中野京子の「花つむひとの部屋」

本と映画と音楽と。絵画の中の歴史と。

『怖いへんないきものの絵』が出ました!

2018年12月18日 | 
 新刊が出ました。『怖いへんないきものの絵』(幻冬舎)です。

 なんだか変なタイトルだな、と思われたことでしょう。そのとおり。なにしろーー


 拙著「怖い絵」
  +
 早川いくを著「へんないきもの」

 要するに「怖い」と「絵」の間に「へんないきもの」を足したタイトルなんですよ~ しかも内容も二つをくっつけた読み物です(あはは)

name="amazletlink" target="_blank"> alt="怖いへんないきものの絵" style="border: none;" />

 早川さんの「へんないきもの」は、前からずっと私の愛読書。就寝前にベッドの中で1,2ページ読んでは笑ったり呆れたりちょっと怖がったり、そして人間というのも変なものだなと思いながら眠りにつきました。雑誌の書評にも書いたりしました。
 
 すると早川さんのほうも拙著を読んでいてくださったということで、この度、こういう「変な」本になりました!!

 表紙はドレの赤ずきんちゃん。カラヴァッジョ、ルーベンス、クラナッハ、ベックリンなどが登場します。愉しんでいただけますように!!


☆☆今後の講演会

・2019年1月10日(木)19時半~21時 銀座蔦屋
「『美貌のひと』刊行&表紙の名画“忘れえぬ女”来日記念」(ロマンティック・ロシア展関連講演)
https://store.tsite.jp/ginza/event/art/4153-0955521211.html

・1月26日(土)2時~3時半 有楽町朝日ホール(有楽町マリオン11階)
「ルーヴル美術館で辿るフランスの歴史」 ユーラシア旅行社主催 入場無料
https://www.eurasia.co.jp/lecture

・3月1日(金)1時~ ロイヤルパークホテル
日本橋ロータリークラブ主催 (関係者のみのご参加です)

・3月5日(火)1時~ ホテルオークラ
西南ロータリークラブ主催 (関係者のみのご参加です)

・4月21日(日)2時~3時半 NHKカルチャーセンター名古屋


☆☆月刊「文藝春秋」連載「中野京子の名画が語る西洋史」のオンライン化
http://bunshun.jp/articles/-/4976

☆最新刊「怖いへんないきものの絵」(幻冬舎)

name="amazletlink" target="_blank"> alt="怖いへんないきものの絵" style="border: none;" />


☆「怖い橋の物語」(河出文庫)2刷になりました🎵
name="amazletlink" target="_blank"> alt="怖い橋の物語" style="border: none;" />

☆「名画の謎 対決篇」(文春文庫)
target="_blank"> style="border: none;" />

☆「美貌のひと」(PHP新書) 7刷になりました🎵
ルーベンス展公式HPで担当のSさんによる「週末読書」でとりあげていただきました。お読みくださいね~ 
⇓ 
https://twitter.com/hashtag/美貌の人?src=hash

name="amazletlink" target="_blank"> alt="美貌のひと 歴史に名を刻んだ顔 (PHP新書)" style="border: none;" />
 
 クリエイティブディレクター・佐藤可士和氏がご紹介くださいました。

https://www.sankei.com/life/news/181006/lif1810060030-n1.html

☆「名画の謎 陰謀の歴史篇」(文春文庫) 2刷になりました🎵
name="amazletlink" target="_blank"> alt="名画の謎 陰謀の歴史篇 (文春文庫 な)" style="border: none;" />


☆アートギャラリー ヌード~かぐわしき夢」(集英社)
name="amazletlink" target="_blank"> alt="ART GALLERY テーマで見る世界の名画 5 ヌード かぐわしき夢 (ART GALLERYテーマで見る世界の名画 5)" style="border: none;" />

☆「別冊NHK100分de名著 読書の学校 中野京子 特別授業 『シンデレラ』 (教養・文化シリーズ) 2刷になりました🎵  「ジュニアエラ」で紹介しました→https://dot.asahi.com/dot/2018011700013.html?page=1

name="amazletlink" target="_blank"> alt="別冊NHK100分de名著 読書の学校 中野京子 特別授業 『シンデレラ』 (教養・文化シリーズ)" style="border:
none;" />


