半田混声合唱団 「団員メッセージ」

半田混声合唱団員が合唱への「熱い思い」を綴ります。

「聴く人の心を動かす合唱を目指して」

2018-08-31 | 日記
 私が半田混声合唱団に入団したのは、還暦を迎えるにあたり、仕事に打ち込んできた人生に、好きな音楽で彩を加えたいと思って合唱団の練習を見学したのが切っ掛けでした。あれから3年。仕事を続けながらも週一回の練習がとても楽しく、本当に歌が好きな人達の仲間入りをさせてもらっています。
 今日は、11月の定期演奏会に向けて、混声合唱曲「花に寄せて」の練習がありました。”白い十字架に似た小さな花を見て何を思ったのかしら・・・救い?どんな響きで表現するの・・・?、ていねいに、でも遅くなり過ぎないで!”と、練習では、指導していただく先生の、言葉から指先から、溢れる音楽性を発見する喜びがあります。先生は常に私達の感性を刺激してくださっています。皆がそれぞれの心で感じ、それを声にすると合唱の音色に変化が現れる。そんな一コマひとコマがとても嬉しいのです。
 道のりは長いけれど、もっともっと美しい歌になるように、何度も何度もトライして、聴く人の心を動かす合唱を目指したいと思います。
 音楽の好きなあなた、是非見学に来てください。お待ちしています。
(ten.)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「歌う楽しさ 未来へ」 | トップ | 『つれづれなるままに』 »