中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

答案の謎

2010年01月26日 | 朝日ベルばらkidsぷらざ
 朝日新聞ブログ「ベルばらkidsぷらざ」で連載中の「世界史レッスン<映画編>」第31回の今日は、「エスプリも命がけ」⇒ http://bbkids.cocolog-nifty.com/bbkids/2010/01/post-8f08.html#more
 ルコントの『リディキュール』について書きました。

 映画のシーンで印象的だったのは、フランス人がイギリス人のユーモアについて「彼らにはその程度の頭しかない」と馬鹿にするところ(たぶんイギリス人の方も同じことをしているだろう)。
 笑いというのは実に難しい。「何を笑うかでその人間がわかる」と言われるほどだし。

 話し変わって。
 いま大学では試験のさいちゅう。学生はさぞかし大変かも。採点するほうもけっこう大変ですが。

 ここ数年、わたしには理解しがたい答案が増えている。「下記から正しい番号を選んで空欄を埋めなさい」という問題なのだが、これはどの教師もそうだと思うけれど、ある意味、学生に下駄をはかせるためのもの。わからなくとも適当に番号を入れておけば、丸がもらえるかもしれないから、せいいっぱい勘を働かせて、エイヤと入れてごらん、というわけです。

 なのにびっくりするほど多くの学生が、わからないところは空欄のままにして提出するのです。はなはだしいのは8コのうち2コだけあけてある。選択肢も8コなのだから、余った2コを適当に入れておけばいいのに、それすらしない。

 確かに以前にもそういう学生がたまにいました。でもそれはかなり出来る学生で、彼なりの美学?によって、不確かな答えは書きたくない、というふうでした。なぜなら書いてあるものは確実に正解だったからです。

 最近の子たちの傾向は明らかに違う。なぜなら書きこんである答えもかなり間違っているからです!

 どういうことなのかな?間違った答えを書くと単なるバツではなく、マイナス点にされてしまうと思い込んでいるのかな?

 これが新たな傾向であることは、試験を手伝ってくれた大学院生が「どうして書かないんでしょうね?」と不思議がっていたのからもわかる。

 「ダメもとでやってみよう!」というチャレンジ精神がなくなったのだろうか?適当に書くのは正義感が許さないのか?--いやはや謎です。


☆☆NHK教育「知る楽」月曜「「怖い絵」で人間を読む」は、いよいよ来週です♪ ⇒ http://www.nhk-book.co.jp/shiru/

☆アマゾン「芸術部門」での2009年度売り上げナンバーワンに、「怖い絵」が入りました。2008年に続いて連続です。ばんざあい!!⇒ http://www.itemtrend.net/view_nodes/list_node_by_year/538546/2009-01-01/1
☆丸善2009年度「芸術」売り上げランキングにも、8位に「怖い絵3」が入っています。⇒ http://www.maruzen.co.jp/shopinfo/feature/best/art.shtml

☆☆追加チケットも完売しました。(「THEハプスブルク」京都展でのわたしの講演会(ホテル、ハイアットリージェンシー京都)ありがとうございました♪
⇒ http://www.habsburgs.jp/2010/01/post-1c08.html

☆展覧会へいらっしゃる前にはぜひ拙著で予習もお願いします。肖像画に描かれた人々の運命を知ると、絵はきっとまた新たな魅力を増すはずです。

☆「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」(光文社新書)、11刷になりました♪
名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)



☆最新刊「恐怖と愛の映画102」(文春文庫)
 恐怖と愛の映画102 (文春文庫)


☆「怖い絵3」♪ シリーズ完結篇です。4刷中♪

怖い絵3


☆「おとなのためのオペラ入門」(講談社+α文庫)
おとなのための「オペラ」入門 (講談社+アルファ文庫 D 61-1)

☆「歴史が語る 恋の嵐」(角川文庫)。「恋に死す」の文庫化版です。

歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫 な 50-1)

☆「危険な世界史」(角川書店) 3刷になりました♪
毎日新聞での紹介⇒ http://mainichi.jp/enta/book/shinkan/news/20080903ddm015070149000c.html

危険な世界史

☆「怖い絵2」、7刷中。

怖い絵2

☆「怖い絵」14刷中。

怖い絵
怖い絵
posted with amazlet on 07.07.14
中野京子 朝日出版社 (2007/07/18)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« NHK教育「知る楽」ロケ記 | トップ | 「怖い絵」で人間を読む第一回 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フランス (mimi)
2010-01-26 17:23:39
知る楽、楽しみです。
先日DVD夏時間の庭をみました。ジュリエット・ビノシュが普通の役でした(笑)
ドライな家族・・母親の死で多大な美術品を処分する兄妹・・
ブラックモンの花器。。
形見分けでお手伝いさんに貰われて行った花器(彼女は価値を知らずおうちで使うでしょう・・)
もう一つはオルセーに展示される花器
そのエピソードしか残らなかった感が・・

