One-Leg Playerの奮闘記

障害を持っていても松葉つえ1本でいろんなスポーツにチャレンジしています。

骨盤底筋にもピラティスが・・・

2013-12-28 15:45:20 | インポート

昨日、京都市障害者スポーツセンターで行われた「女性のためのトレーニング体験会」は如何でしたか?

今回のテーマのトレーニング器具を使ってできる女性にとって大切な筋肉(骨盤底筋群)のトレーニングは、産後のママさんや40代の女性にとって厄介な尿失禁などで悩まれている方には大変参考になった体験会だったと思われます。

この骨盤底筋は一般の筋肉とは違い鍛えにくい部分にあるので、自覚症状が分かりにくい場合が多く、クシャミや咳をして腹圧がかかった時などに尿漏れしてしまうことがあるそうです。

ある企業が全国の尿もれを自覚している40代女性を対象に骨盤底筋トレーニングに関してアンケート調査をしたところ、2か月の継続で尿もれの改善を実感した人が66.6%も、そして、尿もれが改善した人のうち約6割が骨盤底筋トレーニングを毎日実施し、不安から解放され自分らしさを取り戻された方が69.9%もおられたとか。

骨盤底筋を鍛えるには、トレーニング器具を使用したり、骨盤矯正エクササイズなどもあり、ピラティスなんかもいいみたいですよ。

京都市障害者スポーツセンターでは、ご婦人方に人気がある「ピラティス教室」が新年の1月22日(水)から再び始まります。

ピラティスは、呼吸を意識しながら運動を行って、体のバランスを整えていき、日常生活やスポーツの中で、体を効率よく動かせるようになることを目指します。

今回のピラティス教室の時間帯は午後2時~午後3時まで、毎週水曜日(1/22~3/12)の全7回にわたり実施され、対象者は、障害手帳の交付を受けている方で、定員は10名程度です。
参加希望が多い場合は、2部に分けて行います。その場合、時間調整を行いますので、1月13日~18日にセンターから連絡されるそうです。連絡が無い場合は、予定どおりお越し下さいとのことです。)

なお、インストラクターの都合により、やむ得ず中止、あるいは日程を変更する場合がありますので、予めご了承ください。

申込みは新年の初日の1月5日(日)~12日(日)まで、所定の申込用紙にて、お早めにお申し込みください。郵送・FAX・ホームページからも申し込めます。

詳細は1月5日から京都市障害者スポーツセンター、075-702-3370まで、お問合わせ下さい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« センターも仕事納め。 | トップ | iphoneのバッテリー長持ち対策。 »
最近の画像もっと見る

インポート」カテゴリの最新記事