ジーンズリペア&リメイク工房 hands-on 日記(旧ブログ)

デニムの産地、岡山から発信するジーンズ日記(2010年12月~2016年1月)

denimba×hands-on 4生地使い クレイジーパターン ジーンズ 穿き込みレポート

2013年04月21日 | まめ知識

こんにちはジーンズリペア&リメイクのhands-onです。

やっと風邪が治ったようです。

通常とおりの作業に戻りました。

しかし、おかげで色んな事が溜まっております、、、(冷汗)

納期の遅れを取り戻すべく、作業に集中しているので

メールの返信が遅くなり、ご迷惑をお掛けしております。




今回紹介するのは

オリジナルジーンズ作りのお手伝いをしております

denimbaさんの1stサンプルの穿き込みレポートを行ないます。

ノリで作ったジーンズでしたが、その色落ちがとてもカッコ良くて

みなさんにも見て欲しいのでブログを書くことにしました。


まずそのクレイジーパターンの詳細から紹介します。



4生地の詳細をdenimbaさんに丁寧に書いて頂いております。

(ありがとうございます)


パッと見でわかり易いように

色分けしました。

赤、青、緑、黒 の下線を引いております。


今までに誰も作った事の無い

クレイジーパターンを作ろう!

と アイデアを出し合って考えたジーンズです。

ベルトループの1本、1本まで違う生地にしたというコダワリ。

完全に自己満足の世界ですが、、、(苦笑)



それでは

その色落ちです。

じっくりとご覧下さい。




























































































































という感じです。

凄い色落ちと

絶妙なクレイジーパターンの繰り出す

その変化に 実物を見ると圧倒されます。

denimbaさんに聞いたところ

某有名ショップのバイヤーさんから

これは売れそうだから、商品化して欲しいと言われたそうです。

他に個人さんからも同じ物を作って欲しいとの依頼もあったそうです。


それで 1点物感覚で作った私も

一応、原価計算してみました。

うーん

1点で作ると 上代で5万円は必要ですねー(冷汗)

4生地を別々に小分けで購入して

細かくパターン別に裁断して

縫製していく とても根気のいる作業です。

やはり手間賃が相当掛かります。





話しは戻って、この4生地の穿き込みテストで

denimbaさんオリジナルジーンズの生地を決めました。

青線の 13.5オンス 自然ムラ メンフィスコットン デニムに決定です。


ムラというのは縦糸のムラ形状の事です。


生地の事は専門家ではないので

あまり詳しくないのですが、、、

一応説明しますね、、、


デニムの縦落ちの要因のひとつに

縦糸の太さが不均一のムラ糸というのがあります。

ムラ糸を作るには色々な方法があるようで、、、

綿花から糸に撚る段階で色々な仕掛けがあるようです。

メリハリのあるムラを作るには

コンピューターで撚りの強さをパターン化したり、、、

さらに微妙な変化をつける場合には

手動でランダムさを出したり、

色々な方法があるそうです。

(聞いた話なので曖昧でごめんなさい)




 

私が自作したジーンズに

わかりやすい見本がありました。




綺麗な縦落ちをしたジーンズです。

よーく生地の色落ちを見て下さい。

同じ間隔で縦筋が出ていませんか?

これがコンピュータームラの縦落ちです。

これは生地の品番も生産方法もちゃんとわかっていたので

断言できます。


こんなにじっくり生地を眺めるのは相当なマニアですが、、、(苦笑)

みなさんもお手持ちのコダワリのジーンズの色落ちを

じっくり眺めるとそのムラ形状が見えてくるかもしれませんよ。


※リアルビンテージのムラは狙った物ではなく

当時の紡績技術が未発達だった事の表れです。




また、話がそれてしまったのですが、、、

只今、denimbaさんのジーンズ製作も

3rdサンプルまで進行しています。

まだ、納得して頂けない部分があるので

もうちょっと修正をしていくつもりです。

首を長がーーーーーーーーくして待っている方も多いと思います。

しかし、企画者が満足できないと

販売したくないという気持ちが強いので

もう少し、待って下さい。


私も製作に関りながら

どんな凄いジーンズが出来上がるのだろう?

とワクワクしてます。


縫製工場の社長が大変そうで、、、

ちょっと同情しますが、、、

指示が細かすぎて、、、

denimba専用指示書まで作ってくれていました、、、(苦笑)





denimbaさん本気なので

また次のサンプル作るのかな?

サンプル1点作るだけで相当なお金が掛かります。

その情熱に頭が下がる想いです。



ではこの辺で失礼します。

・ご依頼の流れは以下のページで説明しております。
 ↓ 

 https://hands-on-jeans.com/nagare.html

 

・ビンテージ(アンティーク)ミシンで作った製品も販売しております。
 ↓
https://handsonjeans.thebase.in/

(BASE検索 hands-on-jeans)

この記事についてブログを書く
« A.P.C.(アーペーセー) ジ... | トップ | エドウィン 503 股の解体リ... »
最新の画像もっと見る

まめ知識」カテゴリの最新記事