One-Leg Playerの奮闘記

障害を持っていても松葉つえ1本でいろんなスポーツにチャレンジしています。

フィジオセラピストの仕事の流儀。

2016-12-05 14:45:05 | 治療・療育方法

あるJリーグのサッカーチームの所属するトレーナー&フィジオセラピストさんの仕事の流儀が、
「まず何よりも先に選手の話をよく聞くようにしています。当たり前のことを人より当たり前にやる。
大変な時も、とにかく諦めないこと」と深い知識と長年の経験に裏打ちされた言葉だった。

まず、ケガした選手の痛めた部分をさわり、症状を引き起こす問題点はどこかを把握し、どう治す
かを考え一人一人に合った方法を取り、筋肉のコリを手でほぐしたり、鍼や治療機を使って運動
機能を回復させる。

ケガをした選手の不安や苦しみに寄り添い、一緒に治していく感じで、決して諦めない強い気持ちで
支える。そして、この仕事は終わりが無いというか、ずっと学ばないと自分の治療の技術も向上しない
し、進んで行かないと言う。

まさに、前回の「自分の強みを生かせ!!」に繋がるのと、このトレーナー&フィジオセラピストさんが
弟の仕事の流儀に良く似ている気がして、この記事に興味を惹かれ紹介したくなった理由です。

選手の部分を他の言葉に置き換えても、共通するところがあると思いませんか?
(例えば、利用者さんとか、患者さんと言うふうに・・・)

(2016/12/3、京都新聞、職業研究図鑑、フィジオセラピスト(理学療法士)、選手の心によりそい治療より)

コメント