画家と庭師とカンパーニュ は、故人を偲ぶ個展が心に残る素敵な(フランス)映画だったと思います。

世界史レッスン・映画編  更新楽しみです。

京都での講演のご成功お祈りします。

お身体に気をつけて・・

テキスト、買いました。 (うさこママ)
2010-01-26 21:55:49
「知る楽」テキスト、買いました。ざっと見ただけですが、早稲田祭の講演で伺ったマリー・アントワネットの肖像画に始まり、「怖い絵」「ハプスブルク家 12の物語」で知った絵画の数々や、初めてのも、あるようですし、関連事項の脚注も数多く、テキスト自体も読み応えがありそうで、番組を見る前に、テキストを読む楽しみが出来ました。
出版物では掲載に制限があった絵画の紹介が、番組放映では容易か、と思われますし、本物の絵画の前で、著者ご本人に解説してもらえるとは最高の設定ですし、主題の絵画の他にも、関連した画像、映像、音楽などを駆使して、視覚や聴覚を通して理解が深まるのでは、と期待がふくらみます。
楽しみです! (ヴィオレッタ!)
2010-01-26 22:48:38
私も”知る楽”非常に、非常に楽しみです♪
伺いたくて伺いたくて堪らない中野先生の
講演になかなかお邪魔出来ない身の上、
(ただの子育てですが・・(^_^;))
かように嬉しい企画はございません・・!
Bravo、NHK~~!

・・にしましても・・学生さんの解答の件、
本当に面白い、興味深いですね・・。
特定の学生さんに限らず、最近、そういった
傾向がおあり、とのこと、「知恵」などは
しっかりお持ちの方たちだろうし・・。
う゜ぅ・・。
Unknown (mimiさん&うさこママさん&ヴィオレッタさんへ(kyoko))
2010-01-27 13:53:26
mimiさん
 ジュリエット・ビノシュが「ふつうの役」とは、確かに珍しいかも。この映画、予告編は見たのですが、う~む、どうかな、と思っているうちに終了してしまいました。
 彼女が出たのでは「ダメージ」が好きでした。

うさこママさん
 さっそく購入してくださってありがとうございます♪ 
 おっしゃるとおり、「怖い絵」でこぼれた部分を映像や音楽やドラマで多面的に紹介するというのが、今回のコンセプトです。
 わたしも始まるまで見られないものですから、ドキドキです。。。

ヴィオレッタさん
 ご訪問ありがとうございます♪
 子育て中はどこへも出られず、ちょっとストレスたまりますよね。でも後になってみれば、長い人生のうちのわずかの時間です。お子さんとべったりが、あとからどんなに幸せなひとときだったかに気づきますよ~☆
おじゃまします。 (YUMIKA)
2010-01-31 16:37:12
こんにちは。もうすぐ「知る楽」が始まりますね。
私もとても楽しみで、毎回しっかり録画してじっくり観ようと思っております。

「怖い絵」の本も大好きで、このシリーズは私にとって大事な本のひとつになりました。
採り上げられている絵画ひとつひとつも面白いと思いましたが、
先生の文章がとても素敵で表現が素晴らしいと感じました。
先生はじめまして(^_^)v (ルイⅥⅡ世)
2010-02-01 22:37:02
教育テレビ見ましたよ。

ベルサイユ宮殿の美しい映像それに、京子先生の美しさ♪~θ(^0^ )

とても良かったです。

来週も見ますね(^O^)
Unknown (YUMIKAさん&ルイVIIIさんへ(kyoko))
2010-02-02 09:24:02
YUMIKAさん
 ご訪問、ありがとうございます♪ 
 「怖い絵」シリーズ、絵のほか拙文も楽しんでいただいているとのこと、嬉しいです。今度ブルボンの本も出しますので、また読んでくださいね!

ルイVIⅡさん
 さっそくテレビを見ての感想、ありがとうございます♪
 撮影はクリスマスイブだったんですよ~
Unknown (Cathy)
2010-02-17 23:21:40
ご無沙汰しています。
久しぶりにお邪魔します。答案の謎、面白く
読みました。確かにそうですよね~。
点数取れるように作っているのに
書いてくれないとがっかりですよね。勘でも
あたるかもしれないのに・・・
「親の心、子知らず」ってこのこと?
Unknown (Cathyさんへ(kyoko))
2010-02-18 09:42:52
 お久しぶり♪
 やっぱりキャシーさんもそういう例にゆきあたっていますか。増えましたよね、最近。
 今度は直接、学生に聞いてみようかな。

コメントを投稿

朝日ベルばらkidsぷらざ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事