☆「名画で読み解く イギリス王家12の物語」(光文社新書)5刷になりました🎵
  name="amazletlink" target="_blank"> alt="名画で読み解く イギリス王家12の物語 (光文社新書)" style="border: none;" />

☆『怖い絵のひみつ』(KADOKAWA) 4刷になりました🎵
name="amazletlink" target="_blank"> alt="怖い絵のひみつ。 「怖い絵」スペシャルブック" style="border: none;" />


☆『中野京子と読み解く運命の絵」(文藝春秋) 2刷になりました🎵
name="amazletlink" target="_blank"> alt="中野京子と読み解く 運命の絵" style="border: none;" />

☆「新 怖い絵」(角川書店) 10刷になりました🎵
target="_blank">

☆「名画と読むイエス・キリストの物語」(文春文庫)2刷になりました🎵

時代小説作家の千野隆司氏がHPで紹介してくださいました♪

http://blog.livedoor.jp/chino17jidai/archives/52067341.html#comments

☆「美術品でたどる マリー・アントワネットの生涯」(NHK新書)
美術品でたどる マリー・アントワネットの生涯 (NHK出版新書 497)

☆「名画の謎 旧約・新約聖書篇」(文春文庫)3刷になりました🎵

名画の謎 旧約・新約聖書篇 (文春文庫 な)
  『弐代目 青い日記帳』さんがさっそく紹介してくださいました♪ 3月6日のページです。
http://bluediary2.jugem.jp/


☆「残酷な王と悲しみの王妃 2」(集英社)

残酷な王と悲しみの王妃2
担当者さんが紹介してくれました♪


http://renzaburo.jp/shinkan_list/temaemiso/151023_book01.html


☆『「絶筆」で人間を読む - 画家は最後に何を描いたか』(NHK出版新書)
 4刷になりました♪

「絶筆」で人間を読む―画家は最後に何を描いたか (NHK出版新書 469)

☆「中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇」(文藝春秋)3刷になりました🎵
<a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163903089/hanatumuhiton-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">中野京子と読み解く 名画の謎 対決篇
「青い日記帳」さんが紹介してくださいました。素敵な紹介で嬉しいです♪
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4050

☆文藝春秋WEBサイトでは、短いですけどわたしのインタビュー記事も載りました。お読みくださいね!→http://hon.bunshun.jp/articles/-/3935


☆「名画の謎 ギリシャ神話篇」(文春文庫) 4刷になりました🎵

名画の謎 ギリシャ神話篇 (文春文庫)


☆「愛と裏切りの作曲家たち 」(光文社知恵の森文庫)

愛と裏切りの作曲家たち


☆「マンガ西洋美術史03」(美術出版)

マンガ西洋美術史03 「市民社会」を描いた画家」 ブリューゲル、フェルメール、ホガース、ミレー、ゴッホ



☆「マンガ西洋美術史02」(美術出版社)
マンガ西洋美術史02「宗教・神話」を描いた画家  ボッティチェリ、ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ、ラファエロ、ティツィアーノ、エル・グレコ、ルーベンス


☆「危険な世界史 運命の女篇」(角川文庫) 8刷になりました。

危険な世界史 運命の女篇 (角川文庫)

☆「マンガ西洋美術史01」監修(美術出版社)
マンガ西洋美術史01 「宮廷」を描いた画家 ベラスケス、ヴァン・ダイク、ゴヤ、ダヴィッド、ヴィジェ=ルブラン


☆「ヴァレンヌ逃亡」(文春文庫)
ヴァレンヌ逃亡 マリー・アントワネット 運命の24時間 (文春文庫 な 58-2)


☆「名画で読み解く ロマノフ家12の物語」(光文社新書)6刷になりました♪

名画で読み解く ロマノフ家 12の物語 (光文社新書)   

☆「印象派のすべて」(宝島社別冊ムック)
印象派のすべて (別冊宝島 2200)

