半田混声合唱団 「団員メッセージ」

半田混声合唱団員が合唱への「熱い思い」を綴ります。

『つれづれなるままに』

2018-10-01 | 日記
つれづれなるままに、鰯雲を見つめながらふと考えてみた。第51回定期演奏会が近づいてきている今、知多半島を代表する合唱団である私たちが、何を目指すべきか。何を目指せるのか。
 11月18日(日)に開催するこの演奏会での曲目は「海の詩(うた)」「ホームソングメドレー」「花に寄せて」と、合唱曲として代表的なものばかりで、それぞれの歌に深い意味がある。心地よい旋律にのせ、聴く人たちにその深い味わいを伝えられるよう、日々精進しているところだ。ここ半田市は、山車や知多の海など、歴史・文化・自然に恵まれた郷土愛の強い地域であり、みりんを始め旨味のある調味料も有名である。我ら半田混声合唱団はプロではないが、日々の練習によって、ここ半田で熟成された旨味を味わってもらえたら最高である。
 私のメッセージをご覧になった方々。歌を通して伝える喜びを一緒に味わいませんか。そして、あなたの人生も熟成させてください。 
(Bass)
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 「聴く人の心を動かす合唱を... | トップ | 「いま」だから歌えるもの »