ブログはなやさい

福岡 桜坂 CAFE&DINER はなやさい
店主 大山博嗣のブログ 

… 本と映画と音楽と酒

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

妹よ

2010年02月27日 02時52分02秒 | Weblog
ゴールドメダリスト、キム・ヨナは、

韓国にて「国民の妹」と呼ばれているらしい


因みに西城秀樹の妹と呼ばれているのは

河合奈保子


「誰ですか?その人」

え、知らないの?華子

こんなことやらされた人です



コメント

まるまる

2010年02月25日 15時40分01秒 | Weblog
とした大根

かじってみたら水分たっぷり



みずみずしい

次いで大根の葉と皮を炒めて中華あんに

見た目が地味なんで小海老を少しだけ

パリパリめんにかけて酢と芥子と

今日のまかない、パリパリめんの皿うどん





中華を食うと中華が観たくなる






最初、ちょっと地味かな?

と思いましたが、なかなかどうして

急速に発展する中国を皮肉ったところが面白かったし

所々にある仕掛けもいい

そして何より、風景というか絵がよかった


淡々とした物語はたけしの映画にどっか似てるな

と思ったら、配給がオフィス北野


ちょっと関係してた


この監督さんの映画、また観てみたい

調べたら「四川のうた」って映画があるらしい


何カ月前からだろう、ずっと観たいと思ってた映画がありました


その映画のタイトルは「四川のうた」


ちょっとびっくりした
コメント

フリーズ!

2010年02月25日 01時22分24秒 | Weblog
今日のランチタイムが静かだったのは、

店の実力の問題か

それとも、

バンクーバー五輪女子フィギュアショートプログラムがあったからかのどちらか

無論、前者です

がんばっていかないかん

さて、オーボエ華子のワンセグ携帯で観たその女子フィギュア

浅田真央が醸したプレッシャーともいえる、会場のあの空気を、

ものの数秒で変えた007に脱帽

クールで優雅

圧倒的でした

リンクを離れると少女のようになる

舞台映えするタイプなのでしょう

明後日のフリーは、金メダル級の味わい、はなやさいのランチボックスとご一緒に


晩めし時のBGMは何にしよう

とCDラックを覗いてたら、懐かしいアルバムを発見



ローザ・ルクセンブルグのライヴアルバム

ボガンボスの前身です

どんと、懐かしい



亡くなってどれくらい経ったかな

営業前だし、ちょっとだけ聴いてみよう

うん、いい。

ソースをかけすぎて、

もんじゃ焼きみたいになったお好み焼きのことなんかどうでもよくなった



これ、下半分は液状化


次いでボガンボスも聴いちゃおう



お!YouTubeにライヴ映像がある

フラワーマン

どろんこ

かっこええ。

学生時代を思い出す

トンネル抜けて もある

ちょっとお酒が入ってるからかな

じ~んとくる


20代のある年末

こんなことがありました

当時那覇に住んでいた両親のもとへ帰省

とある百貨店へ買物に行ったときのこと

入口前に簡素なステージ

そこで何やらリハーサルしてるのは

あ、ボガンボス

道行く人々、皆無関心

ひとり興奮するオレ

すぐ側に、私と同じようにステージを凝視する人が。

腕組んで偉そうだ

小柄で毛深い

わ、喜納昌吉


少ししてわかりました

ここで喜納昌吉主催の年越しライブするらしい

チャンプルーズとボガンボス


すごい、しかもタダ


酔っ払い米兵などといっしょに

朝まで踊り狂いました

コメント (4)

Hungry ?

2010年02月19日 00時50分11秒 | Weblog
今日の晩飯はテラスでカップヌードル

寒い日に外で食べるってのがまたいい

浅間山荘みたいだ



僕はカレーヌードルだけど


それにしてもみんな見ていく






読んでるうちに、はなやさいが思い浮かんだ


そう言って貸してくれた、とあるお客様

どういう意味なのかな


ユーモアを交えたシンプルな文章は好感を持てます


賛否両論いろいろあるみたいですが

私には有難い本でした

何かこう…忘れかけてたものがありましたね

はなやさい始めたころの初心ってやつですか



ってことはつまり、初心を思い出せってメッセージだったんだ


ニクイことしてくれます



*本日2月19日は20時より貸し切りとなっております
 ご了承のほどよろしくお願い申し上げます






コメント

ぶらり一人旅

2010年02月18日 16時47分54秒 | Weblog
百道に出かけました

用事も済んで

帰りしな、たまに伺うお寺でお参り


そしたら何となく、この辺を散策したくなってきた

時間はあまりないけど、まぁいいだろう


かつて通ってた学校のそばに行くと、

以前チャペルだったところに、近代的な建物が。


新しいチャペルなのかな


ま、記念に撮っとくか


少し先に進むと、その建物の入口がある

エントランス付近では、いろんな肌の色をした女学生達が豪快に談笑している

けっこう、迫力がある


開放的なエントランスで、好感がもてます

ここも記念に撮っとこう


あ、でも、カメラのアングルに先ほどの女学生が入ってしまう

このままだと何か話しかけられそうだ

あ、いや、関係ないですから僕

やっぱ撮影はあきらめよう


学校の敷地内は昔のまま




そして西新を抜けて祖原へ

「小銭」だったとこは別の飲み屋になってた

安さ自慢のメニューが壁一面に張り出されてる

それでも「小銭」の1.5倍

まだまだだな

そして曙へ

あ、ユニードマートが別のスーパーになってる

ジミーが住んでたアパートはどっかの会社のビルに。

でも松下のとこは、昔のままだ


さ、着いた



階段付近の色が昔からこの色だったら、

絶対ここには住んでなかったろう


今の名前は確認できなかったけど、

昔の名前は「鳥飼コーポ」

大学時代の3年半

お世話になった302号室


じっと見つめて、ちょっと思った


あの頃の未来に僕らは立っているのかな?
コメント