☆「名画に見る 男のファッション」(角川書店)
名画に見る男のファッション (単行本)

☆「橋をめぐる物語」(河出書房)
中野京子が語る 橋をめぐる物語

☆「中野京子と読み解く 名画の謎 陰謀の歴史篇」(文藝春秋) 3刷になりました♪
中野京子と読み解く 名画の謎 陰謀の歴史篇

☆「残酷な王と悲しみの王妃」(集英社文庫)5刷になりました♪
残酷な王と悲しみの王妃 (集英社文庫)

☆「怖い絵」(角川文庫) 単行本に新しく書き下ろし2作を加え、全22作品です。15刷になりました🎵 怖い絵  (角川文庫)

☆「はじめてのルーヴル」(集英社)2刷になりました🎵 はじめてのルーヴル (集英社文芸単行本)

☆「名画の謎 旧約・新約聖書篇」(文藝春秋) 5刷になりました🎵
中野京子と読み解く 名画の謎 旧約・新約聖書篇

☆「怖い絵 死と乙女篇」(角川文庫) 12刷になりました🎵 怖い絵  死と乙女篇 (角川文庫)

☆最新刊「名画と読む/イエス・キリストの物語」(大和書房) 3刷になりました🎵
名画と読むイエス・キリストの物語

☆「危険な世界史 運命の女篇」(角川書店) 8刷になりました🎵
危険な世界史 運命の女篇

☆「危険な世界史 血族結婚篇」(角川文庫)14刷になりました🎵
危険な世界史 血族結婚篇 (角川文庫)

☆「怖い絵 泣く女篇」(角川文庫)~「怖い絵2」の文庫化~ 19刷になりました🎵
怖い絵 泣く女篇 (角川文庫)

☆『中野京子と読み解く 名画の謎 ギリシャ神話篇』(文藝春秋) 7刷になりました🎵
中野京子と読み解く名画の謎 ギリシャ神話篇


☆「印象派で「近代」を読む ~光のモネからゴッホの闇へ~」(NHK新書)7刷になりました♪
印象派で「近代」を読む―光のモネから、ゴッホの闇へ (NHK出版新書 350)

☆「『怖い絵』で人間を読む 」(NHK出版生活人新書) 17刷になりました🎵
「怖い絵」で人間を読む 生活人新書


☆光文社新書「名画で読み解く ブルボン王朝12の物語」10刷になりました♪
名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書)

☆「名画で読み解く ハプスブルク家12の物語」(光文社新書) 25刷になりました🎵 名画で読み解く ロマノフ家 12の物語 (光文社新書)

☆「芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫)
芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代 (集英社文庫)

☆「おとなのためのオペラ入門」(講談社+α文庫) 3刷になりました🎵 おとなのための「オペラ」入門 (講談社+α文庫)

☆「恐怖と愛の映画102」(文春文庫)
恐怖と愛の映画102 (文春文庫)

☆「歴史が語る 恋の嵐」(角川文庫)。「恋に死す」の文庫化版。 4刷になりました。
歴史が語る 恋の嵐 (角川文庫)

