ブログはなやさい

福岡 桜坂 CAFE&DINER はなやさい
店主 大山博嗣のブログ 

… 本と映画と音楽と酒

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

あ~いそがし。

2011年12月19日 16時13分45秒 | Weblog
車にガソリンがあまり入ってない

どうしても、というわけではなかったが

朝食の後、近所のスタンドまで行くことにした


日曜の午前中はどこかのどかで

スタンドまでの行き道にある川沿いのグラウンドでは

ユニフォームを着た少年たちが

はつらつと野球に励んでいた


この中に次男坊がいる

真新しいユニフォームをまとい

緊張気味にプレーしているヤツの姿が目に浮かぶ


数秒ほどグラウンドを見た後

今度はラグビーに取り組んでいる長男のことを想ってみた

ヤツも今頃練習中で

夕方までは帰ってこない


そんなわけで私はその日

スタンドに行った後、

翌月曜日の仕入れと仕込みを終わらせたものの

それ以外にやることが特になく

子供のいない静かな家でぼんやり過ごすことになった


そして映画を観た




思わずニヤリとしてしまった

観終わった後は膝を叩いた


構図がバッチリ決まっており

シーンそれぞれが正しく絵画のよう

俳優陣の演技は完璧に監督の支配下におかれ

一見奔放な演技をしている三船敏郎も

いい意味で抑制されている

『藪の中』という原作なのになぜ『羅生門』なのか?

という疑問も最後にはきれいに解ける


上手い映画だなと思った


この映画も上手い映画である



伊丹映画は『タンポポ』からだったから

観損なっていた

伊丹十三のエッセイのような映画だった

鼻につくかどうかのギリギリの線のウンチクに

なぜかひやひやしながら観てしまったが

途中にある、モノクロの記録映画風のシーンなど

上手だなぁと思った


いいラストシーン

最後もキッチリしていた



おや、子供たちが帰ってきた

慌ただしく風呂に入り

めし食って

勉強して

トヨタカップ観て


ホント彼らは忙しい
コメント   この記事についてブログを書く
« 恒例。 | トップ | ダークマン »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。