ブログはなやさい

福岡 桜坂 CAFE&DINER はなやさい
店主 大山博嗣のブログ 

… 本と映画と音楽と酒

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

UFOスペシャル

2010年03月27日 01時52分16秒 | Weblog
マジかよ、矢追さん

でも今回のUFOはこっち



手っ取り早く食事を済ませたくて

ストックしてあるインスタントの袋めんを取り出しました

銘柄は「サッポロ一番 みそラーメン」。

でも、「みそ」の気分じゃない

なんかいい策は…

あ、UFOみたいにして 焼きそばしてみよう


まず、鍋にお湯を沸かし

たまごを落としてポーチドエッグ

出来上がったポーチドエッグは小皿にうつして

そのお湯に粗みじんのキャベツを

粗みじんってのがUFOっぽいかなと

さらにインスタントのめんも湯の中に放ります

やわらかくなったら、ざるで湯を切り

空になった鍋にもう一度もどす

中火で余分な水分を飛ばしながら

ソースをかけて調味します

お皿に盛り、ポーチドエッグをトッピングして出来上がり


調理の過程をキチンと説明しながら何なんですが、


不味い。


べちゃべちゃして美味くない


焼きそばの美味さは、名前の通り、ソースが焼けるまたは焦げるところにあるわけで

この度の焼きそばは、強いて言うなら

キャベツとインスタントめんのソース和えそば

ということになる

胸やけする

でも、まてよ

UFOだってソースを焼くわけじゃない

同じように和えてる

ってことは、UFOをUFOたらしめているものはつまり、

あのカップに入ってるソースってことだ

ソースがUFOのノウハウだ









コメント

それは前世~♪

2010年03月25日 15時56分40秒 | Weblog
も・り・・・しん・・・い・ち・・・

じゃなかった、森昌子だった

アサリが美味い季節です

パスタで和えてボンゴレってのがいい

先日、お客様でもある友人がボンゴレ・ビアンコを頬張りながら、

貝殻を片手にこんなこと言ってました

「わたし、前世はイタリア人なの」。

「わたしの血はワインなの」に近い感じがして、ちょっとひやりとしました

「そいつは良かった」

すると同伴の男性が

「え、僕も前世はイタリア人なんだ」と

おめでたい二人だ

ボンゴレだけでは足らないと、

オイルベースのパスタをもう一皿ご注文

早生キャベツとアンチョビーのスパゲッティ


彼らの発するズルズル音は

かつてよく通っていた、立ち食いソバ屋の音に似てた


二人で3・5人前


ホントにいつもありがとう

でもあなた達の前世は間違いなく、

日本人だよ
コメント

春来。

2010年03月22日 17時11分49秒 | Weblog
ちょっと前までは蕾だったのに

日に日に咲きほこる桜たち

きれいですね

もっときれいになる

楽しみです

ん、そうだ、花見だ

弁当だ、オードブルだ

ということで、はなやさい春の行楽弁当のPR

いつものランチボックスもいいけど、

こういう時期は注文弁当ってのもいいです

オードブルも華やか

お問い合わせは お気軽に

デカケルトキハ、ワスレズニ





本マグロカマの香草グリル。

バリうまです

ワインにあうあう、パンにあうあう


もう一度PR



デカケルトキハ、ワスレズニ


コメント (2)

ハイパーヨーヨー

2010年03月18日 02時49分43秒 | Weblog
長男が夢中

おれもヨーヨーに夢中



ちょっと前に新聞で知りました

ヨーヨー・マがモリコーネを奏でる

そういうCDがあるということ

モリコーネの珠玉の映画音楽をヨーヨーはどう表現するのだろう


で、この度ようやく音源を入手

店のオーディオにCDをセット、一曲目を聴いてまもなくでした


体がフリーズした


とでもいうのかな

聴覚に全神経が集中


演奏の邪魔をしてはいけない

少しの音も聴き逃したくない


そんな不思議な気分になる


びっくりするくらい、いい


クラッシックファンの方にとっては邪道かもしれない

古の由緒ある楽曲ではないし

俗な曲といえなくもない


でも、私には感動でした


観た映画の曲が収録されてる必要は決してないのだけれど

ニュー・シネマ・パラダイスと

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ

が入ってたのは、やっぱり嬉しかった


でも、あるんですね

音楽聴いて、泣くってこと

コメント

イカすぜ!

2010年03月11日 00時33分16秒 | Weblog
何じゃこりゃぁ





失礼しました

鮮度申し分ない甲イカを入荷

解体していくと、でっぷりとした墨ぶくろが

オレを捨てるんじゃねぇと言っています

わかったよ

パスタじゃなくて米料理で食ってやる

フライパンで作る炊きこみご飯みたいなやつ

「上手くいこうがいくまいが、コレが今日のまかないだから」。

ハナちゃんの表情に緊張がはしります

だってボク、作ったことない

ニンニクと玉ねぎを炒めて

トマトソースを忍ばせて…

よし、米入れよう

で、イカスミを…っと

黒っ!

塩で整えて

よし、完成



あら!美味いじゃない!

これ絶対、白ワインにあうな

飲食業にたずさわる者として、確認せにゃならん

ハナちゃんとワインを一杯ずつ

で、間もなくおかわり

で、すぐまたおかわり

幸せの賄いタイムでした

ごちそうさまでした




なかなかいい映画だった



アルゼンチン映画

「オリンダのリストランテ」

地味なお話だけど、あったかい気持になりました

オリンダ役のおばちゃん、存在感ある

地味なお話といえば、これも



やや暗いトーンの時代小説

でもどっか救いがある

なかなかでした
コメント