^^^^^^^^^^^^^^^^
☆以下の単行本は絶版としました。文庫本をお求めくださいまし~

☆「怖い絵」16刷中。怖い絵

☆「怖い絵2」、9刷中。 怖い絵2

☆「怖い絵3」 6刷中。 怖い絵3




ジャンル:
ウェブログ
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« パニック障害 | トップ | 2018年もあとわずか »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
購入しました。 (トクちゃん)
2018-12-18 15:25:57
本日『怖いへんないきものの絵』購入しました。
カバーと帯を読み、カバーを外して広げて見る・・・良いじゃないですか、年末年始の気ぜわしさを癒やしてくれそうな予感です。
早川いくを氏・・・実は存じ上げなかったです。いろいろ読んでみたいです。
Unknown (甲斐)
2018-12-18 21:51:46
えー!早川いくをさんとの合作!
これは読まねばなりませんね。
私は伝統的な技法で絵付けステンドグラスを作りますが、何世紀も前の教会のステンドグラスの絵こそ、変な動物や怪物の宝庫です。
現代日本人の私が見ると愛嬌たっぷりの変な生き物も、当時の人々にとっては震え上がる地獄の生物だったんでしょうね。
Unknown (初老時代)
2018-12-19 13:08:17
「怖いへんな~」電子書籍で試し読みしました。さわりだけではありますが,大変面白かったです。今は紙版で買おうか電子版で買おうか考え中です。
銀座蔦屋の講演会,予約させていただきました。お逢いできるのが楽しみです。
Unknown (みなさま(kyoko))
2018-12-19 17:28:36
トクちゃんさん
 さっそくありがとうございます🎵
 早川さんの独特な笑いがつまっています。おせち料理を食べてちょっとおなかいっぱいで動きたくない時などに、ゆるゆる愉しんでくださいまし!

甲斐さん
 いえ、そうした怪物はそんなに登場しないんですよ~ 早川さんのセンサーに引っかかった絵やへんないきものは、かなり独特で、わたしもほほお。。。と思いながらのコラボでありました。

初老時代さん
 単行本なので絵はかなり大きく載せてあります。電子だと拡大できるので、それはそれでメリットがありますね。
 銀座蔦屋の講演ではサイン会もあるので、お声かけください♪
買いました! (たまうさ)
2018-12-23 08:23:30
『怖いへんないきものの絵』買いました。目次を見た時にマイナーな絵が多いので、面白いのかなーと心配だったのですか、読んでみてその心配はすぐに払拭されました。中野節と早川節の丁々発止のやり取りがコントのように楽しくて、あっという間に読み終えてしまいました(特に蟹座の由来には笑えた。)。私見ですが、これもシリーズ化されたらいかがでしょうか?楽しみながら絵や動物ことが学べて、読者としては一石二鳥です。
Unknown (たまうささん(kyoko)
2018-12-23 11:32:11
 楽しんでいただけてよかったあ🎵
 自分で言うのも変ですけど、この本は変な本です(あはは)。シリーズ化は考えていませんでしたが、編集者さんに「こんな声がありましたよ」と伝えてみますね!
蟹座 (carpediem)
2018-12-28 08:20:44
「怖いへんないきものの絵」面白かったです!
私は蟹座なので、12星座を表すものに出会うと必ず蟹座を見ますが、ヨーロッパでは7〜8割方、海老(というかロブスター)です!「ヨーロッパ人って蟹を見たことないのかしら?」と思うことがよくあります。ベネチアのドゥカーレ宮殿内の星座時計などの昔のものに限らず、オスロのビーゲランの彫刻や、12星座を形どったチョコレートなどにも見られます。でも古い絵なのに蟹がしっかり描かれているのもあるのですね…
ヨーロッパ人は人格化するのが好きとありましたが、人間至上主義という考え方だけでなく、ヨーロッパの言語には男性女性中性があるので、私などは名詞に形容詞を付ける時に「男性だったっけ?女性だったっけ?」とつい考えてしまいますが、ヨーロッパ人はなんの躊躇いもなく形容しているところを見ると、ヨーロッパ人にはあらゆるものが性のあるものに見えているのではないかとよく感じる時があります。
一番面白かった絵は、クリヴェッリ「聖母子」。せっかく聖母子のキメのポーズを取ったのに、ハエがやってきて邪魔された嫌悪の表情のマリア様とイエス様という感じで、ちょっと笑えました。ルネッサンスですね〜。
今年も中野先生の御本で楽しい一年でした。来年も楽しみにしております。よいお年を!
Unknown (carpediemさん(kyoko))
2019-01-08 10:02:09
 旅先にパソコンを持参しないので、年をまたいでのお返事になってしまいました。
 さっそく新著を読んでいただき、ありがとうございました🎵
 そして蟹座なんですね! わたしの身近にも蟹座生まれがいますが、仕事はばりばりこなす一方、とても繊細で周囲の微妙な空気をすぐ察知し、優しいです。星占いをやみくもに信じるわけではありませんが、なんとなく大きくふんわりとは当たっている率が高いと思っています。 

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事