているので

すぐに結果は出ないと思いますが

楽しみですね。

では。





   ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓




この記事についてブログを書く
« リーバイス502XX (501XXの... | トップ | サムライジーンズ リペア+... »
最近の画像もっと見る

リメイク その他」カテゴリの最新記事