ジーンズリペア&リメイク工房 hands-on 日記(旧ブログ)

デニムの産地、岡山から発信するジーンズ日記(2010年12月~2016年1月)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

左綾デニムの裾上げ アタリ出し加工 (右綾デニムとの比較) <2014/3/24追加事項あり>

2014年03月06日 | リメイク 裾のアタリ出し加工

こんにちはジーンズリペア&リメイクのhands-onです。



今回のブログネタは、、、

超マニアックです。


でも 紹介させて頂きます。





こちらは サムライジーンズです。

Leeタイプのレプリカだと思います。

左綾デニムを使っています。

(綾目が左上に向かっています)



今回のブログは画像データのサイズ変更に失敗してしまい、、、(苦笑)

元データを削除してしまったので、、、

この小さい画像しか有りません。

見えにくくてスミマセン。
















裾上げアタリ出し加工を行なっています。







元の裾と並べているので、アタリ感の比較をしてみて下さい。




右前の裾











左前の裾










右後の裾












左後の裾






元の裾もチェーンステッチ仕上げでしたが

何だか、もやっとして

ハッキリしたウネリが出ていません。

(この商品がヘビーオンスデニムというのも影響していますが、、、)




ユニオンスペシャル43200Gという

チェーンステッチ裾上げ専用機を使うと

裾のアタリが捻れて、ウネリが出るというのは有名です。

過去ブログで紹介しています→こちらをクリック



それは右綾デニムならではの現象だと思っています。


ユニオン43200Gで縫うときの捻れの方向と右綾デニムの捻れの方向が

一致するので、洗い込む事によって更に捻れが増していきます。


もうお分かりだと思いますが

左綾デニムをユニオン43200Gで裾上げすると

ミシンの捻れの方向と左綾デニムの捻れの方向が逆になるので

ウネリがほとんど出ないようです。

私が今までに見てきた数々の左綾デニムの裾のチェーンステッチ仕上げを

見てきた検証結果からです。

(例外があったらスミマセン)



実際にユニオン43200Gを使って

左綾デニムのアタリ出し加工に挑戦した事もありますが

その時もウネリがほとんど出ませんでした。




そこで開発したのが今回のやり方です。




裾の裏側です。





矢印のように、ロールアップして左向きに捻っています。

(これがユニオン43200Gだと右向きに捻れます。)





どうしてこんな事が出来るのか?と言いますと、、、

本当は ユニオンスペシャル43200G が欲しくて欲しくてたまらないのですが、、、

値段が高すぎて買えませんでした、、、

(特殊な縫い方で独特のアジが出るので、相当なプレミアが付いています)




でもチェーンステッチの入れ直しなどの依頼は多いので



当店では 国産 BROTHER のチェーンステッチ専用ミシンを使っています。

(厚物専用なので20オンスオーバーのデニムも楽々縫えます)



そうなんです、

この通常だと捻れないミシンを使って、、、

手作業で捻って、捻って、縫っているのです。

(単なる気合とド根性なんですが、、、)




単純ですが

右綾デニムは右向きに捻るし

左綾デニムは左向きに捻っているだけです、、、(苦笑)



ユニオン43200Gが高くて買えないので

その機械の機能に対抗した、手業です。

(カッコ良く言えばそうなります)


でもお蔭様で、その機械が出来ない事が出来る様になりました(喜)







ちなみに

一緒に作業していた右綾デニムがあったので

比較します。









AGのジーンズです。









元の裾との比較です。

元の裾よりもウネリを出しています。











上がAG(右綾デニム)の裾

下がサムライ(左綾デニム)の裾

ウネリの向きが違っているのがおわかりでしょうか?

 

 

<2014/3/24 追加事項>---------------------------------------------------------------

 

これ以外にも左綾デニムのアタリ出し加工で分りやすい例があったのでご紹介します。

エヴィスジーンズ Lee のレプリカモデルのようです。

左綾デニムを使っています。

こちらは元の裾の長さを変えずに、縫い直しでアタリ出し加工をしています。

 

左向きに捻らせて縫っています。

 

ロールアップした時に縫い代が左側にずれます。

 

 

 

 

上の裾が先程のエヴィスの左綾デニム。

下の裾は右綾デニムのジーンズ(店主の私物)

ウネリの向きが違っていますね、、、

---------------------------------------------------------------------------------------------




ブログの冒頭に書いたように

超マニアックな違いです。



こんなことを気にする人なんていないと思っていますが、、、(苦笑)

こうした方がより綺麗にウネリが出るので

このようにさせて頂きます。



左綾デニムの裾上げアタリ出し加工 5000円(別途送料)

(右綾デニムと同じ)


オーダーお待ちしております。





   ホームページ公開しています。下のhands-onマークをクリック↓





この記事についてブログを書く
« ディーゼル ストレッチ入り... | トップ | サプライズ企画 LIMITED ED... »
最新の画像もっと見る

リメイク 裾のアタリ出し加工」カテゴリの最新記事