ブログはなやさい

福岡 桜坂 CAFE&DINER はなやさい
店主 大山博嗣のブログ 

… 本と映画と音楽と酒

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

気にしない

2014年05月14日 16時50分08秒 | Weblog
イカのスミ煮がが少し余っていたので

オイルとお湯でのばしてみた


パスタのソースにぎりぎり足りそうだ


以前スペイン人のマダムから教わったこのイカのスミ煮には

玉ねぎとニンニクがたっぷり入っている

のばして味が薄くなった分、昨日作ったトマトソースを少し加え

パルミジャーノレッジャーノを入れようと思ったが

急に気が変わってクリームチーズを溶かし入れた

結果やさしいコクが加わった

うまくいったようだ


久しぶりにちょっと手の込んだ賄いだ

こういうのを喰うときは白ワインが必要である


雨が降ってたがテラスで喰った




のんびり喰うはずが、いっきに喰った






道行く人がチラチラ見ている

多分優雅な食事が羨ましいのだろう


後ほど鏡を見て思った

そうか

彼らが見ていたのは

優雅なテーブルではなく、

私の黒い、


口元かもしれない

いっきに喰ったからなぁ

ホラー映画みたいになってた


ま、気にしないけど。
コメント

スマイル

2014年05月11日 15時27分44秒 | Weblog
スティービー・ワンダーの歌う『スマイル』がなかなかいい、

そう聞いたので早速YOUTUBEで観てみた

なるほど確かにいい

13歳にして既にスティービー・ワンダーである

多分天才である


チャップリンの作曲した『スマイル』は

多くのアーティストが歌っている

私にとっては、

ナット・キング・コールの歌う『スマイル』が

一番馴染みがある


スティービー・ワンダーの映像を観た後

他のアーティストの歌う『スマイル』を少し探してみた


マイケル・ジャクソンも歌っていた

そういえば歌っていたな

普通ならそんな程度の反応なのだが

この時ばかりは、ちょっと、というかかなり気になった


私がチャップリンに惚れ込むきっかけになった、

『キッド』という映画を背景にした映像が投稿されていたからだ

すぐに観てみた

実際はこの映画の曲ではないが

とにかくフィットし過ぎていて

うっかり泣きそうになった









いや、本当は泣いた




こちらは13歳のスティービー・ワンダー





すごい

コメント

気がする

2014年05月11日 11時49分08秒 | Weblog
ある70代半ばの男性と話していたときのことだ


布団をクリーニングする機械が今流行りらしく

最近とうとう購入したと言っていた

ピンとこなかったのでどんなものかと聞くと、

掃除機みたいなやつだという

わかった

最近テレビショッピングなどで

やけに甲高い声の司会者が

やたら売り込んでいる例のやつだ


ところで効き目はどうなのだろう

と聞いてみると


これがなかなかいい感じな、

気がする。


と言っていた


なるほど確かに、優れた効果はあるのだろうが

その効き目は見た目や手触りではいまひとつ実感できないし

ハウスダスト等に特に悩まされてない方ならわかりようがないかもしれない


つまり、とりたてて困ってない彼のような者にとっては

『気がする』としか言いようがない


ま、いろいろ考えても仕方ないが

彼の不安を除去しているのは間違いないので

それはそれで意味あることだと思っている



『気がする』は現代のキーワードなのかな



そんな気がしている
コメント (2)

感謝と要求

2014年05月11日 10時26分12秒 | Weblog
探し物があり、

家の押し入れを引っかき回していたら

目的と違うものが出てきた


小学校2年生のときに書いた作文だ


母が書き残した家庭料理のレシピと一緒に

小さな手さげカバンに入っていた


母亡き後、いつか再現してみようと

料理レシピを引き取ったのは憶えていたが

作文のことは忘れていた


作文には、母への感謝が綴られていた


大きくなったら楽させてあげる、

なんて太っ腹なことを書いている

その後の自分の歩みを考えると

恥ずかしくなる

少し苦い気分になった


もうひとつ作文があった

今度は父への感謝が書かれてある


母への作文の、

『お母さん』の部分を『お父さん』に変換しているだけの

効率のいい文章だった

違ったのは、

『大きくなったら楽させてあげる』

という感謝の後に

『だから今度おもちゃを買ってほしい』

と、要求が書いてあったことだ


母への作文のパロディーのようだった


なるほど、『父の日』を『母の日』のパロディーと捉えるのもおもしろいかもしれない



作文と一緒に、小学校から大学までの成績表も保管されていた

成績も、先生方からの所見も、

辛口だった


これは早いとこ処分しようと思う


というわけで、

母の日だ。
コメント