ブログはなやさい

福岡 桜坂 CAFE&DINER はなやさい
店主 大山博嗣のブログ 

… 本と映画と音楽と酒

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

有終の美

2012年02月26日 18時02分46秒 | Weblog
はなやさいに来て間もない頃だから

まだ文字もきれいだ




大きさを伝えたくて

こんな比較もした













10周年のお祝いにいただいたマグナムボトル

およそ10カ月で飲み干された

みんなに愛されたアードベッグ

シングル換算150杯を提供し

有終の美を飾る


ありがとうアードベッグ

ありがとう谷口


ボトルはアードベッグファンのあべちゃんが引き取る予定だ



コメント (2)

仕事

2012年02月26日 17時53分37秒 | Weblog
また映画。


名作といわれる所以がわかった気がする


志村喬の演技は確かにすごい

でもこの映画を志村の映画か?

と問われると

少し違うと思う

やはりこの映画は

黒澤の映画だ

作りが凝ってる


不器用な男の

人生最後の大仕事



少し泣いた

コメント (2)

ドライブ

2012年02月26日 16時57分08秒 | Weblog
こんな地味な映画がオスカーを獲るんだから

アメリカってやっぱりスゴイ。


好きな映画と前置きしたうえで

そんな発言をしたことが何度かある


訂正します、ごめんなさい。


1989年度米アカデミー賞作品賞受賞作

久しぶりに観る機会があった


ソフトな印象だが、

体のすみずみまで神経が行き届いたような

そんなモーガン・フリーマンの演技が

もう、本当に素晴らしい

また、余裕たっぷりのダン・エイクロイドは

映画全体に安心感を与えていて、

映画での役柄同様、

主役のジェシカ・タンディをやさしく支えている


登場するのはほぼこの3人

監督は彼らに場を与えるだけでよかった


彼らはこの物語の意味を十分理解したうえで

自由に演技している


まるで舞台のよう


と思ったら、

もともとはオフ・ブロードウェイの舞台だったそうだ


悲しく厳しい現実をも織り交ぜた、

このハートウォーミングな映画は

地味どころか

実に華やかな映画だった


学生だった私には、その辺がよくわかってなかったようだ




ちょっと画像が小さいな

ドライビング・ミス・デイジー。



ドライブが聴きたくなった


コメント (2)

グッジョブ!

2012年02月14日 15時44分02秒 | Weblog
美味しい。


という気持ちを形成するものの中に

『懐かしさ』というものがある


代表的なのは母の味や祖母の味で

元祖長浜屋って人もいると思う



その料理を介してノスタルジーを食べている、

というわけだ


初めて食べたのに懐かしい味がする、

というのも

やはり何らかの記憶とリンクしているからだろう


懐かしい味は

大抵において優しい味だ


先日食べたBRICK BY BRICKのパンはまさにそんな味だった


いい仕事してる




BRICK by BRICK
北九州市小倉北区下到津4丁目10-11
℡ 093-591-9177

OPEN 8:00~19:00
CLOSED 日曜・祝日







コメント

朝プリ

2012年02月09日 16時19分54秒 | Weblog
朝の仕込み中、

ラジオから流れてきたのは

『Let's Go Crazy』。


そう、殿下だ






ほんというと

「殿下」より「島さん」のほうが馴染みがある


でもこっちじゃない



Prince - Let's Go Crazy


久々に聴いた


懐かしさもあって、

少し気分が高揚した


それで今度は

店にある『1999』を聴いた




ほんとは『パープルレイン』が聴きたかった


でも手元にないから仕方ない

Little Red Corvette は相変わらず素晴らしかった


そんなこんなで朝からプリンスワールドに浸った


だがランチタイムのBGMにはちょっとそぐわない

だから一旦中断して

夜にまた聴こうと思う


その時は

友人から借りっぱなしの『Rainbow Children』を聴くつもりだ

ジャジーな仕上がりのこのCDでは

優しいプリンスに出会える